映画のように……

自作のDVDジャケットとともに素敵な映画を紹介します!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全69ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

『レオン』完全版

イメージ 1

この完全版を手に入れてからも、ずっと、観るのを我慢し続けて2年……やっと、再会の日を迎えたっ♪
あまりに我慢し過ぎて……どこの部分が、22分も追加されたのかが分からないほど、新鮮な再会っ……
でも──ひとつだけ、はっきり言えることは……これぞ──"名作"っ!!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_1?1198016632

先日の、黒澤明版『椿三十郎』以来の、感動の涙……良い……本当に、良いっ♪
三十郎と、まったく同じと言っていいほど──悲しい定めの、腕の立つ男の生き様……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_0?1198016632

多くの映画ファンの人は……この『レオン』も、『椿三十郎』も……強くてカッコ良い男の、カッコ良い映画だと、勘違いしているかも知れない……
でも、そうじゃない……そうじゃないんだ……
黒澤監督が言いたかったことも……このリュック・ベッソン監督が言いたかったことも……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_2?1198016632

"斬る"──という行為……
それが、映画の中では、まるで──"ゲームに勝つ"──そんな感覚に思えてしまう……
"撃つ"──という行為も……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_3?1198016632

でも……違うんだ……そんな単なる娯楽映画なんかじゃないんだ……
そこに──この映画たちと、『007』や『インディ・ジョーンズ』他のヒーローものとの、大きな違いがある──
強さも……カッコ良さも……面白さも……すべて……
二人の名匠が、本当に伝えたいことを、伝えるための──道具でしかない……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_4?1198016632

"斬る"──そして──"撃つ"……
それは、現実では……"殺す"──という、残酷で、悲しい行為なんだということ──
それを、忘れちゃいけないっ……
それこそが──これらの映画から、感じなければいけない、一番大切なことなんだっ──と、俺は信じてる……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_5?1198016632

何十人を相手にしても、けっして負けはしない──素浪人の三十郎も……殺し屋のレオンも……
本当は……どちらも、人を殺したくなんてない……むしろ、それに、嫌悪さえ抱いてる……悲しい男たち……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_6?1198016632

強いがために……腕が立つがために……弱い者を眼にしたとき、助けなければならないという使命感を感じ──
助けたいがために……殺したくもない相手を、殺さなければならない……
そこに生まれる自己嫌悪の苦しみや虚しさは……きっと、本人たちにしか解らないんだろう……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_7?1198016632

現実の世界から隠れるように生きて来た、孤独な殺し屋が……初めて、心から楽しそうに笑いながら、少女と水をかけ合ってふざける、無邪気な姿……
同時に……
生まれて初めて感じた人の優しさに、背伸びして生きて来た少女が見せる、子供らしいあどけなさ……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_8?1198016632

楽しいはずの場面なのに……何故か……無性に、切なさと寂しさを感じてしまう……
当たり前のことが、当たり前と思えない……そんな悲しい生活を送って来た……運命が引き寄せた二人……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_9?1198016632

わずか12歳にして、大人顔負けの存在感と魅力を感じさせる、ナタリー・ポートマンが──この作品の中で流した、どの涙よりも……
俺には──この瞬間の、幸せを感じさせる笑い声とその笑顔が……最も悲しいイメージとして、心に残っている……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_10?1198016632

皆んなと同じように──ずっと、『レオン』は、素敵な映画だと言い続けて来た──
素敵な映画だと言う人に、賛同して来た……
でも──今回、久しぶりに観直してみて……あらためて、その素敵さの度合いのスゴさに、驚かされたんだっ♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_11?1198016632

「こんなにスゴい映画だったんだぁ……」って……
正直──心の中で……それまでの印象を、はるかに超えた、強烈な一撃を食らったようで……嬉しくてたまらなかったっ!!

植木鉢を抱え……ニューヨークの通りを早足で、心優しい殺し屋にくっついて歩く、幼い少女……
その絵が……これから先の二人の運命を予言するかのようで……俺の眼に焼き付いている……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_12?1198016632

手抜きがない……とにかく、まったく妥協がない……
すべてのシーンに……すべてのカットに……リュック・ベッソンという監督の、こだわりと情熱が注ぎ込まれているっ♪
まるで、それは──黒澤監督の全盛期のように……『用心棒』や『椿三十郎』同様──ベッソン監督の全盛期を感じさせるっ♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_13?1198016632

