全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

釣果報告( 木曜)by 金太 ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

竿の元 離れてみれば ヒットする by 金太


今回も金ちゃんの釣果です

木曜、平日休みの金ちゃんが先週の日曜日に引き続き地元のKダムにて釣行してきました

7:00釣行開始仕掛けは団子の一本針。竿は2本で、1本は浮きゴミの縁、もう1本はその5メートル程横の地点に投入。

投入1時間後、ゴミより外した方の竿に当たり依然先週の好調ぶりをキープしかし、手前に寄せて来る前にバラシしかも針が伸びる掛けたサイズは40〜50センチくらい

気を取り直して打ち直し暫くすると平日常連組のお爺さん達が登場すっかりKダムの顔になった金ちゃんはお爺さん達の中では「髭の先生」と呼ばれている(笑)

暫く談笑後、1人のお爺さんが金ちゃんのタモに気づき、「随分デッケータモ使ってんなー。これならどんだけデカくても平気だいなー。」と…お爺さん達には驚きのタモのサイズだったようで(笑)


その後、当たりは出るものの鯉が乗らないダークタイムに突入
お爺達にはいい話のネタになってしまったようです(笑)

お昼になり釣りも一旦休憩場所休め

午後、再び再開。相変わらずゴミの縁に入れた竿には頻繁に鯉っ子?の当たり続発

「おいおい今日は鯉っ子デー
ゴミより離した竿は不動の極み。ウンともスンとも言わず、黙り状態


常連のお爺達が水戸黄門を見に、1人また1人と帰宅

常連さん1人を残し全員帰宅完了すると黙り竿が怒涛の如くしなりドラグがフル回転散策に出ていた金ちゃんは100メートルを猛ダッシュしかし、気持ちばかり先に行き足が…気持ちは既に竿の元→現実は竿まで30メートル弱
竿の元にたどり着いた時には疲労よりも焦りが勝ち休む間もなく合わせを入れる
鯉は掛かりに入りながら既に対岸の岩場付近
鯉は自分の逃げ場を良く知っている。釣り人が行って欲しく無い所に入りに行く。竿を寝かせながら鯉の頭を円を描くように向かせ、余分な掛を交わしながら、足元へと少しずつ寄せ、十分に空気を吸わせ、無事にネットイン

良く走る67センチ

夕間づめまで、黙りを決め込んだ竿は最後に唸りをあげたので一安心


続く。(今回の記事は金ちゃんの証言を元に書いております)

脱出 by 金太 ケータイ投稿記事

イメージ 1

天気予報 雨の予報が 晴れとるやん by金太m(__)m


今日はブログ共有者の金ちゃんから釣果報告がありました


本日は私(三平)は子守のため釣行は休むつもりでしたが…朝起きてみると…まさかの晴れ

んーこれは夢と思いながら現実逃避

息子と外で遊んでいたがやっぱりいてもたってもいられず、息子を連れてダムの様子見に出掛ける始末

この際、息子に釣りを教えるかと開き直るも、自分も小学校の頃に父に渓流に毎週、強制連行された事を思いだし心の格闘
そうこうしている内にダム到着

ダムを一周していると、見覚えのある車とすれ違う…速攻Uターンして追いかけるとやっぱり金ちゃんでした

三平 「やっぱり来たんだ

金 「そらー来るでしょ天気いいし

三平 「んじゃ、俺は子守中だから今日は後で見学してるは息子に勇姿を見せてやってくれい

金 「お、おう

んで、金ちゃんがさっそく仕掛けを作る今回は短時間なので、団子で勝負みたいです

狙いは対岸付近の掛けあがり、水深は1メートルあるか無いか。

1投目、緊張の一瞬…狙い澄まし餌入れ。ほぼ狙い通りに入り一安心の顔

後は待つばかり

が、ここで息子がネムネムタイムに突入
とりあえず、1投目を見届けたので、私は退散

帰り道、あれこれ考える→前日雨→気温の上昇→活性上がる…はず→当たりは早いか
と思いながら自宅に到着。
と同時に金ちゃんからメール内容は、「迷路を脱出
送られて来た写メには鯉が

