ライヴライフ

[ リスト | 詳細 ]

拙者は、映画とギターとバイクが好きなんです。
記事検索
検索

凛やさんでLIVE

全身筋肉痛です。
 
イメージ 12012年12月21日、マヤ歴最終日
ザ☆スクランブルーズ
1stアルバム『スクランブル』
1,000枚完売ツアー第1ラウンドIN凛やさん
が行われました。
 
あいにくの天気で道路も大渋滞
 
5時過ぎには凛やさんに入り
中尾さんと打ち合わせでした。
3人ライヴは初めてだもんね。
 
イメージ 2そんな拙者を心配してか、
今日はクラッシュくんも車から飛び降りて
タンバリンを叩くんだ!と張り切っていました。
正確には、タンブリンじゃない?って聞くと
そういう事を言うと人間が小さくなるぜ!と言って
マラカスを投げつけられました。
 
さて、7:30開始の予定でしたが
お客さんが集まらず、ユッキーは唐揚げ食べだすし
もうちょっと待ってみようって事に・・・
 
 
イメージ 3
隣の控室で中尾さんと話しをしました。
 
紅白に出たいとか、ワールドツアーをしたいとか
それは、目標では無く、手段なのだ。
目標はもっと大きいとこにあるのだ。
夢はいつまでたってもそこにあるし、逃げやしない。
逃げ出すのはいつも自分の方さ。
 
お客さんが何名いようと、全力全開で行きましょう。
ここからがスタートですからね。
 
さ!行きましょう。
 
ドリフのオープニングをSAXユッキーが吹き、入場。
お客さんは3人です。
でも、こっちも3人です。3ON3の対決です。
 
アットホームな感じでスタートし、拍手や歓声やコール&レスポンスで盛り上がります。
10曲目の前にドドッとお客さんが入り、会場も熱気ムンムンになりました。
 
サックスのソロ曲をしたり、中尾さんも歌ったり、面白いライヴとなりました。
 
アンコールを頂き、盛り上がったまま、終了〜〜〜。
そして、CDやTシャツの販売をしました。
 
歌ったり踊ったりギターの弦を切ったりしながら、心地良い感動がありました。
お客さんが暖かいのです。
最後の最後まで、暖かい感じでした。
来年の12月にもやりたいです。
 
さて、第2ラウンドは1月です。よろしくロックンロール♪
 
本日のセットリスト
 
①ドリフオープニング
②スクランブルのテーマ
③毒蛇は急がない
④小さな声
⑤翼はいらない
⑥コール&レスポンス
⑦テキーラ改めリンーヤ
⑧クリスマス フォー ユー
⑨トモロヲソング
⑩レッツゴーソング
⑪さよならグッバイ
⑫みんなの凛や
⑬大丈夫大丈夫
    イメージ 4
                  なんか拙者のサインだけ違和感が・・・
 
 
急いで楽器を車に積み込んで帰宅します。
実は拙者宅で友人家族をお招きして大忘年会が繰り広げられています。
 
勿論、今日は二日酔いです。
うううううううう・・・・。

告知

 ザ☆スクランブルーズ
   1stアルバム『スクランブル』
 1,000枚完売ツアー
 第一ラウンドIN凛やさん
               イメージ 1
 
本日、午後7:30頃から、
水前寺にある『カフェ凛や』さんで、ライヴがあります。
今回は時間設定や、大気の湿度の関係で
3人編成のライヴとなります。
ギター・ボーカル 拙者
ドラムス うんばば中尾
サックス・ピアニカ・鳴り物・コーラス ユッキー
 
さて、今日は何の日?
そうです。マヤ歴最終日。
地球最後の日と言われ、映画にもなりました。
『2012』昨夜DVD見直しまして、んな馬鹿な!って。
そんな日に、熊日新聞に熱きROCK魂記事掲載。
新聞沙汰になっております。
んで、ライヴもします。
 
良かったら、ご家族でお越しください。
道がわからない人はお気軽に警察にお尋ね下さい。
 
それではよろしくロックンロール♪
 

クリスマスコンサート

昨日は甲佐町ってとこで、クリスマスコンサートでした。
 
 
イメージ 1
 
バンドでリズム隊長のめぐりんは
会場入りからサンタスタイルで、
堂々とZZトップのようでした。
 
 
このカッチョ良さ!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
30分の演奏時間が押しに押して10分。
3曲だけしました。
CDの宣伝30秒。一枚売れました。
 
帰りは、ジュースやコーヒーを飲みすぎてトイレ休憩ばかりで、暗くなってしまいました。
 
職場に戻り、楽器を積み替え、次の準備です。
 
OH忙しい、大忙しだ。
 
 

ライヴがはねたら

ツリーを中央に戻して、拙者等は打ち上げに行くのです。
座・和民で生ビールをグイグイと飲んだらもう酔っぱらってきた。
大好きな地鶏の炭火焼きが無く、小エビの唐揚げは売り切れで、ししゃもをもしゃもしゃ食べました。
 
店を出る頃はヨロヨロしてて、それでもハッピーな感じが街中に溢れてて
友だちのクラビクはまだ開いてなくて、違うBARで飲んで、そこで仲間と生き別れ
クラビクに戻って、バーボン飲んで、もう絶好調になって一人でプランプランとDAYSに行きました。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夢をひとつずつ叶えてゆく。
 
