全体表示

[ リスト ]

黒豆と言えば「丹波地方」。

「丹波地方」とは、兵庫県東部から京都府北西部にまたがる山間地域の総称で、
現在の地名で言うと、
【兵庫県】篠山市、丹波市
【京都府】船井郡京丹波町、福知山市、南丹市
辺りになるとされています。
(研究されている方によっては、解釈が若干異なります。)


ところで、「丹波」とはどのような意味があるのでしょうか?

「丹波」という文字が入る地名はたくさんあります。
しかし、日本全国津々浦々に存在するのではなく、
前述した地域以外には、

島根県、奈良県、愛知県、福島県、
宮城県、山形県、岩手県、秋田県、青森県

に存在するのみです。
東北地方に多く見られるのが興味深いですね。


さて、「丹波地方」について「丹波」の由来ですが、
米を多く作っていたため「田庭」と呼ばれていたことから由来しているようです。

「丹」という文字には「赤い」という意味があり、
丹波地方で作られていた米が赤米だったので、
「赤米がたわわに実って風にそよぐ様が赤い波のように見える」
ということから、「田庭」が「丹波」になったという説があります。


丹波地方は昔から実りの多い土地だったのです。
丹波地方が、黒豆だけでなく栗や松茸、山の芋など
美味しい食材の宝庫なのも納得できますね。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事