直ぐに返信→「狙い打ち成功

また直ぐに金ちゃんから返信→「息子に勇姿を見せれなかったのが悔やまれる

おいおい泣かす返信じゃないか


その後詳しく話を聞くと、狙い通りに当たりがあり、その後は日が沈む直前に活性がかなり上がったとのこと

んー勉強になる

来週も自分は竿出し出来ないので、金ちゃんに頑張ってもらうことにしようと計画中の私です


次回も金ちゃんの釣果報告になると思います

迷路 ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

風強し 負けずと遠投 指切った 三平ですm(__)m

今回は先週に懲りもせずまた河口湖に金ちゃんと遠征しました

今回到着は日曜日の2:00頃。予想はしてましたが物凄い暴風雨とりあえず、2つかみほどボイリーをフィーディングし直ぐ様車に戻り待機


金ちゃんと作戦会議をしつつ就寝。今回は金ちゃんは持っている引き出しを全部出すとやる気満々

薄明かるくなった5:00から釣行開始夜の暴風雨が嘘のような快晴しかし風は強いままこの風が神風になると信じて1投目。

自分はトリッガー15ミリシングル、金ちゃんは団子でスタート


当たりは以外にに早く5:30過ぎ。来たのは金ちゃんの団子仕掛け…そして断続的なアラーム音…そうですやっぱりのニゴイ
写メも撮らずにリリース

その後、団子が大爆発8:00、9:00、10:00と順調にセンサーオンするもニゴイ
金ちゃん曰く「これで俺も塾長対決に名乗りを挙げられる
ちなみにボイリーは全く反応無し


そして、事件はお昼に起こりました
昼前にボイリーをローテーションしようと投げこもうとした際、後ろには十分に注意していたのですが、何かに引っ掛かり、糸が指に引っ掛かったと思った瞬間に指がパックリ切れました
人差し指負傷しました
止血するも一向に血は止まらず諦めて絆創膏を買いに

その間に金ちゃんにボイリーを投入してもらい、速攻でコンビニにダッシュ絆創膏を購入しダッシュで釣り場に戻る


そして懲りもせず再び釣行開始(自分でも思うのですが、ここで止めない時点でバカです)


戻って直ぐに金ちゃんの竿がセンサーオンするも、少し反応がおかしい…ニゴイとも違うような…首を傾げながらやり取りをする金ちゃん。どうやら魚は付いてる感じ…顔が見えたとき2人して「ウグイ」と爆笑(正確にはウグイか分かりませんが写メ1を見て下さい)


「ニゴイの次はウグイですか…」と苦笑いの金ちゃん

その後、14:00、15:00、16:00と順調ニゴイを追加する金ちゃん…を横目で羨ましいそうに見つめる当たりすらない私(笑)


その後は日没前まで粘りましたが当たりすらなく17:30に納竿。


また、釣れない迷路に入り込んでしまったようですこれで、今シーズンの河口湖はラストの予定ですが…悔しいので行ってしまいそうです


ちくしょー悔しいです

ハイエナ作戦失敗(T-T) ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

当り無く 仮眠のつもりが 熟睡に 三平ですm(__)m

いつも、釣行当日にブログをアップしようと思いながら寝てしまい翌日になってしまい情けないですというわけで、今回も釣行翌日になってしまいました


今回の釣行は、週末に行われた河口湖鯉釣り大会を見に金ちゃん(いつもの友人K君です)と土曜日の深夜から出発
到着は日曜日の4時。
さっそく、湖を一周…目についたのは「51系」ナンバーの車の多い事
皆さん大会に参加されているらしく、オーラ出まくってます


暫くアチコチをウロウロ鯉釣りらしき人を発見しては話を聞いて回る
皆さんとても気さくで色々とためになる話しばかりただ、皆さん口を揃えて言っていたのが金曜が一番食いが良かった。土曜日は全然ダメ。ターンオーバーしているとのこと

そんなこんなで九時くらいに某所に移動。
ここには「N藤さんがいる」と、すとさんからメールを貰っていたので探してみると直ぐに発見
暫し待っていると車から降りてきたので、後ろからそーっと近づく
三 「あのーN藤さんですか

N藤さん 「あ、はい…もしかして、すとさんから聞いていた三平さん

三 「そうです

なんてやり取りをして、ここぞとばかりに2人でN藤さんに質問攻め

あたから見れば完全にN藤さんに因縁をつけてる柄の悪い2人
が、そんな私たちにも優しく色々教えてくれたN藤さんありがとうございました
驚いたのはN藤さんは同い年だった事しっかりしてらっしゃっる

楽しい時間はあっという間で既に10時過ぎまた会場でとN藤さんと別れ会場にダッシュ

暫く待っていると検量がスタート出るは出るは大物が見ているだけでお腹いっぱい

検量も落ち着くとビルヌーブさんが

初めてビルヌーブさんを発見ここでも、色々と質問攻めに(またまた迷惑な私達)


大会見学では色々な方と楽しい時間を過ごせました


さて、感じんのハイエナ作戦ですが、とりあえず夕マズメは大橋下で頑張り、釣果次第では移動しよって事に

大橋下には14時頃到着。流石にガラガラで投げたい放題
大会中のフィーディングも効いていると思い、PVAに4〜5粒入れ投入あとは待つばかり……………あれ既に18時鯉どころかニゴイすら当たらない
とりあえず、竿を上げ金ちゃんと作戦会議
結果、他も見てみようって事で移動。次はあまり人が入っていなかったポイントに。(地名分からず)

