全体表示

[ リスト ]

ことの終わり

イメージ 1

<ストーリー>
作家のベンドリックス(レイフ・ファインズ)は、2年ぶりに旧友のヘンリー(スティーヴン・レイ)と再会する。ヘンリーは、妻・サラ(ジュリアン・ムーア)が、浮気をしているようだと悩みを打ち明けるが、かつてサラと不倫関係だったベンドリックスは、その相手が誰だか知りたくて、探偵を雇って調査を始める・・・。

<感想>
美しい妻を持つと、男は、苦労ですねぇ(^^)。

サラの夫と元愛人が、サラの今の恋人を巡って、嫉妬の炎を燃やし、苦悩する物語です。

冒頭から謎めいた雰囲気で、引き込まれました。
2年ぶりに再会したというモーリスとヘンリーの間にあるぎこちなさとは?
挿入される過去の映像の意味は?
そして、第3の男は、いったい??

謎は、徐々に解けてゆきます。

切ない男と女のロマンスなのですが、
最初のうちは、ジュリアン・ムーア演じるサラの貞操感が感じられず、”だらしない女”に見えてしまい、彼女に対する悪感情がわいてしまいました。
ただ、それは、映画が後半に入ってくると、否定されます。
そして、とても感動的なストーリーになるのですが・・・。

でも、それがあんまり伝わってこないというか、インパクトが薄くて、当初の悪感情が、いつまでも残ってしまいました。
結局は、不倫なわけだし、最終的に神がかり的な話になってしまうからなぁ。

ヒロインのジュリアン・ムーアは、とても綺麗に撮影されていて、しかも、謎めいた雰囲気が良く出ていて良かったです。
この時彼女は、30代最後の年ぐらいかな。成熟したエロティックなヌードシーンも、なかなかいいです(^^)。
お相手のレイフ・ファインズは、私の苦手な俳優さんですが、このような、ダークなロマンスがよく似合う人ですよね〜。今回の役も、よく合っていたと思います。




1999年 イギリス・アメリカ ロマンス
<監督>ニール・ジョーダン
<キャスト>レイフ・ファインズ , ジュリアン・ムーア , スティーヴン・レイ , イアン・ハート

閉じる コメント(4)

レイフ・ファインズ , ジュリアン・ムーアと、好きな俳優なのに、観るのを忘れていたようです。DVDで探してみなくては・・・(^^)

2009/10/8(木) 午前 10:09 NZ_RR 返信する

結構、エッチ度高かったですよ〜〜(^^)

2009/10/8(木) 午前 11:03 kuu 返信する

あはは、感想第一声に吹き出しちゃいました(爆)
あ〜、イマイチ入り込めなかったですかぁ。
ちょっと異色な感じのするラブストーリーでしたね。
トラバさせてくださいね♪

2009/10/11(日) 午後 3:14 じゅり 返信する

こうして人は、宗教に走ったりするんだな、とか思っちゃいました(^^)

2009/10/12(月) 午後 7:43 kuu 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事