黒木昭雄の「たった一人の捜査本部」

小原勝幸を容疑者とするこの事件は、言いようのない不正義な社会構造を見せつける事になった。遺作小説『神様でも間違う』完成。

全体表示

[ リスト ]

日本一有名な指名手配被疑者、市橋達也容疑者の身柄拘束の一報が流れました。
確か、名古屋の整形クリニックでの報道が流れたのが11月4日だから、ほぼ一週間の逃走劇です。
じわりじわり狭まる包囲網に市橋容疑者自身、さぞかし怯えていたことでしょう。私としては、彼がその間どこで何をし、何を考えていたのか、そして逮捕の瞬間と、この数日間の行動が特に気になるところです。

知りたいことは他にもあります。
リンゼイさん殺害事件が発覚したのは07年3月26日でした。その後、大阪の西成で建設会社の労働募集に応じたのは08年8月19日です。しかしこの時すでに市橋容疑者は整形してていたと言います。つまり、市橋容疑者は事件発覚から1年4ヵ月の間、人知れず8回近くもの整形をくり返していたことになるのです。そして死体遺棄罪(3年)の時効の成立まであますところ5ヵ月に迫った10月11日、なぜ市橋容疑者は1年以上も住み込みで働いた建設会社から姿を消し、逮捕の危険を押してまで福岡市内の美容外科に現れたのでしょうか。名古屋市内の美容クリニックで決め手となる写真を残したのも疑問です。
ですが、それはともかくとして、リンゼイさんを殺害したであろう市橋容疑者が逮捕されてほんとうに良かった。

率直に、警察の捜査過程に煮え切らない思いもありますが、今後は、事件の全容解明を期待し、逮捕に関わった警察官及び情報提供者のみなさんに労をねぎらう言葉を残したいと思います。
みなさん、本当にお疲れ様でした!


「市橋の逮捕で苦しみが薄れた」
中継で流されたリンゼイ・アンフォーカーさんのお父さんのコメントです。
この「岩手17歳女性殺害事件」も早く解決すると良いのですが―――

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事