全トラックバック表示

トラックバック: 2件

全1ページ

[1]

[ 藪井竹庵 ]

2012/9/25(火) 午後 8:43

助六太鼓

 東京の盆太鼓スタイルであった斜台による打法を初めて組太鼓に取り入れ構成されたのが助六太鼓です。現在、斜台は助六台とも呼ばれ、そのスタイルは日本のみならず全世界に広まっています。    昭和34(1959)年頃、湯島に残された太鼓の継承を目的とし、盆踊りの太鼓打ちが集まり発足したのが助六太鼓の始まりです。その後太鼓打ちが高じた仲間達で組太鼓を創作しました。国際劇場の鳴り物師、杵屋佐三造先生に邦楽器の基礎指導を受け、江戸の伝統を生かし、現代に伝わる和太鼓文化を研究し、盆太鼓で磨いた技と個性

[ 楽器の基礎知識 ]

2007/2/7(水) 午前 9:32

太鼓について

太鼓太鼓(たいこ)は、動物の皮などで作った薄い膜を枠(胴)に張り、それをたたいて音を出す楽器である。楽器分類学では「膜鳴楽器」と呼ぶが、実用上の楽器分類では「体鳴楽器」とともに打楽器に分類される。胴と膜の枚数によって、分類される。* 円形の枠に1枚の膜を張るもの

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事