ここから本文です
府中/車屋のブログ
東京/府中,東八道路(新府中街道)沿で27年 輸入車を主に販売、整備、買取を行ってます!

書庫全体表示

業者様よりご依頼のVW ゴルフ トゥーラン(2006y/1T)の点検。

2Lエンジン搭載の初期モデルはタイミングベルト方式のエンジン。

整備ポイントを押さえておけば長くパワフルな走りが楽しめます。

イメージ 1

他店にて車検取得後、「気になることがある」と業者さまよりご相談いただき、

確認作業の為ご入庫いただきました。

走行機会の少ないこのお車のチェックポイントは、
・冷却水が微量だが減る(警告灯が点灯するほどではない)
・どこにも漏れ跡が無い(上下目視にて)
・走行距離に応じて少量減っている(乗らなければ減らない)

さっそく点検です。

この年代のフォルクスワーゲン「水漏れあるある」は、

樹脂製のサーモハウジング、ウォーターフランジ等ですが、

しっかり痕跡を残すので、今回はそれ以外の模様。

加圧テストではしっかり漏れ跡が確認出来ないので、

疑わしい個所を裸にしていきます。

イメージ 2


ウォーターポンプはタイミングベルトカバーに覆われ、

タイミングベルトカバーはエンジンマウントに覆われている為、

マウントを外す為、エンジンを吊上げて作業をします。


クランクプーリーのカバー裏には冷却水の漏れ跡がうっすら。

イメージ 3


ウォーターポンプより冷却水漏れと軸のガタが確認出来ました。

綺麗に洗浄し、ウォーターポンプを交換します。

せっかくここまで外したので、予防整備にはなりますが、

タイミングベルト&テンショナーも同時に交換にて工賃がお得です。

イメージ 4


各部調整しながら固定し、

エンジンマウントを基本位置へ調整し組み付けて元へ戻します。

冷却水を交換し、再度リークテスト。

冷/温感時共に他の部位に漏れが無い事が確認出来たので完成です。


初見のお車ですと、どれだけの期間でどれだけの量が減っているのか、

また、オーナー様の使用状況と整備状況の把握が重要となります。

クイック車検などの点検で、外への漏れ跡が確認出来ない場合は、

「良し」と判断せざるを得ない見えにくい微量な症状。

今回のご依頼も点検後、冷却水が減る事に気付き、

カバーを外して内部の点検が出来た為、

オーバーヒート等になる前に処置が出来ました。

外から簡単に確認出来る部位ではない消耗品は、

一定の距離と年数が経過したら点検または交換が安心です。


by masa

〜まだ雪山行くでしょ!輸入車スタッドレスレンタルやってます〜

 ↓↓↓↓にほんブログ村へ↓↓↓↓
https://car.blogmura.com/car_service/ 
イメージ 9

↓↓↓人気ブログランキングへ↓↓↓
https://blog.with2.net/in.php?1605956
イメージ 10

輸入車のことなら 株式会社 車屋ゼロ
http://www.kurumaya-zero.com/
     TEL042-361-0606
イメージ 11


車屋ZERO×LINE@


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事