全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

3日目

お風呂には10回くらい入りました。
 
翌朝です。8時出発です。
イメージ 1今日は島を一周します。
 
何のために?
 
いやいや、何のために?とかは
 
今回は・・・今回も・・・ありませんから。
 
意味はないのです。
意味を持たせないのです。
 
 
イメージ 3イメージ 4
イメージ 5イメージ 6
イメージ 7イメージ 8
 
3時間くらいかけて1周しました。
 
途中道が狭かったり、曲がりくねって大変でしたが、快適なライディングになりました。
 
港のそばにはお土産物屋さんがあったので、家族にお土産を買いました。
 
ああ〜そろそろフェリーの時間です。
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1時半発が遅れて2時発。
2等客室はほとんで横になってます。
僕も勿論ぐったりと横になり、持ってきた文庫本を読んでました。
 
今から4時間。
 
着くのは6時。
 
波が高くて船は大揺れでした。
 
それでも鹿児島に近づくとなんだか寂しい気持ちになります。
 
ああ〜終わっちゃう。
 
楽しい事のあとの変な感じです。
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
7時過ぎに着きました。
 
高速ブッ飛ばして9時過ぎに帰宅しました。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
帰ってから息子たちに写真見せたり、話をしたり、盛り上がりました。
変わった父ちゃんですが、家族は理解してくれてるようです。
お土産も喜んでくれたし、なんかいい気分です。
 
そして妻がおっしゃいました。
 
屋久島ってどこ?
なんしにいったと?
 
ベフ!!!

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

2日目

朝4時に起き、即出発。
屋久杉自然館バス停から4:30発の縄文杉登山行きの始発のバスに乗るためだ。
そうなのだ。縄文杉にはバスでゆくのだ。
 
 
真っ暗の道をバイクで快走してると、道沿いには登山者が沢山立っていた。
ガイドの送迎バスを待っているのだ。おお〜テンションあがるぜ〜〜〜!!!
 
僕は前を走る2台の車について行った。車内灯がついて明らかに登山者が乗ってる。
間違いない。
 
登山道に入り、登り坂にかかると左手に既に沢山の登山者がタムロってた。
ここか?
2台の車はそこを通り過ぎ、まだ登る。
んんん?さては登山口までバスに乗らずに、行けるルートがあるのか?超ラッキー!!!
僕はついて行った。
 
早朝のまだ真っ暗な山は寒い!!!身体が震えてたまらない。
 
どんどん登って、どんどん寒くなって・・・やっと着いた。
相当登ったよ。しっかし、寒いぜ〜〜〜。
50人くらいいたかな?みんな重装備だ。みんなヘッドライトだ。
さて、地図看板を見ると・・・・・・・・・・・・・・。
 
 
 
 
やっちゃいました。
 
違う山に来てました。
 
念のために聞いてみると、案の定。
 
おおおおおお〜〜〜〜テンション下がる〜〜〜〜〜。
 
いま来たばかりの山道を下ります。
 
結局バス停から6:00のバスに乗った。
 
6:40分、荒川登山口着 女子トイレの行列が凄い。
って言うか、女子多い!!!しかもみんなオシャレ!!!
 
さて出発です。
イメージ 8
イメージ 9
 
イメージ 10イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12まぁ最初は軌道敷を延々歩きます。
ガイドさん雇ってるグループや
個人で頼んでグループ編成さてたチームやらで
渋滞します。僕は単独なので、スイスイと追い越して
行きました。
←シカも出てきます。
 
さて、軌道敷が終わると、山道です。
 
イメージ 13イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15イメージ 1
イメージ 2兎に角道なき道を登ります。
 
巨木や清流。
 
思いは太古に遡り、
 
太古・太古・大太鼓!!!
どんどん
 
イメージ 3
 
はい。
 
これ、縄文杉です。
 
 
はい?
 
何か?
 
ここまでに4時間
かかりました。
 
はい。
 
 
イメージ 4
 
 
ウィルソン株です。
 
切り株の中に突入できます。
 
中から見上げると、♡マーク。
 
さ、帰りましょう。
 
 
 
実は途中で今回知り合った方々と遭遇し、頑張って!とかお疲れ〜なんて挨拶を交わしました。
その中で、『ジーンズにライダースブーツで大丈夫?』なんて言われました。
そう言えばみんな速乾性の服だったり、トレッキングシューズだったり、ストックだったり、ナイスなんです。
でもいいんです。そんなのはいいんです。カッコじゃないんですからね。
 
だかしかし、ジーンズは汗で濡れ重いし動きにくいし、ブーツは底が固く、軌道敷の板の上を歩き続けて
もう足の裏が馬鹿になるし、大変でした。
でもいいんです。なんとかなるもんです。
 
結局帰りは3時間で登山口に戻りました。
合計7時間。大体10時間のコースらしいです。
 
イメージ 5
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
←出発前   ↑帰り道
 
 
 
 
帰りのバスの中で体力が尽きました。
バイクまでヨロヨロやって戻り、このままキャンプしたら死ぬな・・・と思いました。
だから帰ってすぐに安いホテル探してチェックイン。
イメージ 7
お風呂にお湯入れて死んだように浸かってました。
 
