全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

夏休み2 ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

日焼けで真っ黒三平ですm(__)m

今日は週の真ん中、水曜日ですが今年2回目となる夏休みです
そう自分の会社は6月〜9月の間に5日間自由に夏休みを取れる、なんともありがたい会社なんです

さて、そんなことはさておき今日は初となるUダムに午前、Kダムに午後行ってまいりました

まず、Uダムですが秩父地方で1番大きく、大物がいる可能性が1番高いと思われます
なぜ今更新規開拓と思われますが、事の始まりは先週の日曜日に遡ります。
日曜日…前日に小ワンドで釣れたとK君に報告すると
K君…「そしたら日曜日は今年の秋に向けていろいろ開拓するか
自分…「そしたらUダムにしようか大物の噂もちらほら聞くし
ってことで日曜日にUダムに様子見(本当に様子見なので竿は出さず)。
いざKダムで定番の流れ込みを見ていると数匹の鯉を発見ってことで本日に至りました

んで、結論から言いますとUダムではK君、私2人で坊主くらいました平日にも関わらず、バサーがくるはボートはくるはで半日で終了(釣れない言い訳)

車に戻るとまだお昼…どうしようかと話し合い、ホームグランドのKダムが水が落ちきったらしからそっちの様子も見てみようかって話なり、さっそく移動。
Kダムに着き、先行者のお爺様としばし談笑し竿出しは15:00。
やっぱりの減水でしたが鯉っ子を3匹ゲット
とりあえず、坊主は回避できたので良かったような

秋の大物シーズンに向けて今年の夏は新規開拓を進めようと思った今日この頃です

小ワンドでの攻防戦1 ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

最近、新しい竿が欲しくて禁煙しようか悩み中の三平ですm(__)m

今週は土日と嫁から釣りに行ってよいとの許可がおりまして、二日連続釣行になりました

そして、昨日(土曜日)は近年、7月1週目の恒例行事になりました、Fダム小ワンドでの3年越しのリベンジ戦に望みました

現地到着は6:00。
今回は100m程の担ぎ込みですみましたよって竿出しは6:30。

そして、今回は団子に隠し味の「味の素」を入れて実験釣行です

団子投入後、1時間程すると数匹の鯉が団子の回りをウロチョロ
「おこれはいけるか」とタカをくくっていたのですが…なかなか当たらず…ダメかと思った8:00頃一気に竿が絞り込まれたと思った瞬間に、パンという音とともに道糸がプッツン…3年目の今年もやってしまいました…手前の掛かりに入られるのを嫌い、ドラグをキツメにしたのが仇となりました…3年間進歩がないダメな自分にガッカリ

とりあえず、まだ時間も有ることだしと、折れた心をかき集め市販吸い込みで場を繋ぐ事に

その間に、仕掛けを作ったり、散歩したりしあっという間に11:00。
再び目を離した隙に竿が絞り込まれ、掛かりに向かって糸が動き出す慌てて竿を手にすると、今度は沖に向かって一直線強烈な引きに竿が耐えきれず、ヤバイと思った瞬間に、またしてもパスンという音とともに竿から生命感が消える…
虚しさにうちひしがれながら糸を巻き取ると、今度は吸い込み仕掛けのスイベルが無くなっている…去年の悪夢が再び

帰ろうかと思ったのですが、最近嫁が「釣りに行っていいよ」と言ってくれる時は釣果が良いので、それを信じ半ば投げ槍に再び団子投入

騒がしてしまって鯉もいなくなってしまったので、少し早目の昼食を食べていると、何やら当たりが魚臭い
何事かと思い、そーっと水辺を覗き込むと…主と思われる鯉を筆頭にいつの間にか群れが集まってました
しかし、その主を見た瞬間の率直な感想は…「あんなの掛かっても揚げられないし…」と弱気な自分しかし、主が掛かる事を想定している当たりはやっぱり素人か

その後は、動かざること山のごとしで、待つこと2時間。軽く触り当たりが出て身構えていると竿が右手の掛かりに向かって弧を描くが、今回は反応早く掛かり手前で鯉に止める事に成功
それでも必死に抵抗する鯉をなだめながら何とかネットイン
3年目の正直は65センチの鯉でした

1匹釣れたら急に釣れる気がする、浅はかな自分
次はあの主を釣ろうと数時間前とは思っていることが180度方向転換

そこから粘ること4時間…辺りが薄暗くなり、段々と薄気味悪くなり、ソロソロ帰ろうとさっきまでの強気な心はどこへやら

片付け始めたその時、竿からクリック音
おーまさかのタイムアップ寸前の滑り込みかと竿にダッシュがこの鯉は良く走る走るそれに会わせて自分も右往左往する始末
何とか揚げて、記録を撮り即リリースとともに、獣の鳴き声が近くなって来たので自分も一目散に退散

