映画のように……

自作のDVDジャケットとともに素敵な映画を紹介します!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

『ディパーテッド』

イメージ 1

原作の香港映画『インファナル・アフェア』を観ていない人にとっては、娯楽作品として十分に評価出来る作品なんじゃないだろうか──


もちろん、俺は、原作版の大ファンだ。
あの香港特有の街の表と裏──
いつも何か食っているマフィアのボスの生き様──
映画のテーマとなっている『善』と『悪』の間で生きる人間の仏教的な描写──


まったく物足りなさがなかったかと言えば──嘘になるが、
これはこれで、ハリウッド映画として映画史上に残ることには、けっして抵抗は感じない。
外国映画のリメイクとして、初めてのオスカー受賞という名誉に恥じないだけの、緊張感のあるエンタテインメントになっているっ!( ^_^)/∀☆∀\(_)


ジャック・ニコルソンは、期待通りの熱演──


ディカプリオも、少し体型も太くなり、これまでの軽さが消えてきた──


ただ──ひとつだけ疑問に思うことは──

そのディカプリオ演じる潜入捜査官と、マット・デイモン演じる潜入マフィアのキャスティングは、
本当は、逆であるべきだったんじゃないだろうか?──ということ。


もちろん、あくまでも個人的な感想だけれど、
悪の中で苦悩する『善』と、正義の中で迷い始める『悪』──
この興味をそそる役柄を考えたとき──
俺の中では──デイモンが『善』で、ディカプリオが『悪』で観たいと思っていた。
それが、チャレンジなんじゃないかと──期待してたんだ──

当然、達者な二人だから、どちらの役も合格点を獲れることは分かっている。
だからこそ──面白さから考えれば、逆のキャラクターが観たかった気もするんだ。


とはいうものの──よくこれだけの作品に仕上げたものだと、感心はしている。
リメイクというだけでも、かなりのハンディを背負わなければいけないわけだから──
ここまで楽しめれば、文句はないだろう♪


香港版では、トニー・レオン演じる潜入捜査官は、片腕にギブスをしたまま長時間演じ続けた。
それがまた、妙にリアリティーがあり、
また、連絡につかわれたモールス信号などにも感心したものだけれど──
このハリウッド版は、それらの細かな味付けはほとんどカットしている。


おそらく──香港版とハリウッド版の両方を観た人が感じる最も大きな違いは──
香港版が重視した『心理描写』と、ハリウッド版が重視した『サスペンス』との違いなんじゃないだろうか?

そして──それは、どちらもアリなんだろう──きっと。


俺個人としては──
香港版の──警察学校から追放される、後の潜入捜査官の後ろ姿が好きだった──


さて──両方を観比べたあなたは、どう評価したでしょう?
そして──初めて観るあなたは、思う存分、この傑作を楽しんで下さいっ!o(*'▽'*)/☆゜'・:*☆

開く トラックバック(5)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事