CSOの くるまばかブログ

楽しく・速く・美しい車作り!

全体表示

[ リスト ]

春のご陽気が続く今日この頃、朝一枠だけなら何とか気温が低いタイミングを狙って、先日の朝露路面で1分43秒1のリベンジをすべく、悪あがきしてきました。

あがいても無理なモノは無理なのですが。
ましてや冬場ほど気温は低くなく、タイヤも今季の戦歴でお疲れ様状態の4回目という、狙うには万全と言えない状態でしたが、お客様のアップデート確認もあったので決行。

イメージ 1


日曜日だけに大盛況で様々な車輌が入り乱れる中でのフルクリアは無理だったんだけど、何とかライン上だけはクリアが取れた1周で絞り出した1分42秒9!気温は既に10度(笑)
まー、やっと出たのか遂に出たのか…のノーマルエンジンで今季の目標だった42秒台にギリギリ乗せることが出来たのでした。

ただですねサーキットの公式計測器がまさかの計測トラブルによる結果出ず!という事もあって写真のGPSラップタイマーだけの計測になってしまったんですね。タイムがタイムだけに嬉しいバグだったら幻なるからストップウォッチ片手に動画で計測(笑)1分42秒94と近しいタイムだったのでまぁ納得は出来たんですが。
なので今回は42秒台出た〜!じゃなくて扉は開いた〜!なんです。

イメージ 2


ま、路面も春だけあって何か飛散物によるスリッピーなコンディションだったし、暖かかったし、そもそもタイヤもお疲れ様の4回目だったし、とタイムを狙うには好条件でも無かったんだけど、いつものそれでも出る時は出る!みたいな部分に期待してみたし(笑)

既に動画は編集しましたが…
1分43秒1の時より攻めたつもりだけど何だかタイヤのグリップよりもエッジが効かなくなってきた事による足の動きの変化に当日僕が合わせ切れなかった感じが否めない。

エッジが効いている時のあの動きからアップデート対策して来ただけに今回は思えば想定内で外してしまったかなぁ。

イメージ 3

イメージ 4


とは言えデータとしてはやはり前回より良くなっていて。最高速200km/hに到達出来なかったのは残念だけど、そもそもノーマルエンジンで到達できるのか?って話でもあるし(笑)

って事でノーマルエンジンで挑む1分42秒台は門前払いを喰らわずに無事扉が開いたと思います。
現状ではリスク覚悟で目一杯攻めても41秒台は無理だろう、、走り終えて直感的にそんな気がしました。もはやタイヤどうこうの問題でも無い天が見えた様な気がしました。限界点は決め付けたらダメなんだけど。この先、ラジアルカテゴリーだろうがSタイヤカテゴリーだろうがタイムが出るならもはやどちらでも良いと思います。

ただ、、

ここまでやってみてユーザーさんに還元する一つの結論としては、やはり昔ながらのサーキット用タイヤをいきなり履くぞ!って姿勢も再評価すべきと思いました。
Sタイヤでも流行りの競技用ラジアルでも。
磨耗が早いから、高いから、本気感出るから、と敬遠するお気持ちも分かるのですが…

サーキット走行ですと概ねフルクリアで単走できる機会は無いだろうし、走行会となればほぼ現実的に有り得ないでしょう。つまり様々な車輌と混走する中で自車のパフォーマンスを把握しながら平常心で走る事はやはり難しいですね。どうしても釣られるし、危険回避の為の突発的な迂回走行なども当り前ですがそんな時にタイヤのパフォーマンス差が出ると思います。

曲がる、止まる、で言えば国産は勿論、コスパ重視のアジアンタイヤでも一定レベルにあるとは思いますが…想定外に限界を超えた時に残念な結果を招く訳で、パフォーマンスが高いと安心感も違うと思うんですね。軽く流しても速い、みたいな。

その安心感の基にタイムだとかスキルだとかが向上してくると、ますます面白くなって取り組む姿勢も変わると思うんです。
壊さなければ部品も買えるし!(笑)
折角あらゆるものを犠牲にして非日常的な数十分を楽しむ訳ですから。

ノーマルエンジンに拘ったお陰で性能差が出やすいタイヤというファクターを色々履かせて頂いて得たひとつの結論は、コレが良い!って事よりも1UPのタイヤチョイス!だなと思いました。

イメージ 5

イメージ 6

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事