黒木昭雄の「たった一人の捜査本部」

小原勝幸を容疑者とするこの事件は、言いようのない不正義な社会構造を見せつける事になった。遺作小説『神様でも間違う』完成。

全体表示

[ リスト ]

考察と結論 3

考察と結論 3
 
進むべき道 参院選出馬を断念
最終の目的地に到達した訳ではありませんが、私はこれまで、できる限りを尽したと考えています。
多くのテレビメディアに拒否される中、初プレゼンから1年以上を掛けて放送にこぎ着けた「ザ・スクープスペシャル」には感無量で、次なる展開に期待しました。しかし残念ながら警察は動かず、マスコミのただの一人も追跡取材に参戦しませんでした。お手上げだと思いました。期待は大きな落胆に変わりジャーナリズムの限界を痛いほど知ったのです。
 
思えば、私の活動は「キャリアに傷を付けてはならぬ」とする鉄壁の掟を突破するどころか、結果的に、キャリア中のキャリア官僚の首まで吹っ飛ばすものです。警察が総力をあげて手を回し妨害すのは当然の理でした。その為に私は、第22回参議院議員選挙への出馬を考えたのです。「身の程知らず」と笑われるのは覚悟でした。むしろ、笑われることでこの事件の風化を防げるなら本望だとさえ思えたのです。
議員の誰もが追及せずマスコミの追跡取材もない現状において、「ザ・スクープスペシャル」の放送が終わったとたん風化に向かうと確信したからです。
 
初めに浮かんだのは岩手選挙区に無所属で出馬する事でした。当選など初めから考えていません。狙い目はただ一つ、地元メディアが報じないこの事件を、政権放送を使って岩手県民に伝え決起を促すことでした。
これに対し、ネット上で賛否の声が湧きあがったのはご承知のとおりです。友人や知人から届く言葉の多くは「無謀」だというものでした。これまでの1年半で持ち合わせたスタミナの大半を使い果たし、その上選挙とは尋常な発想ではないというのがその理由です。
 
しかし、やがて当選する事を思い描くようになりました。
何度頼み込んでも腰を上げない国会議員をあてにするのではなく、自分自身が議員として事件解決に取り組み、全国に散らばる警察被害者の声を集め、独自のチャンネルで国民に洗いざらいを伝え、身をもって知った公安委員会制度のイカサマを改革するために賛同議員を募り、真に国民の為になる組織に変えるために働きたいと真剣に思ったのです。そうなると、万に一つでも当選するために出馬するなら、既成政党からの比例代表しかないありません。政党名は明かせませんが、悩んだ末に公認申請を持参しました。結果はまだ届きません。ですが、今国会の延長がなくなり投票日まで1ヵ月を切った今、準備等など、時間切れであることは間違いありません。事実上の出馬断念です。
 
思えば、「ザ・スクープスペシャル」の放送からとても長い1ヵ月でした。議員会館をたびたび往復し、親しい友人にも会いました。公認申請を直筆で書きその足で出身校に出向き卒業証明書を受け取りました。その時、人生は不思議だと思いました。この歳にして卒業証明書とは滑稽の何物でもありません。
 
ともあれ、出馬宣言ならぬ「出馬を検討中」以来多くの方々にご迷惑をお掛けした事を、謹んでお詫びを申し上げます。特に、選挙準備に取り掛かってくれた方、親身になって助言して下さった方々には重ねて謝罪します。本当に申し訳ありませんでした。
とはいえ、今でも出馬の意欲は衰えていません。縷々述べたとおり、この事件を解決するために考え出した最強の策が、私自身が国会議員になることだったからです。その判断に誤りはないと自信を持って言えます。私には公安委員会の制度改革という大きな目的があるからです。
そのためにも、まずは、苦境の今を乗り切ることです。そして人生が無限大であると信じ、次なるチャンスをうかがいつつ、かねてから描いていた作戦に移行することだと考えているのです。
 
警察問題を考える会(仮称)
再三ご指摘を頂いたとおり、最強の権力機関の不正を正し、戦い抜くためには個人では限界があります。また、警察問題を抱えている者同士が歩調を合わせて活動する事も容易なことではありません。そこで、NPO法人の設立を目指す「警察問題を考える会」は、そうした個別に活動するみなさんのグループの中から一人ずつ理事を向かい入れ、警察問題に関する拠点として、互いに支援しあえる環境を作ることを主たる目的とします。
 
後日、あらためてご案内しますが、こうした活動に関心のある方、警察のありかたに疑問をお持ちの方、理事としての活動を希望する方などなど、ご意見を頂けると幸いです。
 
 
 
 

この記事に


.


みんなの更新記事