全体表示

[ リスト ]

空気人形

イメージ 1

<ストーリー>
川沿いの古びたアパートに住む冴えない中年男、秀雄(板尾創路)と暮らすのは、「代用品」の空気人形(ペ・ドゥナ)。ある日、心を持ってしまった空気人形は、メイド服を着て、外へと向かう。外の世界は、新鮮で、美しく、そして、出会ったビデオ店の店員・純一(ARATA)に、彼女は、恋をしてしまう・・・。

<感想>
久々に、ペ・ドゥナの最新主演作ということで、初日に見に行きました。

ほとんど情報を入れずに見たのですが、思った以上に大人の映画でした。

空気人形・・・それは、男の寂しさを癒すラブ・ドール・・・。

あまり日の目を見ない、淫靡なイメージのラブ・ドールですが、今作は、空気人形が、心を持ってしまうというファンタジーです。
しかも、本来、空気人形が担う、エロティックなシーンも出てきます。
”部品”を洗うリアルなシーンもあって、ギョッとさせられたり・・・(^^;。
でもそれは、孤独で、からっぽな愛の残滓のようで、なんだか、うら悲しい場面でした。

心を持った人形が、外の世界を楽しむ様子は、とても美しくて、微笑ましいです。
新しいことをひとつひとつ学んだり、美しい(からっぽな)ビンを集めたり、何でもないことでも、新鮮で、楽しそうでした。

そして、空気が抜けてしまった彼女に、純一が息を吹き込むシーンは、彼女の悲しみと喜びを同時に感じさせられる、強いインパクトのあるシーンでした。

ただ、彼女の出会う人々は、それぞれ孤独で、寂しい人たちばかり。
心を持っているはずなのに・・・。

彼女も、心を持ったことで、得たことも多いけれど、孤独や、悲しさ、苦しみなど、負の感情も持つことになり、戸惑ってしまうのです。
でも、生きるって事は、そういうことなんですよね・・・。切ないなぁ。

演じるのは、韓国女優のペ・ドゥナ。
たどたどしいけれど、味のある日本語が、空気人形に、とてもよくマッチしていました。
透明感のある、この雰囲気は、彼女以外の女優さんでは出なかったのでは・・・と思います。   

原作は、「自虐の詩」の業田良家。20ページの漫画がこの映画の元になったそうです。   


2009年 日本 ロマンス・エロティック   
<監督>是枝裕和
<キャスト>ペ・ドゥナ , ARATA , 板尾創路 , 余貴美子 , 岩松了 , 柄本佑 , オダギリジョー

閉じる コメント(20)

顔アイコン

予告編を観ると、扱ってるテーマにしてはかなり豪華な役者さんぞろいですよね。
今一番観たい映画です。

2009/10/4(日) 午後 8:39 [ - ] 返信する

顔アイコン

ペ・ドゥナ、いい味出してましたね。是枝監督が説得しただけあります。彼女にしかこの空気人形の役はできませんね。

2009/10/4(日) 午後 8:43 mossan 返信する

顔アイコン

ドゥナちゃんの美しさと演技力には脱帽でした。
人形の周りの人間たちもみんな孤独で痛々しかったです。
TBさせてくださいね。

2009/10/4(日) 午後 10:52 Swan 返信する

顔アイコン

身体も心も持った人間があまりに空虚感を抱えた人ばかり。
現代の問題のひとつなのですね。
そうですね。ペ・ドゥナのたどたどしい日本語がお人形に
ぴったりでした。
TBさせてくださいね。

