「土佐の黒鯛(チヌ)釣り師」が行く

夢の60cmオーバーを目指しての堤防巡り。

全体表示

[ リスト ]

 かなりまとまった春の雨が降り、新荘川がやや増水して、海に濁りが入りました。

 黒鯛(チヌ)の乗っ込みが開幕する時期に重なり、「こりゃあ、もろうたも同然ぜよ」と意気込んで西堤(新荘漁港)に出釣(しゅっちょう)です。

イメージ 1

 テトラポッド近くで釣り始めますが、フグ族の猛攻に遭い、たじたじ。定番のコモンフグさんが釣れた後、クサフグ君も登場。今年は、久しぶりにクサフグが須崎に海に帰ってきました。昨年までは姿を消し、コモンフグばっかりでしたが、4:1の割合でクサが交じります。

イメージ 2
(※上がコモンフグで、下がクサフグ。見分け方は、斑点の形。そして、目の下に斑点が無いのがクサフグという見分け方もあります。)



 ハリスがプッチリプッチリ噛み切られるのに業を煮やし、ポイントを移動です。どうも、フグ族はエサが豊富なテトラポッド付近を好んでコロニーを作って生息しているようです。今日もまたフグにしでられ(=いじめ抜かれ)すごすご退散の図。

 突き出た堤防の突端部、灯台の真下で仕切り直し。低気圧通過後の西高東低の気圧配置になり、強い北西風が吹いているので、灯台の基部部分が屏風(びょうぶ)岩のようになって助かります。

 こちらにはフグは居なくて釣りがしやすいです。茶色に濁った海なので、黒鯛(チヌ)がお出ましになりそうな気配はプンプン。気合を入れまくって、3ヒロ前後のタナを流していると、ウキが気持ちよくシモって、ヒット、フィッシュ、オン。キュンキュン走って竿を曲げてくれたのは、足裏サイズの寒グレ。嬉しいゲストです。


イメージ 3

 エサ取り上手なお魚さんが居て、ウキは沈むのに鈎(はり)掛かりさせられずに、もどかしい思いをする時間がしばらく続いた後、やっとヒット。良型のササノハベラ。これは嬉しいです。お造りの旨さは、特筆もの。

イメージ 4


 やった〜とほくそ笑んでいると、今度は、待ちに待ったキュウセンちゃんです。緑色の雄。良型なので、タモ網を出そうかと思うぐらい嬉しいです。春になり、海が温かくなったので砂の中での冬眠から目覚めてくれたのでしょう。

イメージ 5


 こいつってこぢゃんと美味しいんです。瀬戸内ではギザミと呼ばれ高級魚として名高いですが、土佐の高知ではその価値が知られておらず、ああ、ベラかと振り返られず海にポチャンと返されます。私は違います。キスゴ(シロギス)よりも刺身は美味しいことを知っているのですから、当然のようにキープ。それも大喜びして。

 コモンフグ、クサフグ、グレ、ササノハベラ、キュウセンで早々と五目釣りの達成です。続いてサバゴが釣れて、

「ここに居るお魚さんは全部釣れた。黒鯛(チヌ)以外はね。」

 と独り言ちます。

 さらに、ササノハベラが釣れ、コッパグレが釣れて、北風に吹かれて木っ端(こっぱ)のようにひらひらと宙を舞っています。

 マキエサがかなり効いてきて、お魚さんが竿下に集結しているようなので、大本命もそろそろお出ましになるのではないだろうかという予感が胸に膨らんできます。ベラと同じ魚信(あたり)があったので、ウキが視界から消えるまで待って、おもむろに合わせを入れると、ガッツン。

 やっと来てくれましたよ。

 To be continued(=続く)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事