クロの飲めや食えや

今年は飲めや食えやは絶好調、鋭意リバウンド中?!

地方編

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

鎌倉:雲水料理 左阿彌

初詣Part3は鶴岡八幡宮。


イメージ 1

4日は仕事始め。天気もよくて手斧始式にはよい日となりました。
たくさんいい家ができて、そこに幸せが宿り、よい年になりますように!

イメージ 2

お昼は雲水料理 左阿彌でうどん。これはきざみ胡麻。あっさりといただきました。

西中州:浜秀

久々の福岡、西中州の浜秀に連れて行っていただきました。

イメージ 1

あら料理です。

イメージ 2

当夜は肝も食べられました。肝は新鮮でないとダメ、身は寝かしていないとダメ。微妙なんですね。

イメージ 3

焼いて食べてもよし。

イメージ 4

あら以外もおいしいですね。日本酒が進みます。

イメージ 5

名物鯖寿司。おいしかったです。ごちそうさまでした。

桐生:川野屋本店

不思議なお店でした・・・

いつもは太田や足利で食べるのですが、ちょっと気分を変えて桐生へ。

イメージ 1

どうでしょうか?この店構え。店先には

イメージ 2

幅広のうどん。おやじさんのお母様が帯屋の娘だったのでひもかわならぬ帯かわうどんと名付けたんだそうです。

イメージ 3

店内はこんな感じ。テレビにも何度か登場したらしいです。
(今日も日テレにでるかも、と言ってました)

車を置いて店内に入ると、おやじさんがウチのと話してました。
うどんのはなしやら税務署の話やら・・・私が入った後は山口の話やら・・いろいろ。

あー息子さんとかが作っているのかなぁと思ったら、おやじさん一人。

いろいろ話した後、ウチのが”あ、注文しないと・・・”と言ったら
”心配いらないよ、うちは一通りしかないから” 
とおもむろに店外に出てさっきの干したうどんを持って帰ってきました。

おお、このおじさんがつくるんだ!待つ事しばし・・・

イメージ 4

本日はコレ。作り終わったら、おやじさんはまた前に座って話の続き。

ここはうどんを食べるというよりは、おやじさんに会いにいく店ですね!



町田街道 浜焼市場

相模原でランチをすることになり、車を走らせていると浜焼一番の看板が・・・

中に入ってみるとすぐにご飯のかまどが。さらにオープンキッチンでは炉端焼もやっています。

ランチはシラスが売り物みたいです。

イメージ 1

しらす丼。ものすごい大盛り、さらに炊きたてのご飯はお変わり自由。

イメージ 2

しらす御前。なんという皿の数!しかもかき揚げは二枚・・・
全部しらす。

広々した店内。宴会やったら楽しそうです。
鳴門に行ってきました。宿泊はホテルリッジ。
ダイニングは客室(10室しかありませんが・・・)から徒歩5分。
リムジンで送迎(!)

イメージ 1
ダイニングの建物は箱根にあった昭和初期の建物(三井の別邸とか)を移築したもの。
イメージ 2

イメージ 6
内装も素敵です。
さて料理は・・・
イメージ 7
白人参のすり流しからスタート。器も美しい・・・
イメージ 8
八寸。レンコンは徳島名産。地元食材をふんだんに使った料理が続きます。
イメージ 9
お椀は鱧!もうそんな季節なんですね。
イメージ 10
真鰈。美しい。
イメージ 11
鳴門のうず??たいら貝もおいしそうです。
イメージ 12
みる貝を石焼でいただきます。香りが食欲をそそります。
地元の日本酒でいただきましょう。
イメージ 13
炊き合わせ。ミョウガの香りも楽しめます。
イメージ 3
フォアグラ、阿波一貫牛のいちぼ。肉もコレくらいの量がいいですね。
イメージ 4
炊き込みご飯に赤出汁。この赤出汁はうまかったです。ご飯はテーブルごとに炊き上げます。
イメージ 5
水菓子も地元食材で・・・鳴門金時!
左上の苺大福、美味!

いやぁおいしかったです。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事