2009/10/6(火) 午後 5:55 car*ou*he*ak 返信する

【SOCさん】そうなんですよ〜。ここには書かなかったけど、他にも、びっくりするような人も出てました。
なかなか雰囲気のある映画でしたよ〜。

2009/10/6(火) 午後 7:34 kuu 返信する

【もっさんさん】ペ・ドゥナにぴったりの役でしたね〜。
ヌードシーンもある大人の役でしたが、とっても良かったと思います。

2009/10/6(火) 午後 7:36 kuu 返信する

【Swanさん】さすがペ・ドゥナ、うまかったですね〜。
思った以上に身体を張った演技をしてました。
周りの人たちも、みんなどこか、イタい人たちばかりでしたね。

2009/10/6(火) 午後 7:44 kuu 返信する

【cartoucheさん】空気人形のような人たちがたくさん出てきましたね。でも、そう言う人たちも、ちゃんと血が通っているわけなんだけど・・・。
ペ・ドゥナは、なかなか良かったですね〜。

2009/10/6(火) 午後 9:15 kuu 返信する

顔アイコン

役者が地味なようで・・・地味な映画な気がするw

2009/10/7(水) 午前 7:13 [ esu**i123 ] 返信する

ここに書いた人以外にも、知っている人が出てくるので、結構楽しめましたよ〜(^^)

2009/10/8(木) 午前 10:29 kuu 返信する

人形みたいなペ・ドゥナが頑張りましたね。結構リアルなシーンもあっただけに人に勧められない作品ですが、インパクトの強さは感じましたね。都会のむなしさがよく出てました。

2009/10/10(土) 午前 0:57 麺達郎 返信する

顔アイコン

リアルなシーンは、ドキッとしてしまいましたが、ラブドールの話なので、当然なことですね。
ペ・ドゥナも大人の役をするようになりました。
空疎な世界に生きている人も、多いって事ですかね。

2009/10/10(土) 午後 1:11 kuu 返信する

アバター

ペ・ドゥナの大きく見開いた目が、ほんとに人形のようで、吸い込まれそうでした。
心を持つことで悲しみも感じますが、心があるからこそ、いろんな感情が芽生える、
まさに人間の心を教えてくれる作品でした。

2009/10/12(月) 午前 1:09 ffa**77 返信する

顔アイコン

いや〜、これはなんだか見ごたえありましたね〜。 ファンタジーのようで、とても現実味があって。 好きな世界観でした〜。
ペ・ドゥナの可愛らしさにはもう、萌え萌えでした。^^;
TB、お願いします。^^

2009/10/12(月) 午後 6:07 サムソン 返信する

【ふぁろうさん】ペ・ドゥナは、見事にお人形になりきってましたね。すばらしいです。
心を持つことの苦しみや悲しみを描いた作品で、なかなか奥深かったと思いました。

2009/10/12(月) 午後 7:26 kuu 返信する

【サムソンさん】エロティックファンタジーでしたね〜〜。
ちょっとドキッとするシーンもありましたが、ペ・ドゥナが、とても良かったです。私も萌え萌え〜〜(^^)

2009/10/12(月) 午後 7:32 kuu 返信する

顔アイコン

彼女は高価なラブドールというよりも、かなり安いビニール製のダッチワイフ。
それが心を持ってしまって...。
これくらいは予告を観てわかってはいましたが、観えてなかった部分がこれほど深いものだったとは予想付かなかったです。

私も‘空っぽ’だなぁ。

2009/10/13(火) 午前 0:21 [ - ] 返信する

空っぽなようでいて、本当には空っぽになれないのが、人間かなぁ〜って、思います。
だからこそ、悲しいのかも。

2009/10/15(木) 午後 1:30 kuu 返信する

顔アイコン

心を持つことに喜び、苦しみそして「たった一度の人生」として生きる決断をした彼女は代用品なんかじゃなくたった一人の素敵な女性となりましたね。
TBさせてください。

2009/11/24(火) 午後 8:57 かず 返信する

心を持つことが夢だったのに、いざ心を持ってしまうと、悲しいこともあって・・・。
人間って、不思議ですよね。
彼女に、教えられたこともあったような気がします。

2009/11/24(火) 午後 9:59 kuu 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(7)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事