『グラン・ブルー』、『ニキータ』という傑作を世に送り出し──初めてのハリウッド進出作品なのだから、当然と言えば、当然のことなんだろうけれど……
あきらかに、彼の作品の中でも──群を抜いて完成された名作に違いないっ!!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_14?1198016632

ジャン・レノが、輝いているっ♪……まるで、彼自身が、本当にレオンなんじゃないかと、勘違いしてしまうほど──
彼のために書かれた作品かのように──演じていることを忘れさせられる……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_15?1198016632

もちろん──デ・ニーロでもパチーノでも、この役を演じることは出来ないわけじゃない……でも……
それらは──けっして、この『レオン』には、なり得なかっただろう……
まさに──三船敏郎の三十郎であり……勝新太郎の座頭市であり……ジャン・レノのレオンなんだっ♪──

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_16?1198016632

アパートの階段の吹き抜けに、ぶらりと垂れた子供の足から……ゆっくりと……あどけない可愛いさの奥に潜んだ、傷だらけのハートを感じさせる、マチルダの顔のUPへ……
もう、それだけで……観る者は、彼女の世界へと惹き込まれて行く……♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_17?1198016632

ドアの向こうで──恐怖と悲しみを必死で堪えながら、牛乳を抱えて、呼び鈴を鳴らし続ける少女に──
じれったくなるほど戸惑うレオンの仕草に……ただ、それだけで……彼の人となりを、一瞬にして教えられる……

二人の役者の見事な演技と……素晴らしいほど巧みな演出が、一切の無駄を感じさせないっ♪
ただの光る石が──宝石になった瞬間だっ!! (o^〜^o)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_18?1198016632

毎週、毎週──次々と新しい映画のDVDが製作される中……何故に、あえて、過去の、既に観た作品を、また観てしまうのか……
次に出会う作品が……もしかしたら、新たな宝石なのかも知れないのに……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_19?1198016632

きっと、それは……恋愛と同じなんだろうね……
次に出会うかも知れない、素敵な相手を見つける前に……忘れたくない恋があるのと……(*´σー`)エヘヘ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19372449_20?1198016632

開く トラックバック(26)

『消えた天使』

イメージ 1

つい最近まで──その存在すら知らなかった、この作品……見逃すには、あまりにも、惜しいっ♪
なのに……ネット上では、画像の資料すら、なかなか見当たらないのは……何故なんだ?……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19461167_0?1198324294

『インファナル・アフェア』で、世界中にその名を知らしめた鬼才、アンドリュー・ラウ監督が──殺到したというオファーの中から選び出した、この性犯罪者と監察官との駆け引き……
香港とアメリカという土地の違いこそあるけれど──そこに描かれる人間の心理は、相変わらず、繊細だっ──

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19461167_1?1198324294

リチャード・ギア演じる、型破りなベテラン監察官は──見事に、善と悪の判断を迷わせてくれる……
誰れが善で……誰れが悪なのか?……
ラウ監督の得意とする、サスペンスの巧みさが──ただの娯楽映画で終わらせてはいない──

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19461167_2?1198324294

"罪を憎んで、人を憎まず"──そんな諺は、果たして、すべての人間に当てはまるものなのか?……
法で裁かれ、罪を償えば──犯人たちは、善良な市民へと変われるものなのだろうか?……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19461167_3?1198324294

この映画を観れば──日本の、前科者への対応が、どれほど甘過ぎるのかを思い知らされる──
現実に──凶悪事件の多くは、再犯者たちの仕業だというのに……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19461167_4?1198324294

公共安全局──それは、性犯罪を犯した人間たちを、社会復帰後も、責任を持って監視する組織──
当然、手を抜こうと思えば──いくらでも楽が出来る職場でもあるわけで……
同時に──徹底しようと思えば──果てしなく不可能に近い仕事でもある……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19461167_5?1198324294

リチャード・ギア演じるバベッジは──もちろん、後者のタイプであることに間違いなく──
その、あまりの責任感に──自らの精神までもが、追いつめられ、傷ついている……
そして……そんな姿を観て、笑っている、同業者たちがいる……同じ給料をもらいながら……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19461167_6?1198324294

俺は、以前から、思っていた──公務員こそ、成績制にすべきだと──
切った違反切符の数なんかじゃなく──減らした事故の数で、評価し、報酬を決めるべきだと──
処理した書類の数……訪問した家庭の数……無くなった苦情の数で……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19461167_7?1198324294

