全体表示

[ リスト ]

教員の業務負担軽減のために、尼崎市が、代行スタッフを、全小学校に今秋から配置するのである、劃期的なことである

 時間外労働の常態化などが問題視されている学校教員の働き方を改善しようと、尼崎市が、今秋から、教員の事務作業を代行する臨時職員「スクール・サポート・スタッフ」を公立の全小学校に配置することを決めたのである。

 教員の一部業務を肩代わりすることで、長時間労働が深刻な教員の負担軽減を目指のである。

 素晴しいことである。

 同スタッフは、文部科学省が全国の小中学校に配置を進めているところであるが、微々たるもので、尼崎市内は、中学1校にとどまっているのである。

 そのため、市は独自予算でスタッフを大幅に拡充することにしたのである。

 自治体レベルで全校にスタッフを配置するケースは、余りその例を聞かないだけに、劃期的なことなのである。

 文科省が実施した平成二十九年度の公立校教員の勤務実態調査では、小学教員の3割が、月80時間以上の時間外労働を目安とする「過労死ライン」を超過しており、授業準備や事務作業の負担の多さが問題になっているのである。

 尼崎市でも実際、教員の働き方をめぐり、現場から「多忙の中でプリント印刷や電話の取り次ぎが重荷だ」といった声が上がっていたのである。

 スタッフは、今年十月から市内の公立小学校41校と特別支援学校1校に1人ずつ配置されるのである。

 そして、授業で使用する資料のプリントやアンケートなどのデータ入力、来校者の対応などを行うのである。

 平日4時間ほどの勤務で、資格は必要ないというのも、良いのである。

 来春までの半年間で人件費約1900万円を見込んでおり、市はスタッフの効果を検証しながら、中学校での配置も検討していくという。

 激務といえば、中学の方が激務かもしれないのである、そちらから始めるという手もあったと思うのだが。

(二〇一九年二月十四日)

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事