*くろねこの映画日記*

映画Blogお休み中。Twitterは細々とやってます。アカデミー賞授賞式、楽しかったー❤️

全体表示

[ リスト ]

+宇宙人ポール+

イメージ 1
 
面白かった〜〜!「ショーン・オブ・ザ・デッド」のサイモンとニック主演&脚本だから、
間違いないとは思ってたんだけど、まさかまさかの満点超え(笑)
今年一番声をあげて笑った作品だったなあ。
 
宇宙人ポールと、オタク青年2人の痛快SFコメディ。
おバカムービー全開なんだけど、何気に良く出来た青春&友情のロードムービーで
私、結構泣いちゃった(笑)上半期ベストが霞むほど、ドストライクな作品でした。
 
解説: 『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』などで絶大な人気を誇る迷コンビ、サイモン・ペッグとニック・フロストが主演と脚本を務めたSFコメディー。陽気な宇宙人とオタクの青年2人が繰り広げる珍道中を、『未知との遭遇』『E.T.』など過去の傑作SFへのオマージュをちりばめて描く。宇宙人ポールの声を、『グリーン・ホーネット』のセス・ローゲンが担当するほか、『エイリアン』シリーズのシガーニー・ウィーヴァー、『E.T.』などのスティーヴン・スピルバーグ監督がカメオ出演しているのも見逃せない。
あらすじ: SFオタクのイギリス人青年、クライブ(ニック・フロスト)とグレアム(サイモン・ペッグ)は、念願だったコミックの祭典「コミコン」とアメリカ中西部のUFOスポットを巡る旅を楽しんでいた。その途中彼らは、ネバダ州の「エリア51」でポールと名乗る宇宙人と遭遇する。そしてポールを故郷に帰すため、悪戦苦闘の日々が始まり……。ヒッチハイクしてきたのは…なんとエイリアン!? 友情は星を超える〜
 
この二人の作品って、どうしてこんなに面白いんでしょう。
彼らが出て、仲良くダメダメオタクぶりを披露してくれるだけで、私はもう満足。
 
イメージ 2
「ショーン・オブ・ザ・デッド」と、「ホット・ファズ」も最高でしたよね!
今度はSFに挑戦ですが、いや〜大成功じゃないでしょうか〜〜!
 
二人が演じるのは、イギリスから来たSFオタク青年。
もうはまり役ですね(笑)二人の仲良しぶりも、きっとこのまんまなんじゃないかなあ〜。
楽しんで作っているのが、観客にも伝わってくる作品で、
それこそが二人の作品の一番の魅力だったりするんじゃないかなあと思います。
 
物語は、二人が、アメリカの「コミコン」と、「UFOスポットを巡る」という
超オタクな旅の途中、エリア51から逃げ出してきたポールと名乗る宇宙人に遭遇。
彼に頼まれて故郷の星に帰る手助けをする・・・というもの。
 
毎度ながらオマージュたっぷりの映画愛にトキメキ、彼らのオタク度に爆笑!会場も沸いてました!
しかも、「オマージュに気づけないと楽しめない」ということもなく、知っていればより楽しめるし、
知らなくても笑えると思います
  
イメージ 4
だって、意外と脚本も多面的でしっかりしているんですよね。
基本は「宇宙人と地球人の友情物語」ですが、「オタク青年達の成長物語」だったり、
「自分探しの物語」だったり、「追っ手から逃れる逃走劇」だったり。
「ラブストーリー要素」までおまけについてて、どの側面から観ても何気に丁寧に作られたストーリー。
 
オタクおバカ描写で爆笑を取りつつも、熱い青春映画さながらに感動させてくれます。
笑って、泣けるってのは良くあるけど、私笑いながら泣いてましたよ〜。
しかも、どこが泣き所か自分でも分らないままにボロボロに(笑)
こんな気分は久しぶり♪とにかくやられた〜〜。
 
オマージュについては、分らない部分も多々あったんだけど、
それを確認する楽しみをもらった感じ。
後から友達と語り合ったり、何度も観てにんまりしたい作品です。
 
そして、なんといってもポールが魅力的!
ETみたいな神秘的な宇宙人とは違い、英語ベラベラでかなりなれなれしく、友好的(笑)
 
60年間の軟禁アメリカ生活で、宇宙人の癖に、
イギリス人の彼らよりよっぽどアメリカ人らしいポール(笑)
 
SFオタクの二人の「宇宙人への憧れ」をことごとく打ち砕く、ポールの人間臭さが笑えます。
スケールの大きすぎるカルチャーショックに、爆笑でした。
声を担当したセス・ローゲンの声も、嫌味のない毒舌と適当な感じがぴったり。
 
イメージ 3
あとね、映像的にも素晴らしく、ポールも実写と完璧に融合。全然ちゃちくない!
UFO映像とか、地味にお金かかってますよね。
 
他のキャストもいい味だしてました!
政府機関からの追っ手(ジェイソン・ベイトマン、この人の雰囲気大好き!)に、
その子分的二人組みの捜査官。この二人組のオタクぶりも楽しいんですよね〜。
 
それから、成り行き上誘拐してしまった敬虔なクリスチャンのルース(クリスティン・ウィグ)と、
彼女を心配する過激な父親モーゼス(ジョン・キャロル・リンチ)。
「パパ!」と駆け寄るシーン爆笑でした。
 
そうそう、ある大物が二人もカメオ出演で、これには笑いましたね〜。
なるほど!、あのアイデアはポールのアドバイスからだったか(笑)
 
 
無理やりとってつければ、「自分と違うものを受け入れる勇気」や「自分の感性を信じる大切さ」
とかそんな肯定的なメッセージも受け取れるかも。
だけど、サイモンたちにはこんなメッセージ、とっても素敵なおまけでしかなさそう。
 
とにかく、自分の好きなものを好きなように作るんだ!って、
すごく楽しんで作ってる感じが最高でした!あ〜面白かった!
ずっと仲良く主演&脚本してね!楽しい作品をありがとう♪
 
 満点 星5つ。なんなら6つにしたいくらい!
 
〜おまけ〜
そうそう!この映画らしいおバカな企画が!!その名もなんと「宇宙人割引き」(笑)
宇宙人を連れて(笑)3人以上で来たら、お一人様1000円で観られちゃうんです♪
こんなことやってくれる映画館、ほんとに素敵!!
まだの方は、ぜひお友達を誘って宇宙人になってくださいね♪
 
あ〜オマージュ全部知りたいなあ〜。
 
 
原題: PAUL (2011/米/SF/コメディ)
監督:グレッグ・モットーラ
製作:ニラ・パーク
ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
製作総指揮:ライザ・チェイシン
デブラ・ヘイワード
ナターシャ・ワートン
ロバート・グラフ
脚本:サイモン・ペッグ
ニック・フロスト
撮影:ローレンス・シャー
プロダクションデ
ザイン:
ジェファーソン・セイジ
衣装デザイン:ナンシー・スタイナー
編集:クリス・ディケンズ
音楽:デヴィッド・アーノルド
字幕監修:町山智浩
出演:サイモン・ペッググレアム
ニック・フロストクライブ
ジェイソン・ベイトマンゾイル
クリステン・ウィグルース
ビル・ヘイダーハガード
ブライス・ダナータラ
ジョン・キャロル・リンチモーゼス
シガーニー・ウィーヴァービッグ・ガイ
ミア・ストールラード
ジェフリー・タンバー
デヴィッド・ハウス
ジェーン・リンチ
デヴィッド・ケックナー
ジェシー・プレモンス
声の出演:セス・ローゲンポール
 

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事