映画のように……

自作のDVDジャケットとともに素敵な映画を紹介します!

映画レビュー★★★★★

すべて表示

『レオン』完全版

イメージ 1

この完全版を手に入れてからも、ずっと、観るのを我慢し続けて2年……やっと、再会の日を迎えたっ♪
あまりに我慢し過ぎて……どこの部分が、22分も追加されたのかが分からないほど、新鮮な再会っ……
でも──ひとつだけ、はっきり言えることは……これぞ──"名作"っ!!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_1?1198016632

先日の、黒澤明版『椿三十郎』以来の、感動の涙……良い……本当に、良いっ♪
三十郎と、まったく同じと言っていいほど──悲しい定めの、腕の立つ男の生き様……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_0?1198016632

多くの映画ファンの人は……この『レオン』も、『椿三十郎』も……強くてカッコ良い男の、カッコ良い映画だと、勘違いしているかも知れない……
でも、そうじゃない……そうじゃないんだ……
黒澤監督が言いたかったことも……このリュック・ベッソン監督が言いたかったことも……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_2?1198016632

"斬る"──という行為……
それが、映画の中では、まるで──"ゲームに勝つ"──そんな感覚に思えてしまう……
"撃つ"──という行為も……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_3?1198016632

でも……違うんだ……そんな単なる娯楽映画なんかじゃないんだ……
そこに──この映画たちと、『007』や『インディ・ジョーンズ』他のヒーローものとの、大きな違いがある──
強さも……カッコ良さも……面白さも……すべて……
二人の名匠が、本当に伝えたいことを、伝えるための──道具でしかない……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_4?1198016632

"斬る"──そして──"撃つ"……
それは、現実では……"殺す"──という、残酷で、悲しい行為なんだということ──
それを、忘れちゃいけないっ……
それこそが──これらの映画から、感じなければいけない、一番大切なことなんだっ──と、俺は信じてる……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_5?1198016632

何十人を相手にしても、けっして負けはしない──素浪人の三十郎も……殺し屋のレオンも……
本当は……どちらも、人を殺したくなんてない……むしろ、それに、嫌悪さえ抱いてる……悲しい男たち……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_6?1198016632

強いがために……腕が立つがために……弱い者を眼にしたとき、助けなければならないという使命感を感じ──
助けたいがために……殺したくもない相手を、殺さなければならない……
そこに生まれる自己嫌悪の苦しみや虚しさは……きっと、本人たちにしか解らないんだろう……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_7?1198016632

現実の世界から隠れるように生きて来た、孤独な殺し屋が……初めて、心から楽しそうに笑いながら、少女と水をかけ合ってふざける、無邪気な姿……
同時に……
生まれて初めて感じた人の優しさに、背伸びして生きて来た少女が見せる、子供らしいあどけなさ……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_8?1198016632

楽しいはずの場面なのに……何故か……無性に、切なさと寂しさを感じてしまう……
当たり前のことが、当たり前と思えない……そんな悲しい生活を送って来た……運命が引き寄せた二人……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_9?1198016632

わずか12歳にして、大人顔負けの存在感と魅力を感じさせる、ナタリー・ポートマンが──この作品の中で流した、どの涙よりも……
俺には──この瞬間の、幸せを感じさせる笑い声とその笑顔が……最も悲しいイメージとして、心に残っている……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_10?1198016632

皆んなと同じように──ずっと、『レオン』は、素敵な映画だと言い続けて来た──
素敵な映画だと言う人に、賛同して来た……
でも──今回、久しぶりに観直してみて……あらためて、その素敵さの度合いのスゴさに、驚かされたんだっ♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_11?1198016632

「こんなにスゴい映画だったんだぁ……」って……
正直──心の中で……それまでの印象を、はるかに超えた、強烈な一撃を食らったようで……嬉しくてたまらなかったっ!!

植木鉢を抱え……ニューヨークの通りを早足で、心優しい殺し屋にくっついて歩く、幼い少女……
その絵が……これから先の二人の運命を予言するかのようで……俺の眼に焼き付いている……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_12?1198016632

手抜きがない……とにかく、まったく妥協がない……
すべてのシーンに……すべてのカットに……リュック・ベッソンという監督の、こだわりと情熱が注ぎ込まれているっ♪
まるで、それは──黒澤監督の全盛期のように……『用心棒』や『椿三十郎』同様──ベッソン監督の全盛期を感じさせるっ♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_13?1198016632

『グラン・ブルー』、『ニキータ』という傑作を世に送り出し──初めてのハリウッド進出作品なのだから、当然と言えば、当然のことなんだろうけれど……
あきらかに、彼の作品の中でも──群を抜いて完成された名作に違いないっ!!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_14?1198016632

ジャン・レノが、輝いているっ♪……まるで、彼自身が、本当にレオンなんじゃないかと、勘違いしてしまうほど──
彼のために書かれた作品かのように──演じていることを忘れさせられる……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_15?1198016632

もちろん──デ・ニーロでもパチーノでも、この役を演じることは出来ないわけじゃない……でも……
それらは──けっして、この『レオン』には、なり得なかっただろう……
まさに──三船敏郎の三十郎であり……勝新太郎の座頭市であり……ジャン・レノのレオンなんだっ♪──

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_16?1198016632

アパートの階段の吹き抜けに、ぶらりと垂れた子供の足から……ゆっくりと……あどけない可愛いさの奥に潜んだ、傷だらけのハートを感じさせる、マチルダの顔のUPへ……
もう、それだけで……観る者は、彼女の世界へと惹き込まれて行く……♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_17?1198016632

ドアの向こうで──恐怖と悲しみを必死で堪えながら、牛乳を抱えて、呼び鈴を鳴らし続ける少女に──
じれったくなるほど戸惑うレオンの仕草に……ただ、それだけで……彼の人となりを、一瞬にして教えられる……

二人の役者の見事な演技と……素晴らしいほど巧みな演出が、一切の無駄を感じさせないっ♪
ただの光る石が──宝石になった瞬間だっ!! (o^〜^o)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_18?1198016632

毎週、毎週──次々と新しい映画のDVDが製作される中……何故に、あえて、過去の、既に観た作品を、また観てしまうのか……
次に出会う作品が……もしかしたら、新たな宝石なのかも知れないのに……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_19?1198016632

きっと、それは……恋愛と同じなんだろうね……
次に出会うかも知れない、素敵な相手を見つける前に……忘れたくない恋があるのと……(*´σー`)エヘヘ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_20?1198016632

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事