社長日記

[ リスト | 詳細 ]

静岡で車屋さんと学習塾を経営している若いアロワナ似社長。
経営の仕方、視点、見方、捉え方などが変わっています。
記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

新年のご挨拶〜新光

イメージ 1

あけましておめでとうございます。

新光は今年で7年目を迎えることとなりました。

これまでも、これからも、

「1人1人のお客様のために。感動.。」をテーマにお客様が実感いただけるサービス

の提供を続けてまいりたいと思います。

本年も新光をご愛顧いただきますよう宜しくお願い申しあげます。

2008年も、みなさまの益々のご健勝とご多幸を心より祈願しております。

元旦

新光ガレージ http://kurumakun.jp
新光スクール http://manabukun.jp

この記事に

開く コメント(0)

見るTV5

4日放送のテレビ東京「ガイヤの夜明け」を見た。

セイホ“新”戦国時代〜あなたの保険は大丈夫?

・かんぽ生命 ・・・動き出した巨大生保

・日本生命 ・・・生保レディの現場

・多様化する生保商品のセールス・・・リンクトラスト、ハートフォード生命

140年間、規制に守られてきた生保業界。
今年10月には郵政民営化で国内最大手の生命保険会社〜かんぽ生命が誕生した。
総資産112兆円、日本生命の2倍以上の巨大さだ。
12月には業界最大にして最後の規制緩和、銀行窓販全面解禁が行われる。
販売方式も「生保レディに頼る」時代から、銀行窓販や来店型店舗、
ネットなど様々な手法で保険商品を売る時代になってきたのだ。
一方で、保険金未払い問題の発生で、生保業界には逆風が吹き荒れている。
地域や人間関係に頼って契約を取ってきた生保業界も、生き残りをかける激動期に入った。

新光ガレージも車屋ですので沢山の損害保険(損保)を取り扱っています。

中でも多いのが自動車保険です

車を買えば必ず入る当たり前のようになって来ました。

任意保険だけど任意でない保険です。

今ではネットや電話でするような安い保険も沢山出てきました。

新光ガレージでもネットや電話でするような安い保険の代理店

そんぽ24http://www.kurumakun.jp/sonpo24/index.htmもしています。

この頃はそんぽ24http://www.kurumakun.jp/sonpo24/index.htmの契約が急に増えて来ました。

安いが1番、ネットの時代が来ました。

そろそろお歳暮渡しにいかないと・・・・

新光ガレージhttp://www.kurumakun.jp

この記事に

開く コメント(0)

誕生日

29歳。経営者になって早いもので7年が経ちました。

私は先祖に報告しに御殿場まで家族でお墓参りに行きました

帰りに5歳の息子が私にくれたものは干しイカ

私の好きなイカを29歳の誕生日にくれたことは涙がでるほどうれしかったです

1歳の息子は沢山の笑顔を私にプレゼントしてくれました。

妻は手作り眼鏡ケースをくれました。表にはシール裏には家族のプリクラが沢山貼ってありました

仕事へもっと頑張る意欲が沸きました。

この記事に

開く コメント(2)

息子5歳の誕生日

今日は息子の誕生日です

誕生日プレゼントに悩みました

私は図鑑か空飛ぶヘリコプターかブロックと思いました

ふと私の5歳の時のアルバム見たとき私が仮面ライダーのベルトをして

喜んで変身していた写真がありました。

父親が誕生日に買ってくれたのです。

親子2代で仮面ライダーのベルトをつけたのです。

息子5歳の誕生日でした。

この記事に

開く コメント(0)

見るテレビ4

11日放送のテレビ東京「ガイヤの夜明け」を見た。

甦れ!夢のマイホーム「〜中古住宅の新たな活用法〜」

・新築を超える中古を目指せ!…東急電鉄

・激安中古一戸建てが登場!…三越コンセイル

・あなたの家、借り上げます!

日本では60歳以上のシニア層の持ち家比率は約80%。
しかし、年をとって、子供が独立し空いた部屋は、物置代わりに使われているなどのケースが目立ってい
る。本当は便利の良いマンションなどに住み替えたい…そう考えるシニアは多い。
だが日本では木造住宅は10年以上経つと市場では殆ど価値を認められない。
売ろうと思ったら、家屋を壊して土地だけを売るしかない。
その結果、住宅の平均寿命はわずか26年。イギリス75年、アメリカ44年に比べると大幅に短命だ。
シニア層が持て余す一戸建だが、しかし子育て世代には広い家へのニーズが高い。
そこで、こうした世代の橋渡しをしようと、中古住宅の新たな活用法が始まった。

私も中古車を「新車負けない車」にして売っているので時間をかけ考え仕上がったくるまを

渡す時は嫁に出すような気持ちになる。

古いくるまの(あじ)は残し、現代のもの(科学)は付け替えて販売するので安くできる。

日本は走行距離10万キロ超えると廃車にしたり車を変えてしまうが、

海外では10万キロからがよく売れるのだ。車の海外輸出は伸びているもの現実だ。

中古に抵抗感を出す前に掘り出し物をみて見るのも

「いいもの安く買う」こつかも・・・・(笑)


新光ガレージhttp://www.kurumakun.jp/

この記事に

開く コメント(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事