旅の想い出 with Jimny JB23

大きくて黄色いランクルに変わり、小さくて可愛いジムニーで旅します!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

Pioneer S-A77TB

イメージ 1

現在、ホームシアターのメインSPとして使っているPioneer S-A77TB。4年前に購入したものだが、実売6万円くらいで買えるSPの中では比較的いい音で鳴っていると思う。

小口径の低域ユニットにもかかわらず、引き締まった低音をかなり低い周波数まで再現できるし、トールボーイ・タイプということで音像もはっきりしている。逆に音の厚みのようなものは薄い。しかし、これは私がAVアンプを使用しているからかもしれないし、決して不満に思っているわけではない。

もともと床(ニセ・フローリング)にスパイク3点支持で設置していたが、(部屋の構造もあるのだが・・)中高音がきつくボリュームを上げることができなかった。その後、TAOCのサウンド・クリエート・ボード(SCB-RS)を挟んでスパイク3点支持、かつ部屋のコーナーにクッションを置くことで音に落ち着きが出てきて、ボリュームを上げても破綻しなくなった。

開く コメント(0)

iMac 2.4GHz

イメージ 1

私の愛機はiMac/2.4GHz。メモリは4GBに増設し、BootCampでVistaを使用している。(実際はほとんど使用していない。)現在は動画編集に大活躍だ。

初めてのMacは、9年前くらいに買ったPowerBookG3/333MHz。AppleStoreで34万くらいしたのを覚えている。その後、PowerMacG4/1.25GHzを経て、昨年このiMacを購入した。当時、メモリ増設&Vista(OEM版)込みで23万くらいだった。これでもかなりお買い得感があったが、今なら同じ内容で15万くらい?。

私はヘビーユーザー(パワーユーザー?)ではないので、正直、PowerMacG4でも問題なかったが、動画を扱うようになり少しでもパフォーマンスの高いマシンが欲しくなった。拡張性を考えてMacProという選択もあったが、結果としてiMacにして正解だった。
iMacのいいところは、

・動画編集にじゅうぶんの性能(HDは除く)
・静か
・デザイン
・FW800がある

逆にイマイチな点は、

・液晶ディスプレーの視野角が狭い(20インチ・モデルなので)
・拡張性
・デザイン重視のため、インターフェースが背面にあり使いづらい

PowerMacG4のファンがとてもうるさかったので、iMacの静かさは本当に有り難い。
拡張性については購入時にメモリを最大まで増設、それからセンチュリーの裸族のお立ち台・スーパーコンボをFW800で接続し補っている。(最近、調子が悪くHDを認識しなくなった。)

今は本機の性能・機能に満足しているが、あと1年もすると買い替えたくなるのかな・・。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事