「土佐の黒鯛(チヌ)釣り師」が行く

夢の60cmオーバーを目指しての堤防巡り。

全体表示

[ リスト ]

 2㎏のブロックを無理むっちゃく海底から抜き上げるかのようなファイトで、磯竿を弓なりにしならせ巻き上げると、こちらむきになったお魚さんがいったん目視できるところまで浮上しました。

イメージ 3

 長いボディをくねらせるので、ありゃ、ボラか…と思いましたが、反転して潜ろうとする姿はボラではなく、体高があるお魚さん。そう、黒鯛(チヌ)ではありませんか。スズキの活きエサであるニロギ(ヒイラギ)やミニサイズのチダイを狙っていたので、突然の大物に驚かされます。

 向こうむきになった黒鯛(チヌ)の走りは重々しく、スピードもまあまああって竿が大きく弧を描きます。重量感のある強い引き味を楽しむように、あわてずじっくりとやり取りを楽しみながら寄せます。シモリや障害物のないフラットな海底なので、2号ハリスを切られる心配はまずありません。

 堤防際のオーバーハングした箇所に突っ込みますが、竿を寝かせて反対方向に誘導するゆとりがあります。西堤(新荘漁港)で、落とし込み釣りで大型黒鯛(チヌ)と数限りないバトルを経験したことで、ファイトの仕方は体に染み込んで自然に適切でスムーズな竿さばきができてしまうのですね。

イメージ 2

 重厚感に満ちた引きを堪能させてくれた黒鯛(チヌ)が、観念して海面に浮き上がり、ヒラを打ちます。デジカメで写真撮影してから、タモ網ですくい上げると、精悍で凛々しい面構え。肢体は大型にしては均整が取れて、鱗が若々しく銀ピカに輝く美形。頭が角ばっているので、雄の黒鯛(チヌ)ではないでしょうか。

イメージ 1

 黒鯛(チヌ)は個体によって、姿かたちが大きく異なり、引く力も千差万別。この黒鯛(チヌ)は、筋骨隆々でこぢゃんと力が強く、久しぶりに黒鯛(チヌ)釣りできつめに締めたドラグが、竿を伸された際に滑りましたよ。

イメージ 5

 思いがけない出会いに胸を躍らせ、記念撮影と検寸をテキパキと済ませた後、タモ網を海面に伸ばしてリリースの儀式です。50㌢超のナイスバディを翻らせて、元気に深場へ戻っていく黒鯛(チヌ)を見送る時、満足感と充実感が胸に満ちてきます。

イメージ 6
(※向かいの突堤には、落とし込み釣り師とシーバスのルアーマンがいました。)


 その後、コモンフグが釣れるだけで、時間が空しく経過しますが、1枚の年無しとのファイトの余韻が残って、桑田山を望む景観を楽しみながら、余裕のよっちゃんで泳がせ釣りの活きエサ釣りを続行していると、やっと釣れました。ちっちゃな黒鯛(チヌ)。チンチンと呼ばれる赤ちゃんです。

 先ほどのお魚さんと同じ種類とは思えぬほどの可愛さなので、面白がってタモ網に乗せ、同じポーズで撮影させてもらいました。

イメージ 4

 傷を最小限に抑えるために、鼻先に鈎をチョン掛けしてしばらく泳がせてみましたが、スズキのアタックはありませんでした。でも、満足です。思いがけぬ出会いに恵まれたのですから。まったく眼中になく狙っていない時に限って、こうして予想外のビッグワンが釣れちゃったりするのですから、釣りは楽しく妙味に満ちています。

 2年前にも同じことがここで起きたことを想い出します。その時もチンチンを狙っていて、55㌢が釣れました。まるで、「狙っていないと釣れるの法則」でもあるように思えてきます。

イメージ 7

閉じる コメント(4)

顔アイコン

大物のチヌゲットできていいですね〜〜
最近大きなチヌなかなかお目にかかれません〜〜

2019/5/14(火) 午後 5:01 [ 竜翔丸 ] 返信する

こんにちは(^-^)

綺麗なおチヌ様ですね!体高がありヒレピン!尾ビレの縁がほんのり緑色をしてる。
尾ビレも大きく回遊タイプ?
居着きのチヌと違い回遊タイプは引き味も強く海底を這って走って行く感じがありますよね。
二枚目のおチヌ様(@_@)

タモのサイズと比べて思わず(苦笑)
もう当歳魚が釣れ始めたようですが、リリースかと思いきやスズキの泳がせ餌になるとは(^_^;)
スズキも何でも食べるんですか?知りませんでした(^◇^;)

2019/5/15(水) 午後 1:14 たかが石鯛されど石鯛 返信する

顔アイコン

「竜翔丸」さん、湾奥の誰も竿を出さない堤防で、ひとりいい思いをしています。

隠れた穴場を自分で開拓していく喜びがあって、黒鯛(チヌ)釣り師のプライドがむくむくと膨らんでいますよ。

2019/5/16(木) 午後 2:45 [ kururin ] 返信する

顔アイコン

「たかが石鯛」さん、銀ピカの年無しは珍しいですね。

おっしゃる通り、いぶし銀の老成魚とは一味違う元気はつらつの引き味を見せて楽しませてくれました。

スピードのある潜水艦。底を切るのに苦労させられました。

同じポイントで釣れるスズキは、20造阿蕕い離ンパチの幼魚にもかぶりついてきます。鈎掛かりさせられず、バラしましたが…。

ですから、タモ網の中の15造離船鵐船鵑覆鼻大きな口を開けて一飲みですよ。

ここでは、マルスズキの75造硲沓貝造鯆爐辰深太咾ありますが、両方とも、ゲンナイ(クロホシイシモチ)の活き餌でした。今年も釣りたいものです。

2019/5/16(木) 午後 2:51 [ kururin ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事