全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

1/8 ラッセルの迷い沢山スキー
迷い沢の国道に到着したのは夜の7時、コースアウトとラッセルに思いのほか時間が掛かりました。

クリックすると拡大表示します

同行した「かず」さんのレポート



天気予報では箕輪山周辺は曇りで時々雪がパラツク程度とのことで、そんなに良い天気ではなさそうだった。  天気が悪ければゲレンデスキーをしようと思ったが、良ければ、鉄山迷い沢こコースの山スキーもありかなと、両方の準備をして8:00に郡山の自宅を出発した。猪苗代方面に向かうと、安達太良山がよく見える。

 
箕輪スキー場の駐車場に着くと、空は青空だし、箕輪山も吾妻連峰も綺麗に見える。 即、迷い沢コースの山スキーに決定。 インフォーメションセンターに登山届を提出して出発。鉄山避難小屋についた時点でも空は青空で見通しも良く、今日はめっけ物の冬の晴れ間だと喜んだ。


避難小屋で一緒になった日大山岳部OBの3人も同じく迷い沢コースに向かうと一足早く出て行った。 その後に[山で会えたらさん]のコメントでおなじみの千葉の「かず」さんが単独行で小屋に入って来た。 かずさんの話では、外は濃霧で風も強くなり、小屋にたどり着くまでが大変だったとのことで、外を見てみると、先ほどとは打って変わって強風濃霧で視界がほとんどない天気に急変していた。



かずさんは箕輪スキー場に戻るか迷い沢に行くかどうか迷っていたが、私が迷い沢にお誘いして一緒に迷い沢コースに行くことにした.。
  


小屋の外に出て出発の準備をしていると、先ほど出発していった日大山岳部OBの3人が小屋に戻ってきた。  ガスが酷いのでスキー場に戻ろうとしていた。  ここで煙突おじさんは余計なことをして、迷い沢コースに一緒に行こうと誘った。 総勢5人で迷い沢コースに向かった。
  

ラッセルを交代できて大変有難かったが、皆さんに多大の苦労(コースを間違いた)を掛けた山スキーになった。コース間違いは以下に詳述する。



クリックすると拡大表示します
今日の軌跡
クリックすると拡大表示します
断面図
クリックすると拡大表示します
グーグルアースの軌跡、硫黄鉱山跡地が白く表示
グーグルアースデーター



[20110108に実施の軌跡及びルート図 ダウンロード

ダウンロードしたファイルの表示及びグラフの表示について。 カシミールを起動してダウンロードしたファイルを読み込む。  グラフの表示「表示したカシミールの地図の編集→GPSの編集→トラック→トラックログ右クリック→グラフ表示 人形のマークをドラック移動をするとマーカーの地点までの記録を表示



クリックすると拡大表示します
朝10時の箕輪山、快晴無風の絶好の山スキー日和だ。


クリックすると拡大表示します
雪面は締まり、シールとスキーアイゼンが良く効き、快適に登高が出来る。  磐梯山や吾妻連峰がくっきりと良く見える。


クリックすると拡大表示します
鉄山避難小屋が良く見える、今日は素晴らしい山スキーが出来そうだと、この時点では全く疑っていなかった。


クリックすると拡大表示します
東側に回りこんで冬季の入り口より中に入る。


クリックすると拡大表示します

標高1620mの滑り出しの地点から、重い深雪と段丘に悩まされ、スキーが思うように走らない。  しかも小屋の出だしから濃いガスが流れて、足元の雪面が良く見えず、直ぐ吹き溜まりの雪面にスキーが突っ込んでしまう。
 

1550m近くの樹林まで下ればガスも晴れるかと思っていたが、ガスは晴れない、幸いなことに風は少し収まってきた。 沢添えのコースを1550mまで滑ったが、段丘が激しく、乗り越えるのが困難なので、滑りやすい南に廻りこみ、適当なところで1400mのこのコース唯一の急斜面い出る予定だった。