懲りることもなく、再犯を企てる愚か者に対して──バベッジが取る行動は……俺には、うなずける……
たとえ法的に禁じられた行為だとしても──俺が市民なら……見て見ぬ振りをする……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19461167_8?1198324294

この男も──あの『守護神』で、ケヴィン・コスナーが演じたベテラン救助隊員と同じく──
数えているのは……救った人間の数ではなく……救えなかったその数なんだ……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19461167_9?1198324294

痛々しい……その姿を観ていると……ただただ、痛々しい……
そして──その痛々しさが──犯人たちへの怒りを、倍増させ、闘うエネルギーとなっているに違いないっ──

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19461167_10?1198324294

新人の女性パートナー(正確には後任者だけれど……)、ラウリーを演じるクレア・デインズは──
『ターミネーター3』の頃から比べると──見違えるような、ハリウッド女優としてのオーラを持ち始めているっ♪
おそらく──彼女の作品の中で、一番の魅力ある演技を見せてくれてるんじゃないだろうか……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19461167_11?1198324294

そして──もう一人のメインとなる女優──前科者の美容師、ビオラを演じる──ケイディー・ストリックランド♪
あまり名の知れた女優さんじゃないけれど……その力量は、クレア・デインズに勝るとも劣らないっ──
あの変貌ぶりは──解ってはいても、目を疑いたくなるほど素晴らしいっ♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19461167_12?1198324294

現在でも──アメリカでは──2分に1人、女性または児童が性的暴行を受けているという……
あれだけの先進国が……何故、そんな悲しい現状であり続けるのだろうか?……
それとも……
先進国だからこそ──無くなることのない、犯罪なのだろうか?……嘆かわしい……そんな言葉しか浮かばない……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19461167_13?1198324294

『プリティ・ウーマン』以来──その、ロマンス・グレイの髪で、魅力を増したリチャード・ギアだけれど……
今回は──その髪を、さらに短くカットして、疲れ果てた男のドロ臭さを演出してくれている──

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19461167_14?1198324294

いろいろと観て来た、彼の主演作の中でも──
ひょっとしたら……この役が、一番のハマり役なんじゃないだろうか……個人的にだけど♪……(o^〜^o)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19461167_15?1198324294

『インファナル・アフェア』までは、届かないにしても──十分に見ごたえのある作品ですっ♪
そして、見ごたえだけじゃなく──あらためて、性犯罪について考えさせられる……貴重な映画ですっ!!
是非、お試しをっ ♬♬ ♬♬ (*^ヘ^*)♬♬ ♬♬

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19461167_16?1198324294

『天然コケッコー』

イメージ 1

何んて……何んて、可愛い映画なんだろう〜〜〜〜〜〜っ♬♬ ♬♬ (*^ヘ^*)♬♬ ♬♬
汚れのひとつもない……真っ白な心の……真っ赤な太陽のような映画っ……♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19449406_0?1198289598

自分の田舎とは、似ても似つかないほど……ずっとずっと田舎の学校なのに……何故か、懐かしい……
本当は──全校生徒が、1,000人近くいたのに……何故か、懐かしい……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19449406_1?1198289598

夏帆ちゃんって……東京生まれのクセして……どうして、あんなに田舎の少女を感じさせてくれるんだぁ?
単純に、演技が上手いってことなのかぁ?……だとしたら……スゴいっ…… (o^〜^o)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19449406_2?1198289598

迷ったんだよねぇ……借りようか、どうしようか……危なかったなぁ……
もう少しで、こんなに素敵な日本映画を、見逃してしまうところだったぁ……皆んな、勧めてくれたのにねっm(_メ_)m

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19449406_3?1198289598

監督が──『リンダ リンダ リンダ』の、山下監督だし……
脚本が──『ジョゼと虎と魚たち』の、渡辺あやだから……きっと大丈夫だっ!って、決めたんだぁ♪
大正解だったねっ!!ヾ(●´∇`●)ノ ワ〜イ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19449406_4?1198289598

どうやったら──こんなにたくさん登場人物がいる映画を、こんなに完璧に演出出来ちゃうんだぁ?
だって……相手は、子供たちだよぉ……一人でも、大変なのに……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19449406_5?1198289598

カツ代ちゃんと、さっちゃん……堪らないよねぇ……本当に、芝居してるのかなぁ?……してるんだよねぇ……
だって……さっちゃん役の宮澤砂耶ちゃんなんて、まだ、7歳でしょ……
俺が、7歳の頃って……んんん……ドリフの真似くらいしか出来なかったもん……(*´σー`)エヘヘ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19449406_6?1198289598

