我輩は黒ラブのクロである。

東京の個人タクシー生活 一家で暮らす。子犬の時から変わらぬ瞳の黒ラブのクロ! ラブラドール レトリーバー

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

まさお君 ジュニア 

イメージ 4

まさお君 ジュニア


先日、長男の所属する野球チームが練習するグランドにクロを連れて行ってきました。
いつものように外野側の場外へ向かいます。
私は場外からの眺めがベンチ裏やバックネット裏から見る眺めより気にいっております。
なんと言うか客観的に見れる。あと、指導者と選手のやり取りが聞こえない所が想像力を掻き立てられて楽しいのです。
そんな場外を歩いてましたらラブラドール2頭を連れられた方と遭遇。
イメージ 1

愛犬家同士なので話が弾みます。
イメージ 2

会話が進むと驚きました。連れられてるイエローラブ君。ポチタマと言うテレビ番組で有名になったあの
「故 まさお君」の子供 だと判明! で、一緒に居た黒ラブちゃんがまさお君ジュニアのお母さん。
イメージ 3

         ↑サイズはらぶりーちゃん位

世間は狭いと実感


「いや〜。まさお君のDNAを引き継ぐラブちゃんと会えて光栄です〜。」

と、写真を撮らせて頂ける事になり、バックからカメラを出すと、怪しいデジイチに目を奪われてる感じでしたので、
「私はここのチームのホームページ管理人で決して怪しい者では…」と
説明を終える前に

「え〜。私はこちらのチームのホームページはよく見てますよ」
との事で改めて世間は狭いと驚きました。


「失礼ですが、部員の保護者の方ですか?」と捨て身の質問をした所。

「いえ、ウチは女の子ですから…。こちらのチームはしっかり野球ができてるから
ちょくちょくここから眺めてるんですよ。」との事でした。

さらに

「チームの三年生は進学先が決まりだしましたか?」の問いに


「昨日、2名程日大二校に決ったと聞きました」

「え、ウチも日大二校に決まりました」との事。

つまり、チームの二人とその女の子はクラスメイトになる可能性がある訳ですが、
お互いは知らない。

しかし私は双方の親を知っている…。

う〜ん。世間は狭い?

開く コメント(15)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事