くろねこのくろ

ペットの猫、花、動物愛護の記事が中心のブログです。

全体表示

[ リスト ]

『【署名】移動動物園「堀井動物園」の第一種動物取扱業の登録取消しを求めます。』

めー子のブログ



【以下、転載】



PEACEさんより
2019年3月17日
堀井動物園園長動物愛護法違反裁判、控訴審は4月25日。業登録取消しの署名も開始しました!
堀井動物園園長の特定動物の無許可飼育(動物愛護法違反)裁判、控訴審が始まります。一審では罰金30万円の有罪判決でした。
平日ですが、傍聴可能な方、ぜひよろしくお願いします! 場所は大阪高裁に移ります。
堀井動物園園長動物愛護法違反裁判 控訴審
日時:2019年4月25日(木) 午後1:30〜
場所:大阪高等裁判所1003号法廷
事件番号:平成31年(う)第154号
大阪高裁の地図・行き方はこちら
傍聴の手引きのページはこちら
まとめページから経過をたどれるようにしてあります。ご参考ください。
 
image
 
 
 
※署名は、自筆署名によるものも集めています。できる限り、署名用紙の郵送でご協力ください。
 
要望事項
 不適正飼養が長年続いている守山市の移動動物園「堀井動物園」の第一種動物取扱業の登録取消しを求めます。そのために以下の手順を踏み、動物数を減らしていく措置をとってください。
●動物を新たに入手しないよう勧告・命令を出し、飼養動物数の正確なモニタリングをしてください。
●農地法違反・農振法(農業振興地域の整備に関する法律)違反による占拠が続く野洲市の第二飼育場については、動物を手放すよう勧告・命令を速やかに出し、業登録の取消しを先行させてください。
●守山市岡町の飼育場についても、同様に動物を順次手放させ、業の取消しを行ってください。
 
理由
堀井動物園の2カ所の飼育場の劣悪飼育については、県の動物保護管理センターによる指導が長年繰り返されていますが、適正レベルへの改善に至りません。
同園は、十分な広さや設備を確保せず、不衛生な管理をしているばかりか、動物ごとのニーズを満たそうとしない考えのまま多種多様な動物を入手し続けており、第一種動物取扱業者が遵守すべき基準(「構造及び規模が取り扱う動物の種類及び数にかんがみ著しく不適切なものでないこと」等の条件)や細目、展示動物の飼養保管基準等の定めを満たしていないことは明らかです。
守山市岡町の飼育場について(倉庫の面積は25mプールくらい、2階建て)
http://animals-peace.net/zoos_and_aquariums/horii-zoo/horiizoo-okamachi.html
野洲市吉川の飼育場について(面積は50mプールくらい、キリンなど大型動物も)
http://animals-peace.net/law/title-to-land.html
※この2カ所に800種1000匹を飼育。
特に、死亡が続く状況については、動物愛護法第44条第2項に抵触するおそれがあります。脱走や悪臭、火災等、様々な問題も起きてきました。

野洲市吉川の飼育場前で白骨化した頭部を見つけたときの状況:
http://animals-peace.net/zoo/fureai/spa-horiizoo.html
これまで繰り返してきた動物の脱走:
  • 2017年 めっちゃさわれる動物園からショッピングモール内へサソリが脱走
  • 2017年 野洲市の飼育場からヤマアラシが脱走
  • 2013年 守山市の飼育場からヤマアラシ3匹が脱走
  • 2010年 守山市の飼育場からカンガルーが脱走
  • 2007年 長岡市の北陸道上り線で肺魚を落下させた
  • 2001年 伊吹町の幼稚園で移動動物園中にラバ1頭脱走
  • その他過去にも、ラクダの交通事故、カバの脱走騒ぎ、ラマ脱走など
また、同園園長は特定動物の無許可飼育により動物愛護法違反裁判で一審有罪となり、現在控訴中です。有罪が確定すれば、貴県以外の自治体においても移動動物園の新規業登録は2年間できなくなり、現在の登録についても取消要件を満たします。
堀井動物園のここ数年の主な特定動物関連の法律違反:
  • 平成26年4月 ミシシッピアリゲーターの輸送時に通過自治体に無届け
  • 平成27年2月 ニホンザルの無許可飼育
  • 平成27年4月 ボアコンストリクターの輸送時に通過自治体に無届け
  • 平成27年9月 アビシニアコロブスとハクトウワシの無許可飼育
  • 平成28年11月 キリンの輸送時に一部の通過自治体に無届け
  • 平成30年4月 ミシシッピアリゲーターの輸送時・県外での展示時に無許可檻使用
動物愛護法違反裁判の経過について:
http://animals-peace.net/zoos_and_aquariums/horii-zoo/horiizoo-trial.html
また、野洲市吉川の第二飼育場については、農地法等違反のため土地の権原を有しておらず、現在でも業登録の要件を満たしていません。
このような事業者の営業を許していては、全国自治体の動物愛護行政や動物取扱業者に示しがつかないばかりか、一般社会に誤った動物の飼い方・扱い方を広めてしまいます。
どうか長年懸案の問題に終止符を打ってください。

さらに堀井動物園の問題について詳しく知るには、こちらのページもご参照ください:
http://animals-peace.net/zoos_and_aquariums/horii-zoo.html
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事