シズオカAR96/JR2GUI

静岡県浜松市でライセンスフリー無線、アマチュア無線を楽しんでます。お気軽にコメントください☆

全体表示

[ リスト ]

マトモな人なら手を出さないであろう3倍テレコンがヤフオクに300円で出品されており、どんな世界が見えるんだろうという興味からポチッとしてしまいました。カニ爪付きというもはや骨董品レベルの古いものだと思いますが、レンズにはカビや曇りもなくとても良好なコンディション。

イメージ 1



また同じころ、レフレックスレンズなるものを知りました。シュミットカセグレン式望遠鏡のようにミラーで反射させて折り返す光路を持つレンズで、
 ・焦点距離の割に鏡筒が短い
 ・絞りは固定
 ・構造上AF化が難しいらしくほとんどMFのみ
 ・ボケがドーナツ状になる
といった特徴があるようです。500mmや600mmならヤフオクで1万円以下で落札されており、AFレンズを買うよりだいぶ安い(ただしNikkor1000mmだけは3万円超えとメチャ高)。現在手持ちのレンズはキットレンズの300mmが最長なので、600mmと3倍テレコンとを組み合わせたら全く違う世界が見えそうだ。ひょっとしたら土星の輪が撮れるかも?ということでSIGMAの600mmをポチッと。月曜終了が幸いして他に入札者がおらず6800円でした。

イメージ 2
SIGMA MIRRO-TELEPHOTO MULTI-CORTED 1:8 f=600mm
コンパクトなボディのD5500と組み合わせると鏡筒の太さが際立ちます。



そして入手後すぐに土星撮影のチャンスが!

イメージ 3



お分かりいただけただろうか?



イメージ 4
SS1/200 ISO25600 MF(トリミング)

かなーり小さいし像も粗いですが、一応輪があるのは確認できました。なにしろ600mm×3倍テレコン×APS-Cなので1.5倍=フルサイズ換算で2700mm相当という焦点距離にも関わらず赤道儀なしの固定撮影なので、ピントを合わせている間にファインダーから逃げていくほど(笑。でもメチャ暗いのでシャッタースピードはなるべく遅くしたいというジレンマ。

※レンズ自体はF8固定、2倍テレコンだと2段暗くなるらしいですが3倍テレコンだと3段?だとするとF22相当ということになります(^^;


イメージ 5

木星も撮ってみました。衛星は4つとも確認できましたが・・・それなりにしっかりしたSLIKの三脚に取り付け、レリーズも使いミラーアップ撮影したのですが、それでもブレて木星が三角形になってます(^^; なにかしら対策を取らないとなぁ。レンズサポート作ってみようかな。



閉じる コメント(11)

顔アイコン

はい、手を出しません!(笑)と言うより、
3倍のテレコンがあるなど、思いもしませんでした。
さすがは時々色物も出してしまうKenkoですね〜!(笑)

しかし、土星の映像は驚きました。すごいと思います。
レフレックス600/F8ならば、1800个F22ラプター程度!
土星どころか撮影そのものが無理ではないかと思いました。
良くても、ブレなのか輪なのか判別が難しい程度だろうと!
ところが、写真は明確に土星でして、よく止まりましたね!

・・・レフレックス600个6800円ですか〜、安い!
自分も探そうかな!自分の場合PENTAX-Kマウントなのですが
フィルム時代はCanonで、FDマウントを使っていたため、
PENTAXでもCanon-FDが使えるよう、中古の2Xテレコンの
マウント部を改造しています。Kenkoの単眼鏡を改造した時に
使ったのがそれです。

2019/4/23(火) 午後 11:59 [ さが B-28 / Sagabee(さがび〜) ]

顔アイコン

凄い!赤道儀なしで良く撮れましたね。
像は一般的な望遠鏡で見た感じと同じですね。

2019/4/24(水) 午前 0:00 [ よこはまUQ3 / JN1OQU ]

顔アイコン

さがB28局さん
ただでさえ暗いレンズに3倍テレコンですから、SS稼ぐため初めてISO25600まで上げました(笑。ものすごい勢いで動いていきますし、そもそも視野が激狭なので導入するのでさえ至難の業でした(^^; モニターで見ているともっと鮮明だったんですが、ブレのせいかボケた像になってしまいました。このへんは要改善ですね!

