黒木昭雄の「たった一人の捜査本部」

小原勝幸を容疑者とするこの事件は、言いようのない不正義な社会構造を見せつける事になった。遺作小説『神様でも間違う』完成。

お知らせとメッセージ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]




 故・黒木昭雄が最期に追求していた事件は、岩手県でおこった、まだ17歳の少女殺害事件でした。
 
 この事件の犯人はいまだ捕まっておりません。
今日は黒木の月命日になりますが、この事件もまた忘れることはできません。


 【ありがとうございます】

 黒木昭雄本人が完成した本を見ることはできませんでしたが、多くのご支援を頂き、2012年6月に小説『神様でも間違う』が発売されました。

イメージ 1


 おかげさまで、その年8月には社団法人日本図書館協会の選定図書に選ばれたとのことでした。

 ただ大震災の影響もあってか、図書館の力だけで本を集めるのが難しい状況があるそうです。



 そのことを知ったジャーナリスト仲間の寺澤有さんをはじめ、たくさんの方が『神様でも間違う』を図書館に贈ってくださいました。

 図書館は全国に3000箇所あるそうですが、そのすべてにこの本を贈ることができたらいいのだけれどと寺澤さんは話してくださいました。




 ブログの読者の方から「読んだら図書館に贈りますね」とメッセージをいただきました。 また、生前親しくしてくださっていた平松総合調査事務所さまhttp://tantei708.com/index.htmlでも呼びかけをしてくださっています。



 図書館に贈られることになった本の数は400冊にもなるとのこと。

ブログにて改めて感謝申し上げます。

開く コメント(1)

もう少しで2年。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ファンのみなさまへ

故・黒木昭雄が亡くなってから、まもなく2年が経とうとしています。


慣れないブログの操作に戸惑っており、
皆様にはご不便とご迷惑をおかけしております。
 
応援して下さったたくさんの皆様に、改めて深く御礼申し上げます。
たくさんの皆様が今もなおこのブログを見て下さっていることにとても励まされています。

天国にいる黒木昭雄本人に語りかけたいことが、みなさまにもおありかと思います。
どうぞ、この場にて話しかけてやって下さい。合掌。



これからも未解決になっている岩手17歳少女殺人事件の
ご家族と黒木昭雄の無念を感じていただけたら幸いです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

このブログは岩手17歳少女殺害事件の解決を願い、
黒木昭雄の思いを残すためのものです。

どうか主旨をご理解の上、投稿いただきますようお願い申し上げます。

開く コメント(22)

開く トラックバック(0)


故黒木昭雄、遺作小説
『 神様でも間違う 』
 6月28日から書店にて発売
イメージ 1
 
命をかけて、
守りたかったものは何だったのですか? 
 
---- 答えは、きっと彼らの言葉の中に ----
  
《あらすじ 》 
 警視庁管内で連続少女殺人事件が発生。 文京署特捜本部は、車両監視装置 「Nシステム」 の情報と現場に残された指紋から簑島拓海を指名手配する。
 しかし、拓海の妹、律子と交際中の文京署刑事課の楠木正隆、その上司の山岡健介は、えん罪の可能性を疑い、独自の捜査を進める。彼らの行く手を阻むのは、 ときには事実を隠蔽し組織のメンツを保とうとする警察やマスコミだった。 
 誰もが予想し得ないラストへ向かい、物語は走り続ける。
 

2012年6月28日発売
1800円+税 
ISBN 978-4-9035-3802-0 C0093
 
都内の紀伊國屋、ジュンク堂など
大型書店で、6月28日、発売
地方都市の書店は、本が届き次第
奥付記載の発売日は「6月30日」

ご予約は『インシデンツ』HP
初版3000部限定 特典付↓
イメージ 2
《このブログをご覧の皆様へ》 

 黒木昭雄の家内の正子です。 
早いもので、主人が私たち家族の前からいなくなって1年半がたとうとしています。 

 主人の葬儀やお別れの会などでは、ご足労いただきありがとうございました。 
 また、ファンの皆様からもたくさんのあたたかいお手紙をいただき、本当にありがとうございました。 

 あの頃はまだまだ頭の整理がつかず、きちんと御礼の言葉が申し上げられず、不快な思いをさせてしまっていたら、大変申し訳ありませんでした。改めて、お詫び申し上げます。 

 主人の無念の死から1年半がたとうとしていますが、主人が生前、出版を切望していた2作目の警察小説が、『インシデンツ』 代表の寺澤有さんのご尽力でこのたび書籍化することになりました。 

 主人の一作目の小説 『臨界点』 執筆後から数年かけて取り組んできた本です。 
 一時出版を予定していたのですが、出版社の都合で取りやめになり、主人がとてもがっかりしていたのを今でも思い出します。 

 それでも、今回出版することができたのは寺澤さんはじめ皆様方のおかげだと思っています。 出来れば一人でも多く他の方に読んでいただきたく、ご案内させていただくことにいたしました。
 なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。 

 平成24年6月20日


故・黒木昭雄の遺作小説
『神様でも間違う』
 
 イメージ 1
 
初版本、ご予約はこちら↓


開く コメント(4)




黒木昭雄が亡くなった2010年11月1日から1年が経ちました。
一周忌も無事におえることができました。
たくさんの方に支えていただき感謝申し上げます。


週刊朝日(11/8発売)に手記を書きました。

イメージ 1


一人の夫・父親としての姿や、亡くなった当日のこと、
岩手での事件への思いを精いっぱい書きましたので、
みなさんに読んでいただけたら幸いです。

                       黒木正子

イメージ 2


イメージ 3



  被災地で不自由な生活を強いられている皆様に心からお見舞い申し上げます。
 また、現地におられる警察官や消防隊、自衛官のみなさまのご健闘をお祈りいたします。
 あらためて、地震で亡くなられた方々へ、合掌。



  著書を差し上げます    
                              

 たくさんの方に励ましのお言葉をいただき、ありがとうございました。
皆様へ、黒木昭雄の最初の本と2つ目の本をセットで差し上げます

 これら2作は、自費出版で製作したもので、一部古本としては流通していますが、現在本屋では買うことができません。
ただ、これらは、『警察ジャーナリスト黒木昭雄』の原点ですので、多くの皆様に読んでいただけたらと望んでおります。

 これからブログはゆっくりとした歩みになるかと思いますが、これからもよろしくお願い申し上げます。


 
『警官は実弾を込め、撃鉄を起こした』


『警官は狙いを定め、引き金を弾いた』
http://blogs.yahoo.co.jp/kuroki_aki/18854264.html


2冊セットで、15名の方に差し上げます。
メールでご応募いただけます。
         (期間は終了いたしました)
 
「メールの件名」には、「黒木昭雄 本プレゼント」とお書き下さい。
   「お名前」「郵便番号」「ご住所」を必ずお書き下さい。 


締め切りは4月25日(月)とさせていただきます。
本の発送をもって当選された方の発表にかえせていただきます。


締め切りとさせていただきました。


 

 
 
このブログを見て本を探していてくださったという方、
読んでいただいたのち図書館に寄贈していただけるとのご連絡もいただきました。
たくさんの方々に「読みたい」と言っていただけたことが嬉しく、
涙がでてしまいますが、印刷して繰り返し読ませていただきました。
本当にありがとうございました。



全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事