全体表示

[ リスト ]

放射性物質での<汚染廃棄物>の試験焼却が、遅れるとか

 東京電力福島第1原発事故に伴う放射性物質で汚染された国の基準(1キログラム当たり8000ベクレル)以下の廃棄物を巡り、焼却処理を予定する大崎、石巻、黒川、仙南の4広域事務組合のうち、4市町村でつくる黒川地域行政事務組合の試験焼却が、四月以降にずれ込む可能性が高まっていることが、分かったのである。

 同事務組合は環境管理センター(宮城県大和町)に建設中の新焼却炉で試験焼却する方針を検討し、新焼却炉は今月の性能試験を経て、事務組合への引き渡しが三月二十日となり、落成式が二十六日に予定されており、三月中の試験焼却開始は困難となったのである。

 九日に開催された、事務組合議会定例会の一般質問で、理事長の浅野元・大和町長は「住民への説明や新焼却炉での試験焼却も考慮しながら、総合的に判断したい」と答弁したのである。

 4事務組合と宮城県は昨年十二月、試験焼却を一斉開始する原則を見直し、二月上旬以降に順次進める方針で合意していたのである。浅野理事長は「地元住民に対して作業手順や運搬経路の説明も予定している」と話し、実施に理解を求めたのである。

 本当に燃やして大丈夫なのか、素人は、おおいに心配するのであるが。

(二〇一八年二月十一日)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事