でも──大沢広海役の岡田将生くん……
タダでさえ、ちびっ子たちや女の子たちに、おいしいところを皆んな、持ってかれちゃう立場なのに……
見事に、存在感を魅せてくれたねっ♪……エラいっ♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19449406_7?1198289598

正直──この映画で、一番難しい立場の役どころだと思うよ……下手したら、台無しになっちゃうもの──
まったく……スカウトで始めた仕事だとは……世の中、不公平に出来てるもんだぁ…… ((´∀`*))ヶラヶラ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19449406_8?1198289598

それにしても──この山下監督って……何んともいえない、良い味持った演出をしてくれる……
『リンダ リンダ リンダ』のときもそうだけれど……温かみがあるんだよねぇ……すべての台詞と、すべての行動に……♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19449406_9?1198289598

あの──夏帆ちゃん演じるそよちゃんが、教室を去った後の──長い長い黒板と机のショット……
何んなんだろう?……何も動いていないのに……誰れも写っていないのに……心にしみてくる……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19449406_10?1198289598

しかも──ただ温かいだけじゃなく……しっかりとユーモアのセンスも持ち合わせてて──
楽しませてくれるんだよねぇ……「そうそうっ!……」って……「俺も、そうだったぁ〜っ……」って……(o^〜^o)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19449406_11?1198289598

今の時代……都会で育ってる子供たちって……解るのかなぁ?……この映画の素敵さ……
解ればいいなぁ……解れる子たちで、あって欲しいなぁ……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19449406_12?1198289598

都会から来た広海くんは──さすがに、俺たちの中学生時代よりも、はるかに大人だぁ……
だって……あんなに気がきかなかったもん……俺たちなんて……女の子に対して…… ( ̄¬ ̄)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19449406_13?1198289598

しかし……俺も、やっぱり、心が病んで来ちゃってるんだろうなぁ……
こんな可愛い子供たちの姿を観ながら……ついつい……
この先、この子たちは、どんな苦しみや悲しみと出会うんだろう?……って、余計な心配をしてしまう……(ノω・、) ウゥ・・・

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19449406_14?1198289598

ダメだねっ──素直に、「そのままでいてねっ♪」って、思えなきゃっ♪
いかんいかんっ…… (o^〜^o)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19449406_15?1198289598

きっと、いい女優さんになるんだろうなぁ……夏帆ちゃん……もちろん、砂耶もねっ♪
日本映画の将来も──ちょっぴり明るく思える……ダイヤモンドの原石の集まりっ!! ワーイ♪♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪ワーイ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19449406_16?1198289598

『天然コケッコー』かぁ……
最初は、その意味が、さっぱり解らなかったけど……今は……何んとなく……解って来たような気がするなぁ……
★★★★★!!

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19449406_17?1198289598

『主人公は僕だった』

イメージ 1

きっと、予告編から想像してた、笑えるコメディを期待してた人たちの予想を──確実に、裏切るんだろうなぁ……
でも──俺の場合は、それが、俺好みの方向へ裏切ってくれたみたいっ♪(o^〜^o)
だって、これは……主演のウィル・フェレルが得意とするドタバタ・コメディなんかじゃなく……優しさにあふれた、ロマンチック・コメディだからっ♬♬ ♬♬ (*^ヘ^*)♬♬ ♬♬

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19415900_0?1198158402

笑い転げたい人は──どうか、観ないで下さいっ♪ ガッカリするだろうから……
ちょっぴりにやけながら……ちょっぴり微笑みながら……ちょっぴり涙したい人だけ──観て下さいっ♪
笑わないウィル・フェレルを、観てみたい人だけ──観て下さいっ♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19415900_1?1198158402

おかしいと思ってたんだ……どうして、この手のコメディ映画に、あのエマ・トンプソンやダスティン・ホフマンが出演してるのか?って──不思議だったんだ……
でも、その理由が、解った気がするっ♪……二人が必要だった、その理由がっ♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19415900_2?1198158402

考えてみれば……監督は、あの『チョコレート』や『ネバーランド』のマーク・フォスター……
ただの喜劇で、終わらせるわけがないんだよねぇ……(o^〜^o)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19415900_3?1198158402

多分……普通は、微笑むシーンなんだろうけど……
その手のシチュエーションに、異常に弱い俺にとっては……
あの夜の──彼が、初めて嫌いなクッキーを口にするシーンは……まさにツボだったわけで……
正直……んんん……あの後の、二人の会話で、泣いちゃいましたっ!!……(*´σー`)エヘヘ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19415900_4?1198158402

