黒木昭雄の「たった一人の捜査本部」

小原勝幸を容疑者とするこの事件は、言いようのない不正義な社会構造を見せつける事になった。遺作小説『神様でも間違う』完成。

全体表示

[ リスト ]


故黒木昭雄、遺作小説
『 神様でも間違う 』
 6月28日から書店にて発売
イメージ 1
 
命をかけて、
守りたかったものは何だったのですか? 
 
---- 答えは、きっと彼らの言葉の中に ----
  
《あらすじ 》 
 警視庁管内で連続少女殺人事件が発生。 文京署特捜本部は、車両監視装置 「Nシステム」 の情報と現場に残された指紋から簑島拓海を指名手配する。
 しかし、拓海の妹、律子と交際中の文京署刑事課の楠木正隆、その上司の山岡健介は、えん罪の可能性を疑い、独自の捜査を進める。彼らの行く手を阻むのは、 ときには事実を隠蔽し組織のメンツを保とうとする警察やマスコミだった。 
 誰もが予想し得ないラストへ向かい、物語は走り続ける。
 

2012年6月28日発売
1800円+税 
ISBN 978-4-9035-3802-0 C0093
 
都内の紀伊國屋、ジュンク堂など
大型書店で、6月28日、発売
地方都市の書店は、本が届き次第
奥付記載の発売日は「6月30日」

ご予約は『インシデンツ』HP
初版3000部限定 特典付↓
イメージ 2
《このブログをご覧の皆様へ》 

 黒木昭雄の家内の正子です。 
早いもので、主人が私たち家族の前からいなくなって1年半がたとうとしています。 

 主人の葬儀やお別れの会などでは、ご足労いただきありがとうございました。 
 また、ファンの皆様からもたくさんのあたたかいお手紙をいただき、本当にありがとうございました。 

 あの頃はまだまだ頭の整理がつかず、きちんと御礼の言葉が申し上げられず、不快な思いをさせてしまっていたら、大変申し訳ありませんでした。改めて、お詫び申し上げます。 

 主人の無念の死から1年半がたとうとしていますが、主人が生前、出版を切望していた2作目の警察小説が、『インシデンツ』 代表の寺澤有さんのご尽力でこのたび書籍化することになりました。 

 主人の一作目の小説 『臨界点』 執筆後から数年かけて取り組んできた本です。 
 一時出版を予定していたのですが、出版社の都合で取りやめになり、主人がとてもがっかりしていたのを今でも思い出します。 

 それでも、今回出版することができたのは寺澤さんはじめ皆様方のおかげだと思っています。 出来れば一人でも多く他の方に読んでいただきたく、ご案内させていただくことにいたしました。
 なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。 

 平成24年6月20日


故・黒木昭雄の遺作小説
『神様でも間違う』
 
 イメージ 1
 
初版本、ご予約はこちら↓


閉じる コメント(4)

これまで、たくさんの皆様から励ましのお言葉を頂き、心より感謝申し上げます。

また、天国の黒木昭雄に今も声をかけて下さっている皆様にもお返事が出来ていませんが、皆様と黒木昭雄本人へのあたたかい語りかけを大切にしたいと思っております。

ブログの操作に慣れていないので、みなさん一人ひとりにお礼をお伝え出来ていないこと、不慣れで操作を間違ってしまったことで、不快な思いをさせてしまった方にもお詫び申し上げます。

また、日々見てくださっていただきましたお陰さまで、100万アクセスを越えました。繰り返しにぬりますが、
深く御礼申し上げます。

2012/8/29(水) 午前 2:19 黒木昭雄

顔アイコン

警察官の不祥事が起きると、いつも言われる、ほとんどの警官は真面目にやっていると。しかしTVの警察24時というタイトルで、もてはやして、不祥事など忘れ去られていく。
黒木さんの闘いは、そんな一過性のものではなく、被害者側に立った辛く長い時間であった。
誹りを受けても、敢然と前を向いていた。
新宿駅で起きた痴漢冤罪事件で、自ら命を絶った彼のためにと、これかという矢先に、名残が募る思いが、私には伝わってきます。
霊峰富士を仰ぐ窓辺に。

2012/8/29(水) 午前 3:04 [ - ]

顔アイコン

ブログの100万アクセス☆凄いですね。
天国の黒木さんも喜んでおられる事でしょう。

そして小説『神様でも間違う』書籍化
黒木さん・・・本当によかったね。
もちろん、【インシデンツ】さんから購入しましたよ☆

出来れば、【臨界点】【神様でも間違う】
テレビでもやって欲しいです。

黒木さん・・・

2012/8/29(水) 午後 10:08 [ xxx**_vl*_vl*xx ]

はじめまして。
とある記事から黒木さんのことを知り、こちらのブログに来ました。元警察官で、日本の警察が市民を守る本当の警察になることを願って命を削ってジャーナリスト活動をされ、真実を追求するためについに命まで犠牲にされた。物凄い人生だなと驚き、感動いたしました。とても心優しくて、強くて、正義の味方そのものだなと思いました。最近、現職警察官が軽犯罪や飲酒運転などで逮捕されるニュースが多く、ナゼこんなに変な警察官の犯罪が増えてるのか…と気になっていましたが、ペーパーテスト重視で、勉強ばかりしてきたエリート狙いの学生が試験に合格して警察官になることが増えていることを危惧されている記事を読み、納得してしまいました。
黒木さんは亡くなられても、黒木さんが存在したことでその遺志を継いでる方々がいるのですね。日本まだ捨てたものじゃないですね。

2012/9/3(月) 午後 10:08 [ ber*ine*_m* ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事