黒豆畑レポート

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

イメージ 1

いま、丹波篠山ではセルトレイで育てた黒豆の苗を
畑に植え替えている時期です。


ところが、昨日知り合いの農家の方に「種蒔き」体験をさせて頂く
機会を設けて頂きました。

この農家さん、去年はとても良い苗が育ち、
12月にも良い黒豆がたくさん収穫できたので喜んでいたのです。

しかし、今年も去年と同じように苗作りをしたのですが、
どういうわけかうまく育たなかったそうです。

そこで、通常よりも約一週間遅れですが、
もう一度チャレンジしてみるとのことで、
その種蒔きに参加させて頂くことになりました。


黒豆の「おへそ」の部分を下に向けて・・・。
頭では分かっているのですが、慣れないとナカナカ難しいです。

コロンと横を向いたりして、やり直し・・・。

ちゃんと下を向いているか不安になって持ち上げてみたら、
実はちゃんと下を向いていて、杞憂だった・・・。

そんなこんなで種を蒔いていると、少し肩が凝りました。
ずいぶん構えて種蒔きをしていたんでしょうね。


種蒔きもなんとか完了し、さあ土をかぶせて・・・と思ったら、
ちょっと変わった事をしていました。

今回うまく芽が出なかった反省から、
覆土として土の代わりに、米のもみ殻をかぶせているのです!!

これで黒豆の芽が出やすいように「布団」をかぶせて、
温度が下がらないようにするそうです。


よくよくお話を伺うと、
黒豆の栽培方法は、ある程度セオリーのようなものがあるのですが、
毎年気候や土壌の条件が違う為、
実は毎年すこしずつ工夫を凝らして、やり方を変えているそうです。

このもみ殻をかぶせるのも、今年うまく芽が出た他の農家さんから聞いたそうで、
農家さんそれぞれが、より良い黒豆を育てる為に、
今まで得た知識や経験、知恵を活かして様々な方法を行なっているそうです。


この農家さんのお話が印象的でした。

「畑だとか田んぼだとか、人間が作り上げたもののように言いますが、
 やっぱり大地と気候が作物を育てているので、
 人間はもっと謙虚になり、自然に逆らわずに、順応していくように
 工夫していかなければなりません。」


次はこの種が芽を出したら、畑へ植え替えます。
どんな芽が出て成長するのか今から楽しみです。

黒豆から芽が出た!!

イメージ 1

前回、黒豆の種蒔きについてお伝えしましたが、
篠山の黒豆畑では、早速芽が出てきました!!

種を蒔いて2〜3日後に雨が降ると、
しっかりと芽が出て、良い黒豆が育つそうです。

土からひょっこり顔を出した芽がすでに5cmほどまで伸びており、
まぶしい緑の新芽が日に日に大きくなっていっています。

よ〜く見てみると、黒豆の皮をかぶったまま大きくなっている芽も!!
邪魔じゃないんでしょうかね〜。


そこで注意しなければいけない点が!!

それは、写真の黒豆の種の蒔き方です。
前回の話では、種の蒔き方は

「直接畑に45cm間隔で蒔く」

「セルトレイに蒔いて苗を植え替える」

の二種類だとお話しました。しかし!!
この蒔き方は、畑に密集させて蒔いています。

これは、セルトレイの代わりに別の畑に種を蒔いて、
芽が出て苗を作ってから、本来の畑に植え替えるという方法です。
「直接」と「セルトレイ」の中間みたいな方法ですね。

この畑の農家さんにお話を伺うと、

「昔ながらのやり方なんじゃ〜」

とのことです。

丹波篠山では、いよいよ黒豆の栽培が始まりました。
今年は「黒豆の伝道師」が黒豆についてお伝え致します。


黒豆畑は畝(うね)ができあがり、種蒔きが行なわれています。
種は「おへそ」のような黒豆の小さな白い部分を下に向けて蒔いて、
その上に黒豆の大きさほどの厚み(1cm前後)の土をかぶせます。
種を蒔いて2日後に雨が降ると良い黒豆が育つのです。


種蒔きには2つの方法があります。

1つは、畑に直接種を蒔く方法。
畝立てした畑に45cm〜50cm間隔で、機械で蒔きます。

これなら高齢化しつつある農家の方でも楽に種蒔きができるのですが、
機械で蒔くため、「おへそ」が下を向くのか分からないのです!!
上を向いてしまっては、せっかく蒔いた種が発芽しにくくなります。
う〜ん、どうしよう・・・。

そこで、種は二粒ずつ蒔くことで、どちらかが下を向くようにすることで
発芽する確立を上げることもあります。
これなら等間隔で芽が出て、黒豆がぐんぐん育ちますね。


もう一つは、セルトレイに蒔いて発芽させ苗を作り、
苗を畑に植え替える方法です。

これは直接蒔く方法とは逆で、
一粒ずつ手でセルトレイに蒔くので、確実に「おへそ」が下を向くのですが、
お年を召された農家さんにはキツ〜い作業です。

一粒一粒手で蒔くので手間がかかる上に、
芽が出れば重たいセルトレイを持って畑まで行き、
一つ一つ苗を畑に植え替えるのです。


どちらの方法も一長一短なのですね。
いまはセルトレイに蒔く方法が多いようです。
農家の方の手間隙があってこそ、黒豆は良いものができるのですね。

黒豆はこれから11月の収穫まで、台風や害虫と戦いながら大きく育ちます。
私達も我が子のように見守っていきます!!
黒豆の成長ぶりを、どうぞお楽しみに!!

年末の収穫にむけて

冷たい風が日常になった11月、暑かった夏を遠くに思い出しながら、私達の農園では収穫に向けての気持ちが高まってまいりました。

暑い中っけたサヤの中は、畑のまわりの山々と同じように赤く秋色に染まって行きます。

皆様がよくご存知の黒豆の姿になる前、実は赤くなって成熟度を増してゆくのです・・・・・・・・

この後は、凍るように冷たい風との戦い。
夏の日射しとは違った厳しい作業が冬にもあります。

しかし、全てはあのまるまるとした黒豆のため・・・・・

昨年の収穫の喜びを思い出しながら、農園一同ラストスパート頑張ります!!!

開く トラックバック(3)

花が咲き始めました

黒豆畑に出て、日々確認するのは、大きくアオアオとした葉や茎の成長でしたが、今月に入って確認するものが増えました!!!

・・・そう! 黒豆達が花をつけはじめています。 

大きな大きな葉に似合わないような、可憐な可憐な花をつけるんですよ。

虫メガネでよく見たくなるような小さいお花。

こんな小さな花達がいずれ実を結び、年末に大きな黒豆になるとは・・・それがウソのような花なんです。

暑さでやられそうなこの9月、夏にラストスパートをかけられるのもこの花たちのおかげ。

元気づけられて農園一同頑張っています!!

開く トラックバック(9)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事