まさか、この映画で、そんな気持ちになれるなんて──思ってもいなかったから……
でも──そのシーンを観て、この映画が、どんな方向へ進んでいくのかが、とっても楽しみになったんだなっ♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19415900_5?1198158402

観た人の中には──きっと、「物足りないっ……」って言う人も、たくさんいることだろうけど……
俺は……こんな、温かいお話の方が──笑い転げるお話よりも、ずっと心に栄養をもらえる気がするっ──

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19415900_6?1198158402

片腕にタトゥーをしたケーキ屋さんを演じる、マギー・ギレンホールが──とっても素敵なんだよねぇ……
頭も切れて、口も達者で、きっとケンカも強いだろうけど……でも……でも……可愛いんだよねぇ……♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19415900_7?1198158402

以前レビューした、『デジャヴ』同様──このファンタジーを信じられない人には、楽しめません……
でも──信じることが出来るなら……
きっと、何か、大切なものを感じさせてくれるはずですっ♪──そんな、愛したくなる作品ですっ♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19415900_8?1198158402

今回のウィル・フェレルは──超真面目だからこそ、笑えるキャラ……憎めないキャラ……(o^〜^o)
そんな彼が、悩みを抱え──それを、必死に解決しようとするから──観てるこっちも、応援したくなってしまう──

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19415900_9?1198158402

確かに──ファンタジーだから、ツッコミどころが、ないわけじゃないけれど……
そこをツッコんで、つまんない映画だと思っちゃうよりも……受け入れて、微笑んだ方が、ずっとトクでしょ?(o^〜^o)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19415900_10?1198158402

頭に──"クソ"──が付くほど、真面目に生きて来た人生……
それを満足するかしないかは……もちろん、本人が決めること……誰れにも、非難する権利なんて、ありはしない──

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19415900_11?1198158402

でも、もしも……
ある日、何かをきっかけに──「やり残したことは、ないのか?」って、自分に問いかけることになったら……
出来れば……胸を張って、「ないっ♪」って言える自分でいたい──

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19415900_12?1198158402

この映画は、問いかけてくれるんです……「本当に?」って……
説教じみた、牧師さんのような難しい問いかけなんかじゃなく……そっと……問いかけてくれるんですっ♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19415900_13?1198158402

それを感じられるだけでも──十分に、観る価値はあるはずっ♪
想像してたものとは、ちょっと違っているかも知れないけれど……傑作と言えるほど、ズバ抜けた作品ではないけれど……
だけど……まぎれもない、良品なんですっ♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19415900_14?1198158402

そういう映画って……
たくさんありそうで……実は、なかなか、出会えないもんなんですよねっ♪(o^〜^o)
どうぞ──出会ってみて下さぁ〜いっ!!:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: ワーイ♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19415900_15?1198158402

開く トラックバック(2)

イメージ 1

もしも──『デイ・アフター・トゥモロー』や『ディープ・インパクト』のような、派手なSF映画を期待しているのなら──考えを変えてから、観に行った方が、良いかも知れない……
この映画は──むしろ……ゾンビ映画に近い、人間ドラマだから……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19254299_0?1197615517

正直なところ……予告編は、きっと、違うイメージの作品を想像させてしまってるに違いない──
俺自身も──いつものように予備知識を持たずに、観に行ったものだから……いきなりのストーリー展開に、戸惑った……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19254299_1?1197615517

もともとは──十数年前に、あの『エイリアン』の名匠、リドリー・スコットが撮るはずだった作品らしいのだけれど……
今のようなCG技術もないため──予算の関係で断念したらしく……
彼なら、どんな風に撮っていたんだろう?……と、想像せずにはいられない──

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19254299_2?1197615517

というのは……
この手の作品を描く場合に──その手法は、二つに分かれるわけで……
世界的な規模のパニックを、出来事の順番どおりに描いていく方法と……もうひとつは──
メインとしたいドラマ部分を描きながら、その原因となる過去を、少しずつ明かしていく方法……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19254299_3?1197615517

当然──どちらを選ぶかは、監督の得意分野にもよるのだけれど……
この『コンスタンティン』という傑作を生んだフランシス・ローレンス監督は──後者を選んだっ……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19254299_4?1197615517