マウント改造でCanonのレンズも使えるのであれば選択肢が広がっていいですね。残念ながらNikonはフランジバックが長いのでアダプターで他社レンズを、ということができないようです。しばらくヤフオクパトロールしていたところミノルタのレフレックスレンズは比較的高値で落札されているようでした。互換性が高いのかもしれませんね。

2019/4/24(水) 午前 0:45 シズオカAR96

顔アイコン

よこはまUQ3局さん
そうですね、望遠鏡で見た像のイメージに近いかもしれません。
ISO感度上げまくりでシャッタースピード稼いでいますのでノイズだらけです(^^; 赤道儀が欲しいですね。実はステッピングモータとウォームギアを準備していたりして・・・( ̄∇ ̄) 上手くいくか分かりませんが作ってみようかなと思っています。

2019/4/24(水) 午前 0:50 シズオカAR96

顔アイコン

木星の写真載せ忘れていましたので追加しました。
ちなみに土星も木星もトリミングのみで加工は一切無し、JPEG撮って出しです。

2019/4/24(水) 午前 0:56 シズオカAR96

顔アイコン

木星と衛星のスケール感に驚きました。
三角っぽいのは、画面の中心から離れているのならコマ収差かも知れません。
でも凄い!2007年、ホームズ彗星のアウトバーストの撮影を思い出しました。

NikonもですがPENTAXもフランジバックが長いです。逆にCanon FDが短い。
なので、実はテレコン自体を6个曚廟效任靴督汗阿靴討い泙后
フランジバックの長さを相殺する補正レンズ入りのマウントコンバータも
多数あります(ただし、当たり外れが多いようです)。
ミノルタと言えば、昔、Minolta CLEが中古なのに定価より40k円も高くて、
・・でも、買いましたが!w

2019/4/24(水) 午前 4:30 [ さが B-28 / Sagabee(さがび〜) ]

顔アイコン

土星の環写ってますねぇ^^

カメラブレ対策はなかなか難しいです。
ミラーアップしてもシャッターの開閉でぶれてしまったりするしね。
筒先スリット露光なんてどうかしら?
シャッターをバルブか数秒にしておいて、露光中にレンズの前でスリットを開けたボール紙などをサッと動かすのね。
スリット幅と動かす速度でシャッター速度が変えられます^^
周りが明るい時は使えませんけど夜なら大丈夫だわ。
レンズ側は黒く塗っておくと好いかしら。

2019/4/25(木) 午前 0:47 [ クリちゃん ]

顔アイコン

さがB28局さん
真ん中あたりで撮ったのと、ライブビューでは丸く見えていたのでやはりシャッターブレかと(^^; ベランダからの撮影なのでそもそも床が揺れているのもあるかもしれません。

テレコン切断ですか!だいぶ苦労してレンズ流用されているんですね。補正レンズ入りのマウントコンバータ見つけてポチりかけましたが、やめて正解だったかもしれませんね(^^;

2019/4/25(木) 午後 7:43 シズオカAR96

顔アイコン

クリちゃんさん
筒先スリット露光、初めて知りました!これは目から鱗です!早速次の撮影で試してみます。ちょうど黒い画用紙がありますのでこれでなんとかなるかと。赤道儀無しのためシャッタースピード1/200くらいでないと星が止まらなかったので、それだけ高速で動かせるかが勝負ですね(^^)良い情報ありがとうございます!

2019/4/25(木) 午後 7:46 シズオカAR96

顔アイコン

わあ、木星の衛星も映るんですね。凄い!凄い!

惑星は赤道儀だけじゃあ撮影は難しいですよね。
ステッピングモータとウォームギアもですか。流石です。

2019/4/27(土) 午前 0:59 [ よこはまUQ3 / JN1OQU ]

よこはまUQ3局さん
土星の環とか木星の衛星とか、見えた!っていう達成度が分かりやすくていいですね(^^) 木星本体の縞々はまだ見れていないので次の目標です!

言葉足らずですみません、ステッピングモーターとウォームギアで赤道儀作ってみようと思ってまして。惑星撮るには相当な追尾精度と剛性が必要になるので自作だと厳しそうですが・・・惑星は無理でも天の川くらい撮れたらいいかなと(^^;

2019/4/28(日) 午後 11:47 シズオカAR96


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事