全体表示

[ リスト ]

2日目

朝4時に起き、即出発。
屋久杉自然館バス停から4:30発の縄文杉登山行きの始発のバスに乗るためだ。
そうなのだ。縄文杉にはバスでゆくのだ。
 
 
真っ暗の道をバイクで快走してると、道沿いには登山者が沢山立っていた。
ガイドの送迎バスを待っているのだ。おお〜テンションあがるぜ〜〜〜!!!
 
僕は前を走る2台の車について行った。車内灯がついて明らかに登山者が乗ってる。
間違いない。
 
登山道に入り、登り坂にかかると左手に既に沢山の登山者がタムロってた。
ここか?
2台の車はそこを通り過ぎ、まだ登る。
んんん?さては登山口までバスに乗らずに、行けるルートがあるのか?超ラッキー!!!
僕はついて行った。
 
早朝のまだ真っ暗な山は寒い!!!身体が震えてたまらない。
 
どんどん登って、どんどん寒くなって・・・やっと着いた。
相当登ったよ。しっかし、寒いぜ〜〜〜。
50人くらいいたかな?みんな重装備だ。みんなヘッドライトだ。
さて、地図看板を見ると・・・・・・・・・・・・・・。
 
 
 
 
やっちゃいました。
 
違う山に来てました。
 
念のために聞いてみると、案の定。
 
おおおおおお〜〜〜〜テンション下がる〜〜〜〜〜。
 
いま来たばかりの山道を下ります。
 
結局バス停から6:00のバスに乗った。
 
6:40分、荒川登山口着 女子トイレの行列が凄い。
って言うか、女子多い!!!しかもみんなオシャレ!!!
 
さて出発です。
イメージ 8
イメージ 9
 
イメージ 10イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12まぁ最初は軌道敷を延々歩きます。
ガイドさん雇ってるグループや
個人で頼んでグループ編成さてたチームやらで
渋滞します。僕は単独なので、スイスイと追い越して
行きました。
←シカも出てきます。
 
さて、軌道敷が終わると、山道です。
 
イメージ 13イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15イメージ 1
イメージ 2兎に角道なき道を登ります。
 
巨木や清流。
 
思いは太古に遡り、
 
太古・太古・大太鼓!!!
どんどん
 
イメージ 3
 
はい。
 
これ、縄文杉です。
 
 
はい?
 
何か?
 
ここまでに4時間
かかりました。
 
はい。
 
 
イメージ 4
 
 
ウィルソン株です。
 
切り株の中に突入できます。
 
中から見上げると、♡マーク。
 
さ、帰りましょう。
 
 
 
実は途中で今回知り合った方々と遭遇し、頑張って!とかお疲れ〜なんて挨拶を交わしました。
その中で、『ジーンズにライダースブーツで大丈夫?』なんて言われました。
そう言えばみんな速乾性の服だったり、トレッキングシューズだったり、ストックだったり、ナイスなんです。
でもいいんです。そんなのはいいんです。カッコじゃないんですからね。
 
だかしかし、ジーンズは汗で濡れ重いし動きにくいし、ブーツは底が固く、軌道敷の板の上を歩き続けて
もう足の裏が馬鹿になるし、大変でした。
でもいいんです。なんとかなるもんです。
 
結局帰りは3時間で登山口に戻りました。
合計7時間。大体10時間のコースらしいです。
 
イメージ 5
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
←出発前   ↑帰り道
 
 
 
 
帰りのバスの中で体力が尽きました。
バイクまでヨロヨロやって戻り、このままキャンプしたら死ぬな・・・と思いました。
だから帰ってすぐに安いホテル探してチェックイン。
イメージ 7
お風呂にお湯入れて死んだように浸かってました。
 
暫くすると生き返ったのでフロントさんに聞いた店に行き
ビールとおつまみ買って帰りました。
でも、疲れ果ててたら飲めない。
飲む気がしない。
そして、眠れない。
 
 
そしてそのままベッドの上でボーーーーーーーーっとしてました。
早く寝なきゃ・・・。
 
つづく。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事