全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

GW釣行(^-^) ケータイ投稿記事

携帯を変えて、誤字脱字が多くなってますがご勘弁下さいm(__)m

さてさて今年のGWはカレンダー通りの休みでして、前半と、後半で少しづつ予定もあり釣行出来るのは、29日と、4日〜5日まででした。
ということで、29日に河口湖に様子見と、シーズン券を購入がてら出掛けてきました

到着は2:30場所は西湖放水路に入りました。この時期では、まだ早いとは思いましたが、一度は竿を出してみたかった場所なので思いきってみました

フィーディングを済ませ、日の出とともに竿を出しましたが…ヘラがラインにダイレクトアタックをしてくるだけ
次第にバスアングラーがそくぞくと来場(笑い)そうなってくると…やっぱり、ラインを引っ掛けられます
そんなことを繰り返していたら、金ちゃんが到着
色々状況を話していたら、けたたましいセンサー音これは間違いないでしょと竿の側にいくと…やっぱり釣れてましたバスボートがかなり接岸してやられていたようでボートから岸に向かって投げていたようでてか、子供や他のバサーの方もいたので、ボートをそんなに接岸したら、危ないだろうが
そんなこともあり、竿をあげてシーズン券を購入しに移動

購入後は、流石GWでどこもかしこもバサーで一杯何か場所の順番待ち状態
しょうがないので、奥河口湖で竿を出しましたが何も無いまま夕方に
すると、名古屋から来たという鯉釣り師の方がきて、暫し談笑
その後は日没とともに、竿を片付け帰宅。

次の出撃は4日この日は、すとさん、ロックさん、塾長さんがやっているというのでお邪魔することに
着いてそうそう、先に来ていた金ちゃんと談笑その後、すとさんが、来て状況を聞き、ロックさんの釣った鯉の検寸を見学
見事な80台後半の鯉で、俄然やる気満々に
検寸後、鯉をリリースしていると、「ピピ…ピピピピー」とけたたましくデルキムのセンサー音
すると、爽やかな風を切って塾長さんが走ってきました
素早い身のこなしで、やり取りし上がってきたのは90台の立派な鯉
あーもう、十分来た会があったと竿を出す前にお腹いっぱいに

いやーいい鯉ですねなんて話していたら「三平さんも早く出しなよ」と塾長さんとすとさんに言われてお二人の間に入らさせていただきました

キャスティング前にロックさんから、遠投でしょと言われ、最近遠投すると右に行くんですよねと言うと、右はすとの仕掛けが入ってるだけだからいいよ思い切り要っちゃいなよ(笑)といやいや、それはまずいでしょと思いつつも遠投(笑)

その後は、ロックさんがスッぽぬけと塾長さんがまたまた90台出し後は静かなもので

夕方、すとさんが、ゆっくり帰っちゃうぞ作戦をしていると…ピピピピとデルキム音すとさんのかと思ったら塾長のでしたが、塾長がちょうどいなく…すとさんが、ダッシュで軽やかに塾長さんの代わりにやり取り開始
すると、塾長さんが来てバトンタッチ
これまた綺麗な80台後半の良型

そんなことをしていると金ちゃんのバイトアラームが、激しく反応
慎重にやり取りをし、上がってきたのは80台中盤の鯉ちゃんランディングした塾長さんと握手してました

直ぐに打ち直して、数十分後再び金ちゃんのバイトアラームが、反応
今度の鯉は70台後半でしたが、セビレピンピンの元気なやつでした

その後は皆で、談笑しているとビルヌーブさんが道場差し入れ有り難うございました
そしてすとさん、ロックさん、塾長さん、ビルヌーブさんが帰宅後、風が強くなりここで一旦終了し翌朝に備えることに

