全体表示

[ リスト ]

給食費の滞納が全国的に問題になったことがありましたが、今でも大きな問題となっていますね。

昨日のPTAのこともそうですが、戦後の混乱期のときに導入されたことが、何の検討もなされず今まで来たのが大きな原因でしょう。

ただ、従来のやり方を変えようとすると、大きな壁が立ち塞がるのも事実です。


[[給食費悪質滞納 財産差し押さえ回収
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyazaki/news/20080408-OYT8T00711.htm


「 全国的に学校給食費の滞納が問題になる中、都城市は、支払い能力がある保護者から徴収しようと、2005年度から給与などの差し押さえを行っている。給食費を取り扱う「都城市学校給食会」に法手続の専門職員を配置し、これまでに悪質な滞納15件で、財産を差し押さえ、約110万円を取り立てた。県内では少なくとも7市町が法的措置を取っている。「給食費を払えるのに払わない」悪質滞納者に対する自治体の厳しい姿勢は広がりそうだ。(坂田元司)」



給食  『ウィキペディア(Wikipedia)』

給食(きゅうしょく)とは食事を供給すること。

一般には工場、保育所、児童養護施設、小学校、中学校、病院、寄宿舎、自衛隊などで多人数のために作られた食事を供することであり、また、その供される食事そのものを指す。調理作業の能率化、調理場施設における衛生管理や栄養管理が行われている。被災地の住民に支給される炊き出しなどの食事も給食と呼ばれる場合がある。

概要

日本では、単に給食というと学校給食(がっこうきゅうしょく)をイメージする人が多い。それぞれの自治体の方針によってやや事情は異なるが、基本的に下は幼稚園や保育園から小学校を経て、中学校までが一般的で、ほかに定時制(主に夜間)高等学校で給食が提供されている。近年、一部全日制高等学校においても学校給食が開始されはじめている。

小学校教育をイメージさせるキーワードとして学校給食は欠かせない要素であり、中学校でも給食が提供されている地域は増えている。学校給食にノスタルジーを感じる大人向けに、給食と同じようなメニューを提供するレストランも存在する。給食にかかる行政コストが問題になったり、「親が愛情を込めてつくった弁当を食べることで親子の会話ときずなも生まれる」として、学校給食廃止が議論になっていた地域も多かったが、近年食育の意識や格差是正の観点、栄養の偏りの是正、共働きの増加など給食維持の声も強いため廃止論を言う者は少なくなっている。

一般的な学校給食は、朝からの4時間程度の授業のあと、正午過ぎ〜午後1時ごろに配膳される。ただし、定時制学校では時間帯や量が異なり、例えば朝食を抜いてくる事が判っている児童に朝に軽食ないし糖分を含んだ飲み物を提供するところ(後述)や、深夜授業に備え夜食を提供する学習塾など、様々な事情に即した給食の形態が見られる。

かつては偏食や野菜嫌いなどを矯正するという観点から、残す事を禁止する教師が圧倒的に多かったが、食物アレルギーに対する配慮などから、残すことを禁止する風潮はなくなってきたといってよい。特に症状の重い(致命的な拒否反応が出る)児童は、学校側との交渉の上、給食をとらずに弁当を持参する場合もある。また、食べる前に食べられる量まで減らすように指導する人も増えてきている。

余った分は欲しい人に対して開放するほか、デザートや人気メニューについては教師の指導の下、ジャンケンや特配などの方法で争いが無いように分配されるなど、「集団内のルールを作りながら問題を解決する」といった基本的な社会性の教材的な扱われ方も見られる。1990年代よりは食育という「食事の教育的側面」が注目されるようになり、郷土料理の取り込みや地域産品の活用も見られるが、その一方で余剰地域産品の重要な消費先ともなっており、地域農林水産業の影響も見て取れる。

牛乳では2004年度の給食消費量は385,543キロリットル(前年度比-2.7%)となっており、これは加工用乳含めた全牛乳生産量の9.8%であるが、この学校給食消費量の微減傾向は2005年に前後する牛乳供給過剰問題の一因にも挙げられている(畜産情報ネットワーク推進協議会調べ)。

