映画のように……

自作のDVDジャケットとともに素敵な映画を紹介します!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ハリウッド版の『ディパーテッド』のDVDが出てしまったところで、あらためて香港オリジナル版の素晴らしさを痛感した今──
随分前にレビューした文章を、あえて、そのまま手を加えずに再UPしてみたい。

昨日書いた『ディパーテッド』に対する印象と、どれくらい違っていたのだろう?──

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_18495460_0?1195183488

(以下、数ヶ月前に書いた文章です──)

香港映画の底力を見せつけられた──
日本映画どころか、ハリウッド危うしと思わせる爆弾のような作品。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_18495460_1?1195183488

正直、ブルース・リー作品以外は、ほとんど興味を持たなかった香港映画──
昔は、すべて吹替えで、ブルース・リーですら実際の彼の声が聞けるのはハリウッドで製作した『燃えよドラゴン』だけだ。
また、その吹替えが、わざとらしくて、英語が解るようになればなるほど聞いていられなくなる。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_18495460_2?1195183488

が──最近は、変わった。
いつの間に、香港映画は、こんなに進化を遂げたのか?──
アクション映画はもちろん、コメディ以外は、すっかりハリウッド化されてしまってる。
映像、音響、俳優──日本よりもレベルが上かも知れないと思わせるそれらに、プラス、独特の発想とストーリー展開。
それらが凝縮されたのが、この『インファナル・アフェア』シリーズだろう。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_18495460_3?1195183488

役者が良い──
俺がいつも絶賛するアンディ・ラウに加えて、『HERO-英雄-』のトニー・レオン。彼もかなりの演技派だ。
そして、脇を固める香港映画の常連の名優たち。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_18495460_4?1195183488

悔しいけれど、今の日本映画界に、これだけの質の俳優たちを集めろと言われても、恐らく厳しいだろう。
彼らには、日本の役者たちにはない、不思議なリアルさがある。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_18495460_5?1195183488

一つだけはっきりと言える原因は、多分、日本の俳優たちは、やたらとTVに出過ぎだということ──
だから、『良い人』、『面白い人』などの一般人的な印象を作ってしまい、親近感があり過ぎる。
役者としては致命的だということが解っていない。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_18495460_6?1195183488

今でも高倉健さんが偉大な俳優でいられるのは、そこを大事にしているかいないかの違いなんだ。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_18495460_7?1195183488

ハリウッドがデカプリオでリメイクした『ディパーテッド』。
DVDが出るのを楽しみに待っているけれど、オリジナルの香港映画を越えているとは決して思っていない。
越え様がないからだ──

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_18495460_8?1195183488

デカプリオには、アンディ・ラウの持つ独特の空気はない──
アンディ・ラウはスターではありながら、決してアイドル化されておらず、妙に自然な『隣りのお兄ちゃん』的雰囲気があるんだ。
だから、すべてがリアルに感じられ、物語に吸い込まれていく。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_18495460_9?1195183488

個人的には、この三部作、三作品すべてが傑作だとは思っていない──
アく為にパート2が創られている(俺が思うにだけど)──
だから、当然、パート2には無理が生じる──『ゴッド・ファーザー3』と同じだ。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_18495460_10?1195183488

ただ、違うところは──
このシリーズのパート2は、観ないとパート3に進めないってこと。

パート3は、俺も想像していなかった展開へと話は進み、「なるほど……」と思わせる切ない結末が待ってる。
犯罪者なのに、悪党のはずなのに──憎みきれない。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_18495460_11?1195183488

『善人』──
その言葉が、重低音のサラウンドのように、重く観る者の心の底に響く──そんな奥の深い作品なんだと思う。

*********************************

──と、以上が、『ディパーテッド』を観る前に書いたこの作品への思いです──(*^_^*)

実際、『ディパーテッド』は、このシリーズのパート1をリメイクしたもので、
お分かりのとおり、俺の予想は見事に外れて──
アンディ・ラウ演じる潜入マフィアをデイモン、
トニー・レオン演じる潜入捜査官をディカプリオと、まったく逆でした。( ゜皿゜)ガーン

でも、エリック・ツァン演じるマフィアのボス──
一見、小柄な西田敏行みたいだけど( *´艸`)クスクス、本当に良いですよぉ〜っゎーィ♪ヽ(*´∀`)ノ
個人的には、ニコルソンのそれよりも怖かったですぅ(≧∇≦)

潜入捜査を唯一知る、上司役のアンソニー・ウォンも、あの無表情さがたまらなく想像力をかき立ててくれます!(▼∀▼)ニヤリッ

そして、精神科医役のケリー・チャン──圧勝ですっ(o^〜^o)

今日、久し振りにこのスクリーン・ショットを撮りながら思ったんだけど……
正直言って──『ディパーテッド』がオスカー作品なら──
この作品は、確実にオスカーものですよねっ! やっぱり、スゴいやぁウレ??!!*。.:*ヽ(*´∀`*)ノ*。.:*ウレ??!!

閉じる コメント(6)

これがオリジナルのほうなのかぁ〜(✪ฺܫ✪ฺ)
知らなかったぁ(*´Ι`)ノ素敵な情報(((((((*●゜▽゜)ノぁざ~~っす♪

2007/6/10(日) 午後 3:47 [ - ]

そうだよぉ、Mёたん、これがブラッド・ピットも絶賛して製作に加わったオリジナル版だよぉ(o^〜^o)
多分、こっちを先に観ちゃうと、当然ハリウッド版は物足りなさを感じちゃうよね。
でも、本当に、『ディパーテッド』は頑張ってたと思うよ。
しょうがないよぉ──この作品が、素晴らしすぎるんだもんΣd(゚∀゚d)ォゥィェ!!

2007/6/10(日) 午後 4:12 KURUMA_TOMOJIRO

オオーw(*゜o゜*)wこちらがオリジナルなのねえ♪やはりこちらの方が面白そう・・・
弟も「面白かった」って言ってましたもん♪アジア映画も頑張ってますね♪

2007/6/10(日) 午後 9:24 [ ひなた ]

ひなたちゃん、そりゃもう、確実にこっちが上だよぉヾ(○^з^○)/
スコセッシ監督は、もちろん大好きなんだけどさぁ──この映画には、ちょっと勝てないよぉ。
撮り方とかも、結構、凝ってるんだよね、この監督。
一見の価値は、絶対にあるぞぉ〜っヾ(*´∀`*)ノ゛キャッキャッ

2007/6/10(日) 午後 10:06 KURUMA_TOMOJIRO

そうなんですか、香港ってやっぱりパワーあるのですね。
東西の架け橋として、これからもますますいろんな意味で注目される街かもしれないですね。

2007/6/11(月) 午前 3:48 サンディ

Sandyちゃん、本当にアジア映画はスゴいよぉ(o^〜^o)
日本も、なかなか素敵な作品が増え始めたけど……まだまだ規模の上ではイマイチ。
外国をあっと言わせるような作品、早く観てみたいねっo(*^^*)oワクワク

2007/6/11(月) 午前 7:46 KURUMA_TOMOJIRO


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事