「土佐の黒鯛(チヌ)釣り師」が行く

夢の60cmオーバーを目指しての堤防巡り。

全体表示

[ リスト ]

 ここのポイントでは、落とし込み釣りで黒鯛(チヌ)の良型・大型とファイトした経験あまたなので、余裕のやり取りで竿の曲がりを楽しみます。

 重量感のある泳ぎではありますが、スピードや切れ味は寒グレとは比べるべくもありません。竿をため、胴のしなりを利用して突っ込みを耐えていると次第に浮いてきます。腹を返す時のギラっとする光景には見惚れます。

イメージ 1

 釣果は、春のうららかな陽射しに輝く銀鱗眩しき、48㌢の綺麗な乗っ込み黒鯛(チヌ)。ボディがパーンと張り、お腹もでっぷりしたお母さん黒鯛(チヌ)なので、可哀想になりますが、今回はリリースせずに家族の食材としてキープです。お造りと水炊き(鍋物)の具材になってもらい、供養させてもらいます。

イメージ 5

 狙い通りの1枚にご満悦となり、後はルンルン春ラララの気分でのんびりと竿を出していると、足裏サイズの寒グレや性転換中のキュウセンが釣れてくれて、嬉しさはいや増します。

イメージ 2

 さらには、チビガシラ(カサゴ)ちゃんも釣れて、8目釣りを達成!指を折ってみると、1コモンフグ・2クサフグ・3グレ・4ササノハベラ・5キュウセン・6サバゴ・7ガシラ・8黒鯛(チヌ)。オオ〜ワンダフル!

イメージ 4

 強い西風を灯台基部の屏風岩でしのぎながらの釣りでしたが、十分満足でした。テトラポッド付近で釣りを始めた時は、フグ族の猛攻にたじたじとなり、またかよと嘆息を吐いたものですが、思い切ってポイント移動して正解でした。

イメージ 3

 黒鯛(チヌ)よりも好きなキュウセンベラの良型もものにでき、さらに堤防からだと上等の寒グレ足裏サイズも2枚Get。こりゃあ、この春は久しぶりに西堤詣でを再開しなければと気が逸る土佐の黒鯛(チヌ)釣り師もうすぐ老年の仲間入りおんちゃんなのです。

この記事に

閉じる コメント(4)

こんばんは(^-^)

いつ見ても綺麗なおチヌ様ですね(^-^)
頬の辺りと尾ビレに淡い緑が見え、回遊タイプだと思います。

21日の春分の日は天気が良ければ嫁様と一緒に宇佐から須崎のどこかで波止釣りを楽しもうとたくらんでます(^。^)
良い場所があれば是非教えて下さい
(^◇^;)

2019/3/13(水) 午前 4:09 たかが石鯛されど石鯛 返信する

顔アイコン

堤防でこの釣果は最高ですね〜〜
私もキュウセンはゲットです〜〜

2019/3/13(水) 午後 3:19 [ 竜翔丸 ] 返信する

顔アイコン

「たかが石鯛」さん、さすがにお目が高いです。

居付きの黒鯛(チヌ)は浅場にいるせいか、真っ黒く日焼けしていて、銀鱗ではなく、黒鱗で、甲冑武者の趣があります。

宇佐にはあまり行ったことがないので、ホット生情報は知り得ません。

須崎界隈では、やっぱり、安和の突堤が一押しです。

第二は、新荘漁港。第三は、久礼の双名島。こんなところでしょうか。

寒グレは終盤戦なので、黒鯛(チヌ)がメインになります。ということは、濁り具合でA級になったりC級になったりとポイントの良さが変わるので、天候に注目ですね。

2019/3/13(水) 午後 6:45 [ kururin ] 返信する

顔アイコン

「竜翔丸」さん、キュウセンは綺麗な白身で、お造りも塩焼きも美味しいですよね。

昨日、ササノハベラと食べ比べすると、刺身はササノハベラの方に軍配が上がりましたが、塩焼きの方は、キュウセンが断然上。

というか、ササノハベラは焼くと臭いが出て、正直まずかったです。お造りはこぢゃんと旨いですが…。

2019/3/13(水) 午後 6:49 [ kururin ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事