暫くすると生き返ったのでフロントさんに聞いた店に行き
ビールとおつまみ買って帰りました。
でも、疲れ果ててたら飲めない。
飲む気がしない。
そして、眠れない。
 
 
そしてそのままベッドの上でボーーーーーーーーっとしてました。
早く寝なきゃ・・・。
 
つづく。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

1日目

久しぶりにリュックに寝袋とテントを突っ込んで、準備OK。
10月19日の朝5時に出発、鹿児島港南埠頭に7時半に着きました。
屋久島行きます。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やく4時間。やく島だけにね。
 
僕の胸の高鳴りがわかるだろうか?
今年の夏に屋久島に行きたい!と急に思いつき、でも全然行けなくて、
でもやっぱり行けて・・・ちょうど↑の写真くらいでは、足をカタカタ鳴らして周りから不審がられてました。
 
上陸後、キャンプ場に行きテント張ってすぐに出発!
目指すは白谷雲水峡
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10もののけ姫のデザインのもととなった場所。
流石に神秘的であり、心洗われました。
 
山には小さい谷がいくつもあって、水が湧きだし
それをゴクゴク飲んでました。
僕は胃が強いから、ガンガン飲めます。
 
野良シカや野良サルもいました。
全然人間を見てもビクっとしません。
共存してるんですね。
 
結構上まで登ったから、山から海が見えました。
 
すげ〜〜〜なぁ〜〜〜なんて独り言でした。
 
 
 
 
帰り道で温泉があったので入浴。
 
そしたら急にお腹がすいて、
そういや朝からフェリーの中でかけそばしか食べてない!
もう夕方なのに!!!
 
ビールとおつまみ買って、キャンプ場に戻りました。
 
 
 
キャンプ場につくと、若者たちが今から海に行くってんで
んじゃオイラも行くよ!ってなって。
 
そこにはダイバーたちもいて、僕はパンツで泳ぎ
ウミガメを見ました。
 
楽しくって仕方ありませんでした。
 
 
 
夜になると宴が始まり、僕はぬるくなった缶ビールを振る舞い、伊勢海老を釣ってきた子や、魚や、パスタや
なんやかんやみんなで提供しあい、自己紹介したり、旅の話ししたり、兎に角終わらない時間でした。
僕は46歳フロム熊本だって言うと『ギョエ〜〜〜〜』でした。
勿論、爆笑話しを沢山しました。
 
それでも10時には寝ました。明日も早起きです。時間が過ぎるのが早かったです。
 
つづく。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

キングと!!!

私はあるホテルに宿泊していました。
そこで激励会があり、盛り上がりました。
さぁ〜2次会に行くぞ〜〜〜なんてロビーに行ったら
キングJrが!!!
 
なぜここに!!!
 
私は英語がしゃべれるので、キングJrに話しかけました。
 
すると、『上の部屋でみんなで飲んでるから来ないか?』と。
 
なぜかJrは私を動画で撮り始めた。
 
部屋に行くとキングとそのファミリーがいて、
 
キングと興奮して話しました。
 
するとキングは下ネタ連発で、一同大爆笑で!!!
 
私も負けじとジョークを飛ばし、それをずっと動画で録られる始末。
 
一緒に恥ずかしいポーズの写真を録りましたが、それはトップシークレットとなりました。
多分、キングファンにどつきまわされます。
 
30分もいたでしょうか?
2次会に行くメンバーに捜索され強制退場。
 
翌朝の朝食会場でまたキングと一緒になり、ハングオーバーでブラックアウトだぜ!キング!!!
なんて話して、またね!
 
私のジーンズにJrのサイン、色紙にキングのサインを貰いました。
 
こんな体験できるなんて、サイコー!!!
イメージ 1

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

エリジウム

エリジウム=エリュシオン=幸福の島らしい
 
 『第9地区』が第82回アカデミー賞作品賞などにノミネートされた新鋭ニール・ブロムカンプ監督が、マット・デイモンを主演に迎えたSFアクション。22世紀、富裕層だけが居住を許されるスペースコロニー“エリジウム”を舞台に、虐げられた地球の住人の反撃をハードに描く。
2154年。スペースコロニー“エリジウム”で生活する富裕層はパーフェクトな居住空間で過ごす一方、荒廃した地球に暮らす貧困層はひどい搾取に苦しんでいた。エリジウム政府高官のローズ(ジョディ・フォスター)が地球の人間を消そうと動く中、地球で暮らすマックス(マット・デイモン)はエリジウムに潜入することを決意。残り5日しかない寿命を懸けて戦いに挑む。
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
第9地区は勿論見ました。面白かったです。
ブロムカンプ監督の描く近未来の世界観てのが、リアルそうで、そうならないで欲しい感じで、
まぁ〜そこが好きなんですね。
 
ストーリーも面白かったし、アクションも良かった。
第9地区の主演のシャールト・コプリーがまたしても良かった!悪かった!!!!悪役です。
 

イメージ 2

 
SFとか近未来モノはやっぱ怖いなぁ〜。
 
あんなんなっちゃうのかな〜。
 
いやだな〜。そうならないためにも、なんかしなきゃなぁ〜。
 
 

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事