全体表示

[ リスト ]

黒豆のチカラ

「黒豆は体にいい」としばしば言われます。

何がいいのでしょうか?

以前にも黒豆の栄養素で「アントシアニン」「イソフラボン」の
ご紹介をさせて頂きました。
抗酸化作用があったり、更年期障害の予防に役立つといわれる物質が
黒豆には含まれている、というお話です。


今回は基本に戻って、「大豆」の栄養素について考えてみたいと
思います。

大豆は誰もが知っている通り、
良質な植物性たんぱく質が豊富で、「畑の肉」と呼ばれています。

京都学園大学バイオ環境学部准教授で理学博士の
矢野善久先生にお話を伺ったところ、

多くの植物の場合、植物性たんぱく質が含まれていても、
20種類のアミノ酸のバランスが悪いことがほとんどで、
すべてのアミノ酸がバランス良く含まれているのは、
大豆だけだということです。


しかし、何故アミノ酸は「バランス」が大事なのでしょうか?


この事について、病院で患者の方に栄養指導をされている、
管理栄養士の大林博美さんはこうおっしゃっています。

たんぱく質には20種類のアミノ酸からできており、
そのうち10種類については(調べてみると9種類とか8種類と言う方も)
「必須アミノ酸」と呼ばれ、食物から摂取しなければなりません。

必須アミノ酸は、10種類(9種類?8種類?)の
それぞれの「量」が重要なのではなく、「バランス」が重要なのです。

なぜなら、必須アミノ酸は全てが揃って初めてたんぱく質を合成でき、
どれか一つでも欠けると、それ以上合成ができないのです。

つまり、どれか一つが突出して多くても、
他のアミノ酸が少なかったら、結局合成されるたんぱく質は
少ないのです。


なるほど、だからアミノ酸は「バランス」が大事なのですね。


そのアミノ酸のバランスによって算出された数値が、
「アミノ酸スコア」です。
肉は卵などの動物性の食物は、アミノ酸スコアが100
のものが多くあるのですが、
先の矢野先生がおっしゃったように、
植物性のたんぱく質では、大豆のアミノ酸スコアは
なんと100なのだそうです!!

その上、大豆は良質なたんぱく質を含むのに、
肉や卵に比べカロリーが低いので、
肥満の方が、しっかりとたんぱく質を摂りながら、
減量するにはもってこいの食品なのです!!


大豆って、素晴らしい食材なのですね。

しかし!!もっと素晴らしい食材がここにあります!!
それは、言わずもがな。我らが「黒豆」です!!

なぜなら、大豆の栄養素に、冒頭にお話した「アントシアニン」
が含まれているのですから。
実は大豆よりもスゴイ食材なのです。
これが「黒豆のチカラ」です。

閉じる コメント(2)

顔アイコン

昨夜、自分で煮た黒豆を食べたら、貧血でばったり倒れました。
私は、低血圧気味なんですが、そのせいでしょうか??
昨夜は何が原因かわからなかったのですが、今日の昼黒豆を食べたらやっぱり具合悪くなったので、黒豆のせいかな〜と思いました。

2007/9/1(土) 午後 5:23 [ ban*01*1*10 ]

顔アイコン

初めまして、「こんな記事もあります」から来ました。
黒豆のチカラってすごいですね。。

2007/10/16(火) 午後 7:35 楓っち


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事