ここから本文です
峠と茶屋とCafeRacer
Life is Beautiful !

書庫全体表示

予報通りの晴天♪
帯広は朝ドラの「なつぞら」一色。笑
イメージ 18
帯広広尾道で忠類ICまで
道の駅でパンやらチーズを調達。
今日はここからスタート♪
ホクレンで給油してから道道319で生花へ。
広い青空に白い雲♪緑の大地♪
イメージ 10
ようやく北海道に来た感じ。笑
イメージ 11
やっぱり道南じゃあね〜
R336を横切って道道881で太平洋まで
イメージ 12
晩成温泉を抜けてホロカヤントウを目指すと、何やら警備員が通行を制限している。
イメージ 13
しかたなく森の中をUターンして戻ると…
イメージ 15
「ロケット実験…?」
イメージ 17
民間のロケット打ち上げが予定されているみたい。
(この日は強風で延期になったらしい。)
イメージ 14
戻って生花苗沼へ。
イメージ 16
ここへはタンチョウも来るらしい。
そう言えば近くの牧場の中をタンチョウが歩いていた。笑
イメージ 2
牛の餌のおこぼれでも食べているのだろうか?

砂嘴や砂州の好きな我々にとってこのエリアを訪れるのは楽しみだった。
イメージ 1
次は隣の湧洞沼へ。
Googleの衛星写真を見ると、海沿いを走れば行けそうな気もするが…

無理してもいけないので、普通にR336に戻ってから道道1051へ。
紫色のリンドウ橋、アヤメ橋を渡って〜
イメージ 3
どんどん最果て感が強くなる。笑
やがて右手に湧洞沼が現れて、
イメージ 4
そして正面は太平洋♪
イメージ 5
道なりに砂州を進むと、左は波が打ち寄せ、右側は沼が続く。
イメージ 6
やがて舗装路は切れ、砂地になる。
イメージ 7
締まった砂地は良いが、サラサラのサンドだと途端に駆動力を失いハンドルが取られる。
いかにリアにトラクションを与え続けてフロントを抜いて走るか…
ちょっとしたサンドの丘はパリダカの砂丘越え気分を味わえる。
イメージ 8
と、ヘルメットのスピーカから相方の
「転んだ〜!痛〜い…」の声が
パリダカの砂丘越え気分で転んだようだ。

砂地だし怪我はないだろうと近づくと、いつになく痛がっている。
「右手が上がらな〜い。」
どうやら転んで右肩から落ちたらしい。
イメージ 9
(画像はイメージです。笑)
とりあえずバイクを起こすが、とても乗れる状態では無い。
救急車を呼ぶにしても場所はここ。
イメージ 21
救急車を待つならトランポで迎えに来た方が早そうだ。

電話で帯広でやっている整形外科を紹介してもらい、
とりあえず相方を砂浜に残してトランポまで全開走行。笑
とりあえずXLを置いてトランポに乗り換えて現場に戻る。

ヘルメットを脱がせ、痛がる相方を乗せて帯広の整形外科へ。
脱臼なら明日も走れるかもしれないが…
この感じは鎖骨だろう。

痛くてドカジャケを脱ぐことも出来ない。
ドカジャケのフルプロテクションだからこの程度ですんだのか?
病院に着くとレントゲンを撮るまでもなく、看護士さんがニコニコしながら
「鎖骨ですね。」って
イメージ 19
レントゲンを撮られて鎖骨バンドで矯正され泣きながら謝る相方。
イメージ 20
謝らなきゃいけないのは俺の方…
そんな訳で我々のGW北海道ツーリングはここで終了。
その日の深夜のフェリーで青森へ。
翌日の夕方には帰宅した。

  • 顔アイコン

    あら、あら、ミーティング記事から気になり見たら……
    骨折はある意味見慣れている(倅ですが)オイラですが、旅先での負傷は痛いですねぇ〜とは言え、鎖骨1固定してしまえば肩が上がらないだけね!(すみません)問題は、この後、手術、そして、ミーティング参加ですか〜流石!!

    セフロ

    2019/6/24(月) 午後 1:02

    返信する
  • 確かに固定さえしてしまえば…
    それでも右手は辛そうでした。
    このミーティングは予行練習で、翌週にあるのが本番でした。笑

    [ くろきん ]

    2019/6/25(火) 午後 0:48

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事