夜は金ちゃんに昨日の事を聞きながら作戦会議をして就寝

疲れもあり、爆睡しているとガチャっとドアを開けられ飛び起きると…
そこには金ちゃんが
状況が掴めずポヤーっとしていると金ちゃんもポヤーっとしている
少し間が空き段々現実にかえり「釣れ」と聞いたら「釣れたから手伝ってって言いにきたんだ」と二人で寝ぼけてました
金ちゃん朝まずめねらいで、夜明け頃仕掛けを入れた後寝ていたようで

早速検寸すると、80台の鯉で写真を撮ろうとしたら携帯を車に忘れていて写真撮らずにリリース

その後、自分も仕掛けを入れて車に戻りうとうとムッチムチの鯉を釣った夢を見ていたら今度は窓ガラスを叩く音で目が覚める
外では金ちゃんが、満面の笑みで、おいでおいでしてる何事かと思い
外にでると「今度はさっきよりもデカイ」とまたまた刺激的な一言
どれどれと、見に行くと…デカスキ
適当にメジャーを当てると95を越えてるし
また、撮影の準備をしているとカメラを忘れたりマットを飛ばされたりとあたふた
やっと準備ができ鯉をマットをに乗せると…あれさっきより縮んでるそれでも92センチ十分過ぎるサイズ

寝ぼけた頭もすっかり目覚め、打ちかえ
車に戻り朝御飯を食べうとうと(結局また寝るのかと突っ込まれそう)

今度は自分のセンサー音で起床しかし、鳴り方が…な感じ
とりあえず、竿のもとに向かうとバサーが投入地点にやっぱりやられたかと思っていましたが一向に糸の出が止まらず…あれこれってもしかして…と思った瞬間にドラグが急加速
慌てふためきながら竿を持つと、かなりの重量感これはと思ってやり取りしていると、何かに絡まっている
ダメかと思って煽ってみると掛かりから外れ、今度は左に金ちゃんの仕掛けがあるので仕方なく跨ぐことについでに、仕掛けを引っ張り金ちゃんに助けを求め(知らない人の仕掛けを引っ張るのは止めましょう)何とかネットインに成功

検寸の結果90台
イメージ 1

 もういいでしょってことで、ここで納竿
前回とは比べ物にならない位の好釣果でした
今年の運は使い果たしたかも

すとさん、ロックさん、塾長さん、ビルヌーブさん有り難う御座いました

開く コメント(30)

秩父ダム巡り(^-^; ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

珍しく日曜日に更新しましたm(__)m三平です!!


まず、近況から報告しますと今週も月曜からKダムに夜釣りをしに行きましたが、22:00〜3:00までやってボウズ…それどころか鯉がノッコミ出す始末春の荒食いは何処に
その後木曜日にKダムの逆の流れ込みにやはり22:00〜3:00までやって、空当たり1回…ボウズ
先週からずーーーーっとボウズ…頭にきたので髪型をボウズにしました(笑)

そして、土曜日。
掃除と洗濯を済ませ嫁が子供を連れて実家に遊びに行くのを送り出し…さ出撃です私に与えられた時間は日曜日お昼までの28時間
まずは、向かう先で悩みました一番近いKダムはノッコミが終わってしまったので、暫くは食いが渋いような気がしたので、行くならUダムかFダム…Uダムはかなり増水していてポイントが絞れないので必然的にFダムに行きましたが…ついてみてビックリ4月も終わろうとしているのに寒い
とりあえず目ぼしいポイントを見て回りましたがまーーーーったく鯉が見当たりませんまだ、フナすらノッコンでませんそして大量の牛蛙11:00までアチコチ見て回りましたがピンと来る場所が無く、結局来た道をまた1時間かけ戻りKダムに
いつも竿を出す場所はノッコミが終わっているので静なもので、オマケに水も赤茶黒く濁り魚の姿も分からずとても釣りをする気になれず、反対側の流れ込みに移動こちらは普段は陸地ですが、ダムが水を溜め出すと水没し釣りが出来るが若干の担ぎ込みになる場所しかし、ノッコミが何故かやや遅れる場所、例年通りならまだノッコミはしてないはず
そんな訳で行ってみると、フナがノッコミしようとしているところ鯉はまだみたいってことで、ここで始めることに(写真1)

