過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

新兵器(^-^) ケータイ投稿記事

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

竿を担いで三千里、もはや鯉釣りなのか登山なのか分からなくなってきました三平ですm(__)m

本日は題名通り、新兵器の「タモ」を友人K君が購入したので、さっそくタモを持っての実戦デビューをしてきました
とは言っても、タモを使って鯉を取り込むのではなく、「タモを持ってFダム奥の流れ込みまで行けるか」の実戦です
ちなみにタモは1番長いところで90センチあり、柄も折り畳み式とはいえ、そこそこの長さがあります

そして、何故Fダム奥の流れ込みかと言えば、1番担ぎ込みが大変だからでして、逆を言えばここを上り降り出来れば何処へでも行けるということで…不安と期待を胸に実戦スタートです
朝5:30現地の登山道入り口に到着。柄と竿はK君、タモと竿掛けは自分が持ちイソイソと入釣開始
やはり下りる時は膝が悲鳴をあげるも何とか現場まで持ち込め、一安心
予想以上にタモが軽くビックリでした

持ち込める事が分かったので少し欲が出始め、「どうせなら使ってみたいやね」って事になり…とりあえず小さくてもいいから1匹釣ろうと当然なり…団子を握る手にも自然と力が入りますそうなると竿を振る手にも力が入り…力みすぎで狙ったところから程遠い場所に着水(#`皿´)

打ち返す訳にもいかず、しょうがないので、そこから今日はスタートです
数十分ほどで自分の竿に弱々しい反応が
揚げてみるとウグイが…もちろんタモの出番はお預け
その後は全く反応がなく11:00頃やむ無く場所移動さらに下流に100メートルほど担ぎ込み
しかし、良さそうな場所なので気合いを入れ直し再スタート

しかし気合いが入っているのは我々だけで鯉は知らんぷり
おいおいそれじゃ困るよーと思い出した14:30頃餌を変えようと団子を握った直ぐあとに雷が鳴り出す握った団子をほっぽり出し速攻で納竿何故なら雷がなる=すぐに夕立がくるとセオリーは決まっており、夕立に襲われると土砂崩れが起こり帰れなくなる可能性が非常に高いんです
片付けたら後はダッシュで山登り車に15:00前に到着し最短記録を更新が、感じんのタモは無我夢中で全く記憶になしとは言っても、上がってこれたからとりあえず、OKってことで

さて、後はこの新兵器がいつ活躍するのか
もしかして今年は使う機会がもうないのか
などとちょっと恐ろしいことを考えてしまいました
次回は夕立が過ぎてからの釣行になりそうです

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事