過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

どうも、秩父のお騒がせ釣り野郎三平ですm(__)m


さて、私はこの2週間ほど週末に嫁の予定が入り子守になってしまい、鯉釣りに行けない感じだったので、平日の夜中にコソコソと週5で地元の川に通っていましたが、雨にやられ風に吹かれ、しまいには4月に入ったというのに、ロッドポットが凍って仕舞えなくなる始末


これでは、地元のシーズンインは暫く先になりそうなので…行ってしまいました相模川
とゆうことで、すとさんに連絡し、すとさんのホームにお邪魔することに

今回の遠征には金ちゃんが仕事の関係で行けるか微妙だったのですが、気合いで参戦
秩父の山から2人で大都会に飛び出し、すとさんのもとに向かいました


現地に到着は8日の1:00頃。さっそく、すとさんに挨拶に行くと何故かお土産を貰い川の様子を聞きながら準備
すると、遠くからデルキム音が
さくっとすとさんが、挨拶がわりの良型ゲット(詳細はすとさんのブログをご覧ください)

いやがおうにもテンションは上がり、自分等の竿にも当たりが来ないかと今か今かと待ちますが…うんともすんとも
一度ローテーションをして、車でウトウト
そして…3:00を回ったあたりで、自分の竿に当たりが
勢いいさんで竿の元に向かうと、いい勢いでドラグから糸が出てる
竿を持つと何かが擦れる感覚が良く見ると250センチくらいの角材が一緒に着いてる
その間も鯉君は角材を着けたまま上流にグイグイ上っていくししかし、角材が邪魔で無理できないし2人で焦る
とりあえず、角材を回収しようってことになったのですが、全然寄ってこない暫く格闘するも疲れて来たので、金ちゃんと選手交代
金ちゃんが暫く格闘するもうんともすんとも鯉は底にへばりつくように上流に登り、寄ってくる気配なし
再び選手交代し、竿を持っていると、意を決したように金ちゃんが水辺に降り角材を回収
すると…上流に向かっていた鯉が加速
何かの掛かりに入られたのか動かない竿を煽っていると何故かすとさんのセンサーが反応おや
どうやら、上流のすとさんの仕掛けも巻き込んだ様子

すとさんが出てきて一緒に竿を煽ってみましたが、既に時遅し鯉は何処かへ
結局1時間30分格闘して釣れたのは角材1本…サイズ的には自己記録


すとさんにも、今のはデカカッタかも気を取り直して頑張ろうと慰めて頂いたもののその後は当たりも無く納竿
しかも、予定時間を寝過ごして大幅にオーバー

挨拶もソコソコに金ちゃんにゆっくり急いでと無理な注文をだす私

何とか嫁に怒られる前に帰宅

翌日曜…午前中に所用が終わり嫁は実家に子供と遊びに…直ぐ様鯉釣りに準備
すると、何かを感じたかのように金ちゃんから今からKダム行くよとメールが
よって昨日のリベンジとばかりに2人で二日連続釣行もKダムはバサーだらけで竿が出せない
仕方ないので、人も魚もいない所でキャスティング練習
3時間ほど竿を振りっぱなし(笑)さすがに腕がパンパン
しかし、金ちゃんはスランプを克服

結局二日間で角材1本だけでした(笑)

色々と手を回してくださったすとさん、ありがとうございますm(__)mまた、リベンジに伺います

写真が無かったので、金ちゃんのキャスティング中をパシャリ

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事