従来、ご飯が給食に出されることはなかった。1976年から給食にご飯が登場し、食育とあいまってご飯を中心とした日本型食生活の促進が期待されるようになっている[1]。国会でも、まだまだご飯食を増やしたいと意向が示された。

学校給食は、学校の地位を高めるとして、ホテルに給食サービスを委託する動きもある(京都の同志社小学校と立命館小学校がホテルに給食を委託した。



提供の形態

給食方式として、給食センター方式(複数の学校向けの給食を一か所で調理して、トラックで各学校に配送する。)と個別(学校別)給食方式(各学校の給食室で調理する。)がある。また、民間に委託している場合もある。
給食当番
給食当番

配膳は児童生徒による交代制によりおこなわれ、これを給食当番という。給食当番の主な仕事として、以下があげられる。なお、給食の調理及び食器類の洗浄は調理場にて一括して行われ、給食当番は一切関与しない。

* 給食室(センター方式の場合は配膳室)から給食を運ぶ
* クラスの生徒へ配膳する(ウェットティッシュが配られる場合もある。各自でやったり班の代表がやる場合もある。)
* 食べ始め・食べ終わりの号令(日直や学級委員等が行う場合もある)
* 食べ終わった食器類を給食室(センター方式の場合は配膳室)に返す

当番の期間は学校や学級担任の考え方によって様々であるが、多くは一週間程度で、当番は数人で構成している(あらかじめ決められた班によるローテーション制が多い)。エプロン(白の他、色々な色のものがある)、三角巾(または帽子)、マスクなどを着用し、マスク(場合によっては三角巾なども)を除いた着用具は洗濯をした後、次の当番へ渡す。なお、当番に教師は含まれない。マスクや洗濯のために持ち帰った着用具は忘れ物となりやすいため、「着用具類の忘れ物が一定以上あると、罰則としてもう一週間当番をしなければならない」など、忘れ物防止のために学級によって様々なルールが作られている。

白衣・帽子・マスクは給食当番の人のみ着用し配膳の仕事が終わるとそれらを脱ぎ給食を食べるのが一般的だが、学校のきまりやクラス担任の指導方針の違いにより以下のようなパターンがある。

* 当番の人だけ白衣マスク帽子を着用、配膳後当番はマスクのみはずし白衣を着たまま食べる
* 当番以外の人はマスクのみ着用、「いただきます」まで自分の席で静かに待つ
* 当番も当番以外の人も全員給食の時間になると着替える

一部の学校では給食を食べる為に作られた専用の教室(給食ルーム・給食室等と呼ばれる事が多い 要は食堂)を備えており、給食の時間になると全校もしくは一部の児童・生徒がそこに集まり給食を食べるシステムとなっている。

給食は、長らく施設の一部として管理運営がなされてきたが、非効率的であるとして管理運営の一部を給食産業へ委託するケースも見られるようになってきた。



学校給食の法的根拠

* 学校給食法……小学校、中学校、中等教育学校前期課程、盲学校・聾学校・養護学校の小学部・中学部
* 盲学校、聾学校及び養護学校の幼稚部及び高等部における学校給食に関する法律
* 夜間課程を置く高等学校における学校給食に関する法律



「給食」の参考文献情報

* ページ名: 給食
* 著者: Wikipedia の執筆者たち
* 発行者: 『Wikipedia』
* 更新日時: 2008年3月25日 05:57 (UTC)
* 取得日時: 2008年4月13日 10:04 (UTC)
* 恒久的なURI: http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E7%B5%A6%E9%A3%9F&oldid=18790388
* ページの版番号: 18790388

閉じる コメント(2)

顔アイコン

はじめまして、
宜しければ、これえからブログお友達になってくれませんか? 削除

2008/4/13(日) 午後 8:40 [ ★絢香★ ] 返信する

顔アイコン

★綾香★さんこんにちは
コメントありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いします。

2008/4/14(月) 午前 3:41 [ kurokuro ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事