とりあえず、フィーディングして場所休めさせている内に就寝
気づけば外は薄明かるいしまった慌て竿だし

とりあえず、朝マヅメは当りがあるかなと思いながらまたしても、2人でウトウト
何も当たらないまま陽は高くなり…………瞬く間にお昼過ぎ
その時一瞬だけセンサーが反応したものの風だと思い放置
結局、14時まで粘るもダメで竿をたたむ事に
竿を手に取ると何やら嫌な重さが…まさかと思っていると案の定ニゴイGET
落ちもついたので終了
普段の行いが悪いのかハイエナ作戦失敗


早く上がったので、帰りにFダムに寄ってみたが、山が半分崩れてるは、崖崩れの跡が至るところに有るは、水は大減水しているやらで釣りにならないと言うか釣りをしている場合ではない感じ

これを見たら一気に疲れ一直線に帰宅

今週末も遠征かと考え中


PS 大会中にお話し下さった鯉釣り師の皆様ありがとうございました
この場をかりて、お礼を申しあげますm(__)m

遅い夏休み(^-^) ケータイ投稿記事

イメージ 1

秋雨の 降る中釣るは ニゴイ様 三平ですm(__)m


この三連休は2人の友人の結婚式があり鯉釣りはお休み
しかし、そんなことも有ろうかと夏休み最後の1日を月曜日に取ってありましてそんな訳で日曜日の夜に出撃開始
地元のダムは先日の台風による大増水でとても釣りが出来るような状況ではなく…どうしようかと考えた結果ワンデーで河口湖に行ってみようって事で河口湖に


到着は朝3:30分。疲れもピークにフィーディングだけして一旦就寝
起きてみたら、6:30大慌てでセットしスタート


今回はトリッガーアイスとパイナップルバナナの2本でスタート

ボイリーを投げ終わると余りの寒さに、逃げるように車に逃げ込んで、ウトウト

毎回、直ぐには当たりが無いので安心?しきっていたら…投入10分でトリッガーに当たりが

と思いながらも竿のもとに行くと、竿先が嫌な動きをしている…ちょっと動いては止まる…朝からあのお方が…で上げてみればやっぱりニゴイ

まーまーニゴイも立派な魚でしょとポジティブに考える事に


直ぐに投げ返しまた車に。目が覚めてしまったので、とりあえず朝食を摂りお腹も膨れ再びうたた寝

1時間位たった頃、センサーONだったのだが…あの断続的なセンサーの鳴り方…そして当たっているのはやはりトリッガーの竿…少しだけ期待して上げてみると期待は裏切られ、お馴染みニゴイ様しかもデカイ推定60センチ位ありそう


もしかしたら、ニゴイの巣に仕掛けが落ちてるのかと思い、思いきって仕掛けを入れ換えてみる事にしました
投入ポイントを変えてもニゴイが釣れるようなら思いきって場所を変えようと考えながら仕掛けを投入。


車に戻り布団にクルマっているといつのまにやら寝てしまい…目を覚ますと何と雨が降っている風も強くなっており「これならもしやイケるかも」と思った矢先にセンサーON


キターと勢いよく車から飛び降り、素早く竿を手に取ると………軽い
まさかと嫌な予感上げてみればやっぱりのニゴイしかも、トリッガー

こりゃーダメだと思い、11時で場所代えを決意


速攻で片付けて湖を1周するも、何処もバサーの方と鯉釣り師の方でいっぱい

仕方なく、元の場所から100メートル程移動した所で竿出し
既にお昼今日はニゴイで終わりかと思いながら昼食を食べているとセンサーON

また、ニゴイだろと余裕をかましているといつまで経ってもセンサーが鳴りやまない
あかんこれは本命の鯉だと慌てながら車から飛び出し竿の元に行こうとした時に、タモを出してないことに気付き、一旦車に戻りタモを持ち再びダッシュ
あたふたしていたので竿の元に着いた時にはすでにラインが3分の2程出される始末
しかも、既に掛かりに入っている感じが竿から伝わってくるし、もうダメかもと諦めモードで糸を巻く
運良く掛かりから出るも、直ぐに藻?に絡まり、ラインが擦れている
ゆっくり竿を溜めて引き出す抜けたと思ったら次の藻?に再び絡まる
クソー藻が多いと1人でブツブツ

また、ゆっくり溜めて藻から出し何とか手前に寄せる後はタモで掬うだけって所でタモが無い
やり取りに夢中でタモは5メートル程横に
何てこったい1人で釣るのが久々でもはやパニック

しかし、何とかネットイン藻が絡まりもはや鯉なのか、藻の塊なのか分からない

藻を取り除くと待望の鯉でひと安心
サイズはジャスト80センチ
写真を取り直ぐにリリース時計を見ると13:00。20分もやり取りしていた


1匹釣れれば気が楽になり、車でうたた寝

1時間後、再びセンサー鳴るもニゴイ
餌を入れ換えて30分後再びニゴイ
さらに30後またまたニゴイ
ここで時間になり終了


いいんだか悪いんだかニゴイヒィーバーで終了
何か対策を考えねばと課題の残る最後の夏休みでした

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事