全体表示

[ リスト ]

昨日に続いて和田中の記事です。


引用 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「マンネリPTAは不要」  YOMIURI ONLINE

「夜スぺ」和田中 全国協脱退を決定

大手進学塾と連携した有料授業「夜スペ」などに取り組む杉並区立和田中学校で20日、PTA総会が開かれ、日本PTA全国協議会から脱退することが決まった。会員は新たに「保護者の会」に入り、今後は同校の地域住民で作る学校支援組織「地域本部」と連携して活動する。

 総会には保護者372人のうち、25人が出席。1割足らずの出席だが、329人が役員あてに「決議の一切を委任する」との委任状に署名、提出しており、大多数が賛成した形だ。

 出席した中2の父親(42)は「これまで役員はほかの学校との会合や地元祭りにも駆り出され、多忙を極めたと聞いている。まずは学校内の活動からやっていくべきだ」と異論はない様子。50歳代の母親は「マンネリ化したPTAならいらない。改革が必要だと思った」と話していた。

 脱退を発案したのはリクルート社出身で、夜スペを始めた藤原和博・前校長。地域本部の提唱者でもあり、退任前、「前例踏襲型のPTAを敬遠する保護者は多い。地域本部に統合してはどうか」と提案していた。しかし統合事務が間に合わないため、今年度はとりあえず、協議会から脱退することになった。

 地域本部とは来年度に統合する計画で、代田昭久校長は総会後に記者会見し、「地域全体で学校を支える新たな仕組みを作りたい」と意欲的に語った。

 日本PTA全国協議会の赤田英博会長は「PTAは保護者の教育という大きな目的がある。脱退したらその役割はどこが担うのか疑問」と話している。
(2008年5月21日 読売新聞)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

確かにPTAは前例主義でマンネリ化しています。また、他校とのお付き合いなど多忙だと思います。

足元の単位PTAが抱えている問題も多々あることと思います。

そういった問題を解決するための手法として、地域本部の活用であればいいと思いますが。

マンネリ化したPTAやいろいろな問題を直視しないで放置していたのも、PTA会員である個々の保護

者です。

現実を見ないで安易に目先を変えても、保護者の他人任せ感覚や、誰かがやるだろうという考えそのもの

が無くならない限り、いずれ地域本部の活動もマンネリ化することと思います。


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事