しかし、これが大誤算だった。そんなに南に回りこんだつもりではなかったが、300mも南に回りこみ、1400mの急斜面に回りこむつもりが、硫黄沢左股の硫黄鉱山跡地まで回りこんでしまった。
 

此処で。これは大変と、シールをつけて1400mのルート上の急斜面まで標高差100m(断面図参照)登り返した。 軌跡のA地点は午後14:03、硫黄鉱山のB地点では15:03、ルート上のC地点に戻ったのは16:18. コースアウトで妬く2時間15分ロスしてしまった。


クリックすると拡大表示します
迷い沢到着は当りが真っ暗な18:43、1350mから迷い沢まで約2時間30分掛かっている、とにかく、スキーが滑らず、ラッセルの連続だった。


クリックすると拡大表示します
仏沢の橋は積雪もあり、安心して渡れた。

閉じる コメント(18)

お疲れ様でした。小屋までは素晴らしい青空で、迷い沢に行きたくなってしまいますね♪
こんな大雪の柔雪も珍しいんじゃないでしょうか?ラッセル力と足前の揃った方々だったので無事にお帰りになられたんでしょう。大変、参考になりました。
もう、かずさんとお知り合いになられた由、ビックリです。

2011/1/12(水) 午前 11:04 山で会えたら 返信する

顔アイコン

重い深雪ではスキーが思うように走らず
時間ばかりが掛かってしまいました
昔を考えれば、これが普通だったんですが
十分山スキーを楽しみました

2011/1/12(水) 午後 0:21 [ 煙突おじさん ] 返信する

顔アイコン

煙突おじさんこんにちは

大変なツアーでしたね
鉄山小屋の写真からして迷わず・・迷い沢コースへ行きます
山スキーは少しのコースアウトで時間のロスが大きい為に気が抜けませんね・・私も何回か経験がありますが 最悪は夜中の10時に下山口到着の時がありました

>昔を考えれば、これが普通だったんですが
十分山スキーを楽しみました
この ↑ 文面から周りが気にする状況では無かったんですね
今年も山スキーをいっぱい楽しみましょう 削除

2011/1/12(水) 午後 3:13 [ Sei ] 返信する

顔アイコン

seiさん
生兵法は怪我の元です
南西側に滑り込み、適当なところで北西側に
滑り込めばコース上に着くと思っていましたが
300mも狂っていました
やはり小まめにルーtチェックしないと
痛感しました

2011/1/12(水) 午後 8:20 [ 煙突おじさん ] 返信する

顔アイコン

お世話になりました〜
ヘッドランプをつけてなんて初めての経験でしたが
ご一緒頂いた皆さんのおかげで落ち着いて行動できたかなと思っています。
個人的にも反省点の多い一日となりましたが貴重な経験が出来ました。
今後もよろしくお願いします。

2011/1/12(水) 午後 10:04 uak_mat 返信する

顔アイコン

煙突おじさん、ホームグラウンドだからと油断してしまったのでしょうか、シールを貼るのがめんどうなため軌道修正が遅れることは私たちもよくあるんですが、やはり早め早めの修正が大事なのかなと勉強させていただきました。

2011/1/12(水) 午後 10:13 pocoyuko2006 返信する

顔アイコン

煙突おじさんこんばんは。
自分もGPSを持っていますが、ポケットから出すのを面倒くさがって
いるうちにコースからそれかかってしまうことが時々あります。
それと、同じように重い雪で時間を取られたこともあるので
気をつけたいですね。

2011/1/12(水) 午後 11:19 [ 月山の雪 ] 返信する

顔アイコン

かずさん
ご苦労を掛けました
かずさんのラッセルのお陰で
楽に歩くことが出来ました
それでも帰って軌跡を見てみれば
色々の場面が楽しく思い出されます
それにしても、硫黄鉱山跡地には
驚きましたね