川幅は対岸まで20メートルほどと狭く、手前10メートルは草がビッシリしかし、その先はやや掛け下がりになり底は砂利…狙うならそこかと思いあとはどうに攻めるかいつものやり方だとまた、ボウズくらいそうだしどうしよう

考えた挙げ句、フローティングバックを二ヶ所投げ入れ、そこにトリッガーアイス15ミリシングルで1本、もう1本はトリッガーアイス15ミリとパイバナ15ミリをカットしたポップアップでミニスノーマンにして投入。

投入後直ぐに対岸にバサーが入り、こちらをチラ見「対岸にチンピラみたいな人いるけどどうする」とヒソヒソ話が聞こえてきました…やっぱりボウズにしたのは間違えたかと1人反省会
すると、今度はピーピーピーとアラーム音。ヒソヒソ話の次は携帯かとバサーを見ると逆にこっちを見てらっしゃる

視線は自分ではなく少し外れてロッドポットを見てるこの電子音て…と次の瞬間に激しくクリック音が
久々のセンサー音だったので分かりませんでした(笑)

おいおいまだタモも用意してないしと大慌てでタモを作り、ダッシュで竿を取ると、グイグイ糸が出ていくよー全然止まる気配がないんですがこんな時はとうするのってか、めっちゃバサー見てるし恥ずかしいんですけど


なんてやっていたら、やはり藻に突っ込まれ動かなくなり、煽ってもダメ、暫く待ってもダメこれはもう、ダメかもう、バサー見てないし今のうちにこっそり回収しよう

って事でロスト覚悟で引っ張ると藻の塊ごとこちらに来ちゃいました(笑)
ちょっとづつ、藻を取ってみると鱗が見えたまだついてたのね
やさしくタモ入れし、今年初の地元鯉ゲット
ヒットはミニスノーマンやはりアピール系


これで、魚紳さんの大鯉甲子園にエントリー出来ると思ったのですが…感じんの「やつ」が無いそうメジャー忘れてました
魚紳さんすいません

とりあえず、写メだけ撮ってリリース(写真2)
お腹パンパンでまだノッコんでいないようす
まだ、掛かるかなと直ぐに打ち返し
しかし、反応なく18:00までやるが雨が降りだし強制的に場所移動

雨なので、車横着けポイントでスタート(写真3)しかし、何時間かに1回短めの当たりはありますが、針掛かりしない
そのまま、朝にフト回りを見たらバサーだらけ


色々とローテーションしてみましたが結局この1本のみ


時間も迫っていたので、最後の望みを掛けUダムにしかし、増水と水温が低いので、竿は出さずにポイントだけ見て回り帰宅


結局、28時間で秩父のダムを3つ巡り釣れたのは1本良いんだか悪いんだか
釣れただけマシか

来週以降はどうしよう

以上 三平でしたm(__)m

開く コメント(22)

イメージ 1

どうも、秩父のお騒がせ釣り野郎三平ですm(__)m


さて、私はこの2週間ほど週末に嫁の予定が入り子守になってしまい、鯉釣りに行けない感じだったので、平日の夜中にコソコソと週5で地元の川に通っていましたが、雨にやられ風に吹かれ、しまいには4月に入ったというのに、ロッドポットが凍って仕舞えなくなる始末


これでは、地元のシーズンインは暫く先になりそうなので…行ってしまいました相模川
とゆうことで、すとさんに連絡し、すとさんのホームにお邪魔することに

今回の遠征には金ちゃんが仕事の関係で行けるか微妙だったのですが、気合いで参戦
秩父の山から2人で大都会に飛び出し、すとさんのもとに向かいました


現地に到着は8日の1:00頃。さっそく、すとさんに挨拶に行くと何故かお土産を貰い川の様子を聞きながら準備
すると、遠くからデルキム音が
さくっとすとさんが、挨拶がわりの良型ゲット(詳細はすとさんのブログをご覧ください)