結果、4ヒット2バラシ2ゲット
とりあえず、自分的には大満足の土曜日でした

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

何故か嫁の機嫌で釣果が変わる三平ですm(__;)m

前置きはさておき、今日の釣行は最近、飛ぶ鳥を落とす勢いのK君とFダム奥地に入釣しました

ここは釣りというより登山に近い感じで、ダムサイドに降りるまでに私同様K君も膝が悲鳴を上げる騒ぎに結局釣りを開始するまでに車を降りてから1時間半が過ぎてました

しかし、過酷な労働?の後には清々し景色が


景色に見とれてばかりはいられないので、そそくさと準備し11:30にスタート…後すぐにお昼休憩
いかんせん2人とも体力の限界で動けない…

おむすび食べて元気が出てきたところで、鯉を観察。餌の周りを回りながら近づいては遠のくを繰返し、食欲は有るが、そこまで食いが立っているとも思えない感じ

1時間半ほどたち一旦餌変え。そして、K君と談笑。あっという間に時は経ち既に時間は15:00。

そろそろ時合が来るかと思ったその時K君の竿にヒット
相変わらず大慌てで、竿の元にたどり着いたが…その瞬間に針外れ
あらら残念食いが浅かったのか

とりあえず、気を取り直して再び餌を投入するも、もはや今日はダメかという空気が漂う

そんな空気を払拭したのはやはりノリに乗ってるK
再投入後1時間半、再び竿が弧を描く
今度は逃がすまいと竿まで「猛」ダッシュ
竿を手に取ってしまえばこっちのもの?(笑)
難なくゲットしたのは65センチの綺麗な鯉さすが勢いがある男は違います

リリース後、帰りのこともあるので納竿。
本日も私は坊主でした

そして、帰りは地獄の山登りさすがのK君も途中休憩。車にたどり着いた時には汗ビッショリの男2人
今日は良く眠れそうなくらい運動が出来ました

さて、週末はどこに行こうか、また悶々と悩む1週間が始まりそうです

とうとう ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

寝ても覚めても鯉釣りばかり三平でございますm(__)m
昨日、友人達に釣果がありましたので、記録としてブログアップいたしますm(__)m

昨日は友人K君と友人N君がお休みでもちろんの用に釣行

まず、友人K君は最近ホームとかしたFダム某ワンドで竿だしここは鯉釣りを始める切っ掛けになったワンドで未だに1本も挙げられていない因縁のワンド…。
朝から天気がよく鯉の活性も高かったとのことで粘ること数時間。夕方の3時ごろ執念でとうとう1本挙げたとのこと(写真1)
3年越しで嬉しい1本

そして、もう1人の友人N君は夕方からの釣行。
こちらは本当のホームKダムに
誰も足を踏み入れないところに草刈りから始めて、侵入
着いた時にまーまーのが居るってことで、粘ること1時間…竿が大きく曲りバトルスタート
なかなか寄ってこず、ようやく魚体を見たときに、その大きさに手が震えたとか(笑)
嬉しいホームでの今年初鯉はなんと95?(写真2)
満面の笑みでの抱っこ写真
2人とも良い休日が過ごせたみたいで良かった良かった

2回目河口湖 ケータイ投稿記事

イメージ 1

週末が近づくにつれ、ソワソワが止まらない「鯉の病」にかかってしまった三平ですm(__)m

今回の釣行はin河口湖 事の発端は先週水曜日の夜。週末の釣行場所を決めに友人K宅の秘密のガレージで話し合。「日曜日は夜用事があるから」ってことと、地元のダムが微妙な事もあって、お昼まで河口湖でやろうって事に決定

土曜日、夜8時に出発し、コンビニよったりなんだりで11時、現地に到着
今回は団子1本、ボイリー1本でスタート。
小雨が降っていて、もしかして夜の内に1回位当たりがあるかもと期待していましたが…センサー鳴らずに朝に
朝になると雨は止み、風も無くビタ凪ぎ状態…あれこんなはずでは…

とりあえず、5時頃団子を打ち直し、車に戻り一服。
1時間くらいした時、センサーON来たのは団子やっぱり団子強しかとルンルン気分で竿の元に
糸が弛んでるこりゃー食い上げかと颯爽と竿を手に取り合わせると…何か変…ちょっと重いがまったく引かないあれこれってもしかして嫌な予感がする…想像通りニゴイでした

気を取り直して再び団子投入
しばしK君と談笑したり朝ごはんを食べたりしていた9時頃、今度はK君の竿にヒット今度はセンサー鳴り止まず期待大
逃がしてなるものかと慎重にやり取り近くに寄せては糸が出るを繰返すこと10分、上がって来たのは立派な鯉(85センチ)でした

リリース後、これは近くに鯉が来てるのかもとヤル気満々で待つこと30分。またまた団子の竿に当たり
今度こそはと竿を手に取ると…あの嫌な感じが
そして釣れたのは…やっぱりニゴイでした
あちゃー今日はニゴイ祭りか
このままではニゴイで終わってしまうと思い、団子から今日当たっているボイリー(パイナップル20ミリ)に変更

後は待つべしって事で竿の近くで待機
しかし、当たりは無くお昼に後ろ髪を引かれる思いで納竿
今回はまったく良いとこ無しでした

帰りに他に良さそうなポイントはないかと湖を1周。しかし何処もバサーでいっぱい
やっぱり人気の湖は人がいないところを探すのも一苦労でした

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事