果たして──それが成功したのかどうかは……観る人の判断に委ねることになるのだろうけど……
俺個人としては──本当は、嫌いな手法じゃない……(o^〜^o)
ただ……
今回の作品の場合──それが良かったのかどうかと言うと……何んとも、応え難い気がする……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19254299_5?1197615517

ウィル・スミス本人の演技と存在感には──もちろん、いつも通り、何んの問題もない──
アクションの合間に見せるドラマ部分では……しっかりと、泣かせる演技も見せてくれるっ♪
だけど……
予告編の壮大なスケールを感じさせる、編集と音のマジックに──あまりに期待が大きくなり過ぎて……
きっと──作品自体に対する評価は、賛否両論に分かれてしまうだろう……と思うんだぁ……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19254299_6?1197615517

ゾンビ映画に近い──とは言ったけれど……もちろん、ゾンビ映画ではない……
もし、そうだとしたら……ゾンビものの嫌いな俺が、最後まで観ることはなかっただろうから……(*´σー`)エヘヘ
でも……それに近い……皆んなが想像してるものとは違う、あり得なさそうな設定であることは──否定出来ないんだ……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19254299_7?1197615517

おそらく──誰れもが、まだ、これから観るのだろうから……ネタバレをするわけには、いかないけれど……
俺的には……もう少し、抑えた描き方をしても良かったんじゃないか……と、思わざるを得ない……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19254299_8?1197615517

凶暴な敵と戦う、アクション中心のSF映画にするなら──もっと、徹底的にヒーロー・コミックっぽく描けば良いし……
悲惨な状況下で生き抜く、孤独な男のドラマにするなら──もっと、現実的にして欲しかった……かなぁ……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19254299_9?1197615517

もちろん──面白いことは、面白いんだっ──
ちゃんと、入場料を払って観るだけのものには、仕上がってはいる……でも……
主演がウィル・スミスだっ♪……あの『幸せのちから』を観てしまったら……どうしても、それなりの期待をしてしまう……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19254299_10?1197615517

もし……リドリー・スコット監督だったら……
俺は、多分……敵のキャラクターを、こうはしなかったんじゃないか……と思ってしまう……
少なくとも──例によって、なかなか、その全貌を明らかにすることは、しなかったんじゃないかと……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19254299_11?1197615517

多分……『エイリアン』シリーズの中で……1作目だけを、認めている人たちには……評判は、良くないだろう……
逆に──2作目以降の、暴れ回るエイリアンたちの作風が好きだと言う人たちなら……結構、楽しめるんだろう……
そう思ってくれて、いいんじゃないか……と思うなぁ……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19254299_12?1197615517

実際──荒れ果てたマンハッタンの風景は……どこまでがセットで、どこからがCGなのか……見分けがつかない……
その技術は──まさに、脱帽ものであることは、間違いないっ♪
まさか……あれがすべてセットだとしたら……とんでもない制作費になってしまうだろうから……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19254299_13?1197615517

前述したとおり──ウィル・スミスは、期待どおりのものを提供してくれている……けれど……
今回、俺が高く評価した、名演技の役者は……何を隠そう──彼の相棒となる、愛犬サムなんだなぁ♪

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19254299_14?1197615517

マジ……助演男優(女優?)賞に、ノミネートしてやりたいほど、見事な芝居で泣かせてくれる……(o^〜^o)
いくら調教されてるとは言え……犬という動物のスゴさを、あらためて見せつけられたっ♪
あぁ……また……"犬と一緒に暮らしたい病"──になりそうだぁ……((´∀`*))ヶラヶラ

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19254299_15?1197615517

余談になるかも知れないけれど……もし……もしも、俺が、この映画を撮るんだとしたら……
敵の数を、もっともっと、減らしたと思う……極端な話……数人でも、良かった気がする……
その方が──敵となった人間たちの方にも、もっと、感情移入が出来たんじゃないかと……同情出来たんじゃないかと……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19254299_16?1197615517

単なるホラー映画っぽい内容ではなく……主人公と敵との、ドラマも観たかった気がする……
あくまでも、敵も人間という設定で……そこの切なさを、じっくりと感じたかった気がする……
そして……せめて、一人くらい……救うことが出来ていたら……面白かったかも……そんな気もする……

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19254299_17?1197615517

期待が大き過ぎたのもあって……★5つは、ちょっと厳しいかなぁ……俺にはね……
また、皆んなのレビューを、楽しみにしてますよっ♪(o^〜^o)

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/09/b2/kuruma_tomojiro/folder/902949/img_902949_19254299_18?1197615517

全69ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事