いやがおうにもテンションは上がり、自分等の竿にも当たりが来ないかと今か今かと待ちますが…うんともすんとも
一度ローテーションをして、車でウトウト
そして…3:00を回ったあたりで、自分の竿に当たりが
勢いいさんで竿の元に向かうと、いい勢いでドラグから糸が出てる
竿を持つと何かが擦れる感覚が良く見ると250センチくらいの角材が一緒に着いてる
その間も鯉君は角材を着けたまま上流にグイグイ上っていくししかし、角材が邪魔で無理できないし2人で焦る
とりあえず、角材を回収しようってことになったのですが、全然寄ってこない暫く格闘するも疲れて来たので、金ちゃんと選手交代
金ちゃんが暫く格闘するもうんともすんとも鯉は底にへばりつくように上流に登り、寄ってくる気配なし
再び選手交代し、竿を持っていると、意を決したように金ちゃんが水辺に降り角材を回収
すると…上流に向かっていた鯉が加速
何かの掛かりに入られたのか動かない竿を煽っていると何故かすとさんのセンサーが反応おや
どうやら、上流のすとさんの仕掛けも巻き込んだ様子

すとさんが出てきて一緒に竿を煽ってみましたが、既に時遅し鯉は何処かへ
結局1時間30分格闘して釣れたのは角材1本…サイズ的には自己記録


すとさんにも、今のはデカカッタかも気を取り直して頑張ろうと慰めて頂いたもののその後は当たりも無く納竿
しかも、予定時間を寝過ごして大幅にオーバー

挨拶もソコソコに金ちゃんにゆっくり急いでと無理な注文をだす私

何とか嫁に怒られる前に帰宅

翌日曜…午前中に所用が終わり嫁は実家に子供と遊びに…直ぐ様鯉釣りに準備
すると、何かを感じたかのように金ちゃんから今からKダム行くよとメールが
よって昨日のリベンジとばかりに2人で二日連続釣行もKダムはバサーだらけで竿が出せない
仕方ないので、人も魚もいない所でキャスティング練習
3時間ほど竿を振りっぱなし(笑)さすがに腕がパンパン
しかし、金ちゃんはスランプを克服

結局二日間で角材1本だけでした(笑)

色々と手を回してくださったすとさん、ありがとうございますm(__)mまた、リベンジに伺います

写真が無かったので、金ちゃんのキャスティング中をパシャリ

開く コメント(22)

もう少し(_ ´Д`) ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

地元にコイの便りが届くのか不安な三平ですm(__)m


今回は金ちゃんと再びKダムに降り立ちました

今回このKダムを釣行場所に選んだのは、先週金ちゃんがKダムを見に行った際に鯉の姿を発見活性は低いものの確実に冬眠から目覚めたもよう
その週の日曜に私も視察(笑)子供を連れてフィーディングがてら
息子が石投げに夢中の間に100g程フィーディングするつもりが…息子に500gくらい石と一緒にまかれ…しかも手前50センチくらいのところ( ̄▽ ̄;)
息子は喜んでいたのでまーいっかと言うことで

そして、二日間開けて20日に金ちゃんと、もう釣れた気分で実釣


場所取りと車の完成度を確かめるために19日仕事が終わると速攻準備し、金ちゃんガレージに向かい車を乗り換え出撃
現地には22:30着。
フィーディングもせずに寝床の準備
作戦会議を済ませ、00:00就寝するもやたら寒い(´Д`)
気温は車内で-5℃…冬やん
朝5:00起床するも寒さで暫くフリーズ

ホットコーヒーを飲もうと準備をしていると、金ちゃんが気づきました…助手席の窓が開いていることに…そらー寒い訳だと苦笑

さてさて、気を取り直してまずは鯉の姿を探しにあちこち散策
暫く見て回ると陽当たりの良い浅場に居ました
さっそく、2本の竿の1本にPVAにカットボイリー数個と自作パウダーペレットを入れフックベイツにパイバナ15ミリ、もう1本は同仕様でフックベイツにBMFパイナップル15ミリでスタート

