震源地

最近、歳を経るに従って気が短くなっているのを自覚する。その時、その場で怒れない自分の優柔不断にも腹がたつ。退屈するようなテンポで

庶民感覚

 私が小さい頃、トイレは外にあった。  寒い寒い東北の冬。雪国の中でももちろん、トイレが家の中にあるなんてことは無かった。  だが、今や、家庭のトイレが家の外にあるなどと言う所は、少なくとも田舎の家でなければほとんど無い。  外のトイレの時、そのトイレは扉も簡単なもので、別にびっちり鍵が掛かる物でもない。臭いも、そのまんまの臭いが地底奥底から立ち上ってくる。暗い裸電球の周りにはくもの巣があり、時おり餌食になった虫たちの抜け殻がぶら下がっている時があった。  私たちが「便所虫」と呼んでいた黒くて細長い虫は、不思議な程ちゃんと便所の周りに住んでいた。時おりぴょんと跳ぶこともするのだが、別に人間に危害を加える訳でもなく、私たちと共存していたように思う。  その頃の便所で使う「紙」は、ほとんどが新聞紙であった。中にすべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事