全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全78ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

新ブログ作成しました

 他所にブログを作りました。

 「気まぐれ写真館」 http://ms090.exblog.jp/
 新しいブログでは、旬を過ぎてしまった物、すぐにアップしたい物、何となく気に入った物などを
 深く考えず、コメントも適当な感じで書いてサクサクアップしていく予定です。


 こちらのブログは存続します。
 こっちでは、今まで通り時系列順に写真を並べたり、状況説明の写真を入れたりして
 記事(主に登山)を作成してアップします。


 新しいブログを作った理由はいくつかあるのですが
 ・Yahooブログが重くて、あまり開く気にならない。
 ・仕事が忙しく、記事形式でアップする時間がない。
 ・レーシックで目が良くなったので、目が悪くなりそうな事(PCとか写真現像)
  をあまりしたくなくなった。これが一番ww。

 こんな感じです。

 これからもお付き合い宜しく御願いします。

開く コメント(1)

 1日目は駐車場を11時に出発、真狩コースで避難小屋を目指しました。

 この日は、今年一番の暑さ! 温度計は25〜30℃を常に指している。
 一合目に着くまでに、もう汗だくで嫌になりましたが折角とった有休を無駄にはできないので
 もくもくと小屋を目指し登る。
 この山は、もう2回登っていて小屋に着くまで見所はないのを知っていたので、カメラは
 ザックの中で写真は無し。

 16時前に小屋着。

 ガスって遠望は利かないが、神秘的な夕焼けになりそうな予感。 
イメージ 1

 夕焼けの始まり。積丹半島方面。
イメージ 2

 太陽さんは少ししか顔を出してくれませんでした。ロウソクの炎のような優しい輝き。
イメージ 3

 ニセコ連山を一望。一番手前は「ニセコアンヌプリ」、斜面にはヒラフスキー場。
イメージ 4

 モヤが掛かって神秘的。
イメージ 5

[すべてExif情報有り]

 2年前は、雲海に覆われた夕陽。記事参照 http://blogs.yahoo.co.jp/kurumaryokou/33946016.html
 今回は違った夕陽を見れて大満足。

 続く。

撮影日:2009/6/28  KX2+EF−S10−22mm&シグマ18−125mm

開く コメント(2)

 
 みなさん、ご無沙汰です。激務で死んでました。(+_+)
 
 正月のピーク時から体重は9kg減り、体脂肪率は13.5%まで低下。
 いつの間にやら、登山に理想的な体に変貌。

 無理やり有休取って、羊蹄山に一泊してきました。 
イメージ 1

 当然御来光狙いで。
イメージ 2

[すべてExif情報有り]

 写真・・・まったく現像してないので、少しずつブログ更新していきます。

 前回更新した道南旅行の記事ですが、機会があればまた今度更新します。
 その他にも写真は沢山撮っているのですが、まったく現像してません。orz

  
撮影日:2009/6/28〜29  KX2+EF−S10−22mm&シグマ18−125mm

開く コメント(2)

 
 職場の環境がすっかり変わって、5月病になりご無沙汰してしまいました。

 不況のあおりを受け、人員削減、給料削減・・・これで仕事量も減れば良かったのですが

 人が減った分、仕事は忙しくなってしまい ┐(-。ー;)┌ヤレヤレ な毎日。

 
 息抜きに登山に行きたいのですが、その元気も無くキャンプ旅行で代行。
 今回は4月に行った旅行の記事をアップしていきます。


 ETCを助成金利用して付けたので、片道300km、函館近辺まで行って来ました。

 1日目はのんびり出発したのでキャンプのみ。場所は、函館から近い北斗市にある『湯ノ沢水辺公園』

 無料キャンプ場ですが、オートサイト35張り、水場、綺麗なトイレ、ゴミステーション有り
 としっかりしたキャンプ場でした。
 山間部にあり、脇には川が流れ静か。平日と言う事もあり、1人っきりで独占状態。
イメージ 1


 夜は、動物達の鳴き声や足音を聞きながら就寝。「癒される〜zzz」

 朝、起きてみるとなまら寒い。
 4月24日と言うのに、テントも車も霜が降りて真っ白。車の温度計では−3℃。
 上着にフリース、インナーにフリースのシーツ、ダウンシュラフで顔面以外は快適に眠れましたけど
 写真を撮るため、外に出るのが辛かったww。
イメージ 2

イメージ 3

[Exif情報有り]

 自然の中でマイナスイオンを浴びて、5月病も治ってきたので、ブログの更新再開です。
 のんびりですけどね。

 撮影日:2009/4/24  K100D+DA10−17

開く コメント(2)

 
 この山の魅力は何と言っても下山ですね。

 室蘭港や地球岬を見ながらの快適な稜線歩き。
イメージ 1

 左右に張り出した雪庇の道。
イメージ 2

 途中、落とし穴っぽい所も。登りの時には気が付かなかったが、トレースは雪庇の上を歩いている。
 「その1」で掲載した工場越しの稀府岳写真は、煙の向こう側から撮影した。
イメージ 3

 空中散歩気分。
イメージ 4

 名残惜しいが、輝く太平洋を見ながら下山。
イメージ 5

[すべてExif情報有り]

 標高702mの低山だが、見晴らし最高、高度感ある歩きも楽しめる良い山でした。
 お気に入りの山、また一つ追加♪

  
撮影日:2009/3/5  KX2+シグマ18−125mm

開く コメント(2)

全78ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事