金ちゃんは竿2本ともフックベイツにトリガーアイス15ミリでスタート

過去にこのダムではボイリーで1匹しか釣っていないので、手探り状態でローテーションもゆっくり目。

今回はまだ、食も渋かろうと2時間〜2時間半を目安にローテーションで試すことに


しかし、当たりは遠く風でセンサーがなるだけで、触り当りすらなく、お昼に

鯉も浅場と深場をゆっくり行ったり来たり

思いきって金ちゃんは竿2本とも浅場狙いに変更


私も藻際と浅場と執拗に攻めましたが当たりは無く、挙げ句に花粉にやられフラフラ

これはいかんと再びポイント探し。

すると…朝見たときには居なかった陽当たりのあまり良くない上流に居ました丸々太った鯉達が10匹程

時間も迫っていたので2人で1本づつ竿を持ち移動

ボイリー投入するも、まーっっっっっっったく興味無し

結局そのまま竿を仕舞いました
最後にキャスティング練習していると、金ちゃんの悲鳴が

見に行くと…竿先のガイドが割れてました
何でも本気で竿を振ったらバランスを崩して竿をブツケタとか
速攻釣具屋に電話して修理できるか聴いてる金ちゃん…電話を切ると重い口調で
金 「かなり高くついた…」

三 「まじでいくら

金 「42」

三 「4200円

金 「いや、桁が違うよ…420円

三 「……そらそっか

と言うことで今回は流木数本釣って終了でした(笑)
学んだことは寝る前は窓が閉まっているか確認しようってことでした


写メは風景画では淋しいので、キャスト中の金ちゃんと、鯉がいた上流のものにしましたので悪しからず

開く コメント(22)

イメージ 1

どうも、釣れない釣りがすっかり板についた三平ですm(__)m


今日は地元、秩父で今年初の釣行をしてきましたが、お決まりのボウズでした

まず、前日夜の天気予報では、雪マークでてましたが以外と夜は暖かく雪にはならないかなと思い就寝。5:30に起床→外を確認→二度寝決定→7:30再び起床→外を確認…出撃 でした

所用を済ませホームのKダムに着いたのは8:30頃。とりあえず、1周回ってみましたが、この時期橋の上には多くのワカサギ師がいるはずが今日は1人もおらず…あれ天気が悪いからと思いながら、いつものポイントへ

いつも竿を出していたポイントには…多くのワカサギ師がΣ( ̄◇ ̄*)
とりあえずポイントを見て回っているとワカサギ師の1人が話かけてきましたよく見ると、昨年タモ入れしてくれた常連の爺様で少し話をしましたが、まだ鯉の「こ」の字も見ないとこんな霙混じりの日に物好きだねと言われてしまいお互い様ですよと返して再び場所探し

結局、この時期一番陽当たりの良いポイントにしましたが、水深があるため厳し感じで

9:00 水温が低いため、魚も動かないかなと思いフィーディングしないつもりでしたが…準備中にトリガーアイスをこぼしてしまい、強制的にフィーディングするはめに


10:00 1投目。パイバナ15ミリシングルとBMFパイナップル15ミリのフルーツ系でスタート。(PVAは無し)

今回は岸から80メートルラインを目指しウェダーで10メートルほど立ち入ってキャスト
まー予想通り劇寒でした
その直後雪がチラチラ( ̄▽ ̄)
車に速攻避難
ホッカイロで暖をとり3時間ほど震えていましたが、意を決して12:30に1本をトリガー15ミリをさらにカットしたものを付け打ち返し。

暫く何も起こらず時間が過ぎ、フッと横を見ると川鵜がフナらしき魚を食べてまして、魚いるんだと急にテンションが上がりましたが、車を叩く雨音だけで、センサーは結局納竿する16:00まで、1度も反応しませんでした


秩父はまだまだ、鯉釣りシーズンが遠そうです
いや、腕がないだけか

開く コメント(19)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事