決して一人では出来ないのだけれど、幸運にも僕の周りには天使たちが飛び回っていた。

びぷれすライヴ

今年もやってしまいました。びぷれすライヴ!び・ぷ・れ・すです。とまさん。
AM7:00前、集合。7:00の開門をコーヒー飲みながら待ちます。
『今年もシクヨロです』なんて、セッティングチームと談笑です。
 
さて、まずは毎年皆さんが楽しみにしている建込み作業の紹介です。
イメージ 1
まずは、ステージの配置を決めます。
バックステージスペースも考え、客席のスペースも十分に。
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
拙者の仕事は『これでいいですか?』に対し
『ナイス!これでいきましょう』と言うだけです。
だって、信頼してる業者さんですからね。
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
OK!!!
 
 
出来ました。
 
 
あとは、
音響さんの
セッティングです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回は初めて長兄を連れて行きました。
もう高校生ですから、社会勉強も必要です。
朝から資材の運びだしとか、黙々とやってくれました。
 
9:30、司会のうんばばさん登場。
打ち合わせを行います。SAXユッキーも登場。CD&DVDの販売準備を始めます。
県の関係者も来て、控室の確認。これは長兄に任せました。
奴は出演者の案内係りに任命です。
 
10:30いよいよオープニングです。
午前の部の出演者が楽しそうに演奏とか、ダンスとかやってくれました。
みんなうまく廻ってます。
寒いので缶コーヒーの消費が激しいです。
休憩をはさみ、午後の部スタート。
 
今年の夏、ロンドンパラリンピック柔道60㌔級日本代表の平井さんです。
彼とは長兄を通じて友だちになり、出演依頼したら快く受けてくれました。
彼とうんばばさんのトークショー。
台本は渡してあったのですが、うんばばさんがより深く話を掘り下げてくれてとても良かったです。
準決で負けて3位決定戦へ。
相手はグルジアの選手・パワータイプ。
惜しくも敗れてメダルには届かなかった。
そんな彼は今、リオを目指しています。
拙者は感動していました。
 
長兄と打ち合わせしてたら『黒猫さん?』って微かに見覚えがあるご婦人が・・・
『あ〜誰だっけ?』  『私はたんぽぽ保育園の・・・』
『え〜〜〜マジっすか?』
拙者ファミが宇土で暮らしていた頃、長兄が1年通った保育園の先生でした。
『長兄ですよ』って紹介したとたん、ブワっと涙が溢れられました。
色々話しを聞くと、黒猫ファミの印象が強くて、丁度拙者が独立する頃で、思いは強かったらしい。
元気で楽しくやってる私とデカくなった長兄を見て、ホントに安心して嬉しいって。
拙者も嬉しいですよ。
たった1年しか行ってない保育園の先生の記憶に残る黒猫一家なんですね。ハハハ。
 
沢山の出演者が、この日を楽しみにやってきてくれます。
顔なじみさんや初出演者。
誰もが輝いています。
 
そろそろザ☆スクランブルーズの出演です。
イメージ 6
 
うんばばさんもバックステージでドラムスのセッティングの確認です。
 
この場所は基本ドラム駄目だって。
だから、バスドラ抜きのスタンディングスタイル。
 
 
 
イメージ 7
煽りから入って
①スクランブルのテーマ
②毒蛇は急がない
③小さな声
④コール&レスポンス
⑤レッツゴーソング
⑥さよならグッバイ
アンコール
⑦大丈夫大丈夫
でした。
 
 
拙者は客席をよく見渡すのですが、アニキを発見。アニキと言ってもあのアニキではなくリアルアニキです。
フライヤーをお願いしてるデザイナーのブラキチさん、凛やさんの仲間たち、ありがたや〜。
 
終わったあと、アニキと話しました。
『横断歩道の向こうにいたら、凄い叫び声がしたのでなんじゃ?と思ってたらお前(黒猫)の声もするし
 見に来たのさ』だって。凄い叫び声って何・・・・あ〜〜〜彼女ね!カッチョイイでしょ?
長兄のデカさに驚き、正月に腕相撲の勝負だ!なんて言ったあと、あ〜俺は肩の手術だ!靭帯切れてるって。
なんで?って聞くと、トレーニングで綱登りしてたら切れたって。
空手バカ一代を地でゆくアニキです。
 
特に問題も無く進行していたはずでしたが、20分空きが出来てしまった。
ここは責任感という悪魔の指令により、ギター1本担いでステージへ。
2曲歌って、地獄から生還しました。
バンド慣れしてしまって、一人で歌う心細さに泣きそうでした。
 
なんとかエンディングを迎えられ、うんばばさんの心温まる話しで終わりました。
 
疲れました。疲れ果てました。
 
撤収が始まり、拙者も楽器を運び、長兄は明日から修学旅行なので適当に帰宅させ、
いよいよ最後の儀式、クリスマスツリーを中央に移動!
イメージ 8
 
 
     皆さん、お疲れさまでした〜。
     また来年お会いしましょう!!!

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事