2011/1/13(木) 午後 1:10 [ 煙突おじさん ] 返信する

顔アイコン

ぽこさん
確かにホームグラウンドだと油断してしまいます
普段は目視で距離が分かるので
そんなにコースから外れないのですが
滑っていると、濃いガスの中では思いのほか
コースアウトしてしまいます
小まめなルートチェックが大事だと
痛感しました

2011/1/13(木) 午後 1:13 [ 煙突おじさん ] 返信する

顔アイコン

みちのくさん
生兵法は怪我のもとでした
自分ではせいぜい100mくらいだと思って
いましたが、帰宅して、軌跡を見ると300mもコースアウト
していました。
良い経験になりました

2011/1/13(木) 午後 1:15 [ 煙突おじさん ] 返信する

顔アイコン

大変でしたね、皆さんのコメントと共に参考になりました
ガス・風の時は特にこまめなルートチェックが大事ですね
冷静に判断され無事に帰着されたのは何よりでした 削除

2011/1/15(土) 午後 11:11 [ HAMA ] 返信する

顔アイコン

こんにちは、同行させていただいた3人組の一人です。
当日はお世話になりました。
連休初日で足慣らしと思っていたのですが、天候が思ったより早く崩れハードな10時間行動でした。ただ今思い出せば面白い山スキーです。
また、シールの金具がはずれビニールテープを貸していただいて大変助かりました。
準備は万全にしておかないといけないですね。

2011/1/16(日) 午後 0:07 [ djnz ] 返信する

顔アイコン

HAMAさん
今、ラジオで箕輪山で山スキー遭難を
言っていました。
迷い沢の国道に車が2台デポして有ったので
その方達だと思うんですが。
昨日も箕輪スキー場にいたのですが
吹雪の為林間コースだけを滑ったのですが
いつもの新雪快適斜面が、ラッセルでした
たぶん遭難したパーティーもラッセルで
苦しんでいると思います

2011/1/17(月) 午後 6:36 [ 煙突おじさん ] 返信する

顔アイコン

djnzさん
今、ラジオでは箕輪山山スキー遭難を
報道しています
土曜日から大雪が降っていたので
たぶん、私達と同様、ラッセルで時間が掛かっているのでしょう。
硫黄沢の鉱山跡地ですが
沼尻スキー場を経営している沼尻観光が
昭和30年代まで事業をしていた
硫黄鉱山跡地だそうです。
現在は中ノ沢温泉の湯元だそうです

2011/1/17(月) 午後 6:41 [ 煙突おじさん ] 返信する

顔アイコン

こんにちは。
私のつたないブログへの訪問ありがとうございます。
こちらのブログは福島の詳しい山スキー記事があるので以前より見させていただいてました。
迷沢は私の知り合いも沢を渡れずビバーク覚悟してなんとか救出されたところです。
ところで箕輪山の遭難者は無事救出されたようですね。
私も気をつけなければと思います。

2011/1/19(水) 午後 6:29 [ トラ山 ] 返信する

顔アイコン

トラ山さん
コメントありがとうございます
今年の豪雪は地元の人も記憶にないと言って
いるので、山に入る場合は昨年までの山行記録は
当てにしないで、正にラッセル覚悟の冬山登山に
なると覚悟した方が良いかも知れません。

2011/1/24(月) 午後 7:23 [ 煙突おじさん ] 返信する

すごいですねぇ。
わたしなら途中でこんなに真っ暗になったら冷静じゃいられません。
以前、二十日平で渡渉地点がわからずに真っ暗になっちゃったときはほんと動揺しました。

2011/1/24(月) 午後 9:24 tho*a*3no*ama 返信する

顔アイコン

会津地方の今年は、とにかく大雪です。
予定では新雪をスイスイと行く筈でしたが
下部の樹林帯ではラッセルの連続でした。
コースについては、ルートと軌跡を比べれば
わかるとおり心配はしていなかったのですが、
ラッセルには参りました。
今でも、毎日、降雪があるので、箕輪山や吾妻山は
ラッセル覚悟になると思います。

2011/1/25(火) 午後 6:30 [ 煙突おじさん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事