旅の想い出 with Jimny JB23

大きくて黄色いランクルに変わり、小さくて可愛いジムニーで旅します!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全34ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

スピーカーケーブルをZonotone 7NSP-Grandio 10に交換して以来、毎日、いろんなCDを使って試聴を繰り返してきました。当初は、高価なケーブルなので音が良くて当然といった思い込みもあり、これが良い音なんだと自分を無理矢理納得させていましたが、だんだん自分の求める音と違うことに気がつきました。

そもそもLUXMANのアンプとCDプレーヤを購入して気に入っていたところは、低音の量感はなくても、疲れない、立体感がある、といった部分でした。決して派手ではないけれどバランス良く鳴るのはスピーカーの特徴でもあったはず。ケーブルをZonotone に換えたことで低音の量感はちょっとだけアップしましたが、それと引き換えに音が暴れ出し、高音がキツく疲れる音になってしまいました。

そんなわけで、ケーブルは元のSAEC SP-600に戻しました。
たったの3週間ですが、久しぶりに聴いた優しい音にホッとしてしまいました。

Zonotone 7NSP-Grandio 10は高い買い物でしたが、いい勉強になりました。いつかスピーカーを買い替えることもあると思うので、そのときに再度試してみようと思います。

開く コメント(2)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

特に不満もなく、大好きなJAZZを聴く毎日。このままでもじゅうぶんなのですが、何もすることが無いのはつまらないので、スピーカーケーブルを交換することにしました。
購入したのは、Zonotone 7NSP-Grandio 10。中古で\88,000。(2m×2本)
Zonotoneは最近評判のいいメーカーで、ずっと気になっていました。

ネットで注文し、翌日には届きました。わかってはいましたが、太い!1極だけでも今使っているSAEC SPC-600とほぼ同じ太さがあります。

さて、交換して試聴です。
低音が、解像度そのままに音圧アップしました。ある意味、唯一の弱点と考えていた部分が克服された形になります。まあ、あくまでも私個人の満足レベルの話ですが・・。
SAEC SPC-600は\1,050/m。価格差20倍以上を考えれば、当たり前といったところでしょうか。

開く コメント(0)

小川町・官ノ倉山

イメージ 1

小川町にある官ノ倉山を登ってきました。
東武鉄道のおすすめハイキングコースとなっており、標高も344mとお手頃。
軽い気持ちで登り始めましたが、250mくらいの金勝山に着く頃には、すでに全身汗だくになってしまいました。わかってはいましたが、あらためて運動不足を痛感させられました。

いったん下山し、長い舗装路を歩き、再び官ノ倉山目指して登り始めました。
よくよく考えると、金勝山に登る必要はなかったような・・。(汗)
つづら折りの急勾配を登りきると官ノ倉峠、そこから方向を変えて登ること3分くらい、あっという間に頂上につきました。山頂は見晴らしが良く、小川町が一望できます。長椅子もあって、お弁当を広げるにはもってこい。

・・が、お弁当を持ってこなかった私は、小休止しただけで下山。(涙)
いったん下って登り返すと石尊山の山頂。ここも登山者の休憩ポイントとなっています。
クサリ場のある下りが終わると、縦走路も終わりとなります。

帰りは帝松という酒蔵で大吟醸ソフトを堪能、小川町駅から帰路につきました。

官ノ倉山は低山ですが、山頂の眺望が素晴らしい名山でした。

開く コメント(0)

巾着田の曼珠沙華

イメージ 1

イメージ 2

満開の曼珠沙華を見るため、自転車で巾着田まで行ってきました。
昨日、テレビで放送したこともあり、駐車場渋滞が発生していましたが、自転車なので関係なし。
入園料は200円と安いですが、無料エリアからでも じゅうぶん楽しめます。・・・というか、土手の上から全体を観れるので、より綺麗に見えると思います。
また、無料エリアにはコスモス畑もあり、日和田山をバックに写真を撮る人たちでいっぱいでした。
台風17号の影響で、夕方から風雨が強まっていますが、満開の曼珠沙華にも少なからず影響するでしょう。その前に見れて良かったです。

開く コメント(0)

イメージ 1

イメージ 2

夏の北海道で、1日かけて林道を走ってきました。

まずは、数年ぶりに開通したヌプントムラウシ林道。
復旧箇所の荒い砂利で四輪が滑り、危うく崖下に落ちるところでした。
同じパートタイム四駆でも、重量級のランクルとは別の乗り物のようです。
対向車に気をつけながら、ヌプントムラウシ温泉に到着。キャンパーでいっぱいでした。今回は足湯のみで引き返すことにしました。

次に狩勝峠近くにある林道へ。
ここは列車事故があった新狩勝トンネルの上を抜けて新得まで続くロングダートです。
所々で展望が開け、増田山の頂上からは新得の街を見下ろすことができました。

ジムニーは軽量だからか、タイヤがH/Tだからか、四駆で走っても滑ります。まあ、楽しめる・・とも言えますが、調子に乗ると危ない目に遭いそうです。

開く コメント(0)

全34ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事