ここから本文です
freshmilk*
短足ワンとニャンの日々

書庫フレッシュミルク

すべて表示




フレッシュとミルクは同じ8月生まれの1歳違い。



なので亡くなる時も1年ぐらい違うのかな?と思っていました。



イメージ 3




でも、フレッシュが旅立ってから



4ヶ月後の3月20日



同じように天国に行ってしまいました。






フレッシュが大好きなミルクだったから



離れたくなかったのかな…




イメージ 4





2ワン一緒に寝ていると



フレッシュが寝返りをするたび



ミルクが押しつぶされるようになるので



一緒に眠ることはなかったけど



フレッシュが最後の日には



初めて添い寝をしていました。



ミルクなりに別れを感じていたみたい



「もうすぐ僕も行くから待っていてね」とでも言っていたかな…







その日は、フレッシュと同じようにご飯を食べなくなって



好きだったものを口に入れても吐き出して



一切食べることなく



少しのミルクを注水器で飲ませる状態が続きました。



そして4日後



フレッシュが待つ天国へと旅立ってしまいました。



フレッシュの次に大好きな主人に抱っこされていたのに



最後は「ワンワン!」と言葉にならない声で動き出したので



私が抱っこしました。



そしてフレッシュの時と同じように



大きく息を吸い眠るように亡くなっていきました。






イメージ 1






イメージ 2





ミルクの毎日を見ていて


「8月の誕生日までは無理かも?」と



家族にはそう話していましたが



まさかこんなに早く別れがくるなんて…



フレッシュが亡くなったことが



やっと心で理解出来る様になったのに



ミルクとも別れることになるなんて…



フレッシュは私のすべてだたけど



ミルクも同じでした。



イメージ 5





イメージ 6





小さい体でいつもフレッシュといっしょに散歩。



抱っこも言わずとっても楽しそうでした。




イメージ 7



とっても大切な家族との別れは


言葉に出ないほど寂しく辛かったです。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事