全体表示

[ リスト ]

ヒアアフター

   
イメージ 1
 
<ストーリー>
パリのジャーナリスト、マリー(セシル・ドゥ・フランス)は、巨大津波に巻き込まれ、死の淵をさまよった時に見た光景を忘れられなくなっていた。アメリカに住むジョージ(マット・デイモン)は、霊能者だが、彼はその力をもてあましていた。ロンドンに住む双子の少年の弟(フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン)は、兄を事故でなくしてしまう・・・。

<感想>
スティーブン・スピルバーグが製作総指揮で、監督が、クリント・イーストウッドです。
とっても豪華ですね〜。
しかも、それぞれの味を生かした映画になっているところが面白く、また、なんだかとっても癒されてしまいました。
イーストウッドの、音楽も、とても静かで、いいんですよね〜(^^)。

アメリカ、フランス、ロンドンに住む、年齢も性別も違う3人の物語が同時進行します。

最初は、つながりのない3人なのですが、それぞれが、全く違う事情で、死に深く関わる事になります。

中でも、冒頭の津波のシーンは、とってもインパクトがありました。
予告編でも流れているので、だいたい想像は付いていたのですが、
それでも、自然の力の大きさを改めて感ぜずにはいられませんでした。
数年前に起きた、実際の大津波の映像も、頭の中でリンクして、
さらに近くで体感しているような恐ろしさ。
人間が作ったものが、そして人間そのものが、あっけなく壊されていく悲しさに、
思わず、(こんなに早く!(^^;)涙がこぼれてしまいました。

そして、霊能力者であるジョージの苦悩・・・。
こんな力を与えられたら、普通の生活が出来なくて、さぞや辛いことと思います。
そういえば、「Xメン」にもいましたねぇ、こんな感じの人が・・・(^^)。

最後は、双子の兄を事故でなくしてしまう少年。
彼も、家庭環境のこともあって、過酷な道を歩みます。

3人を取り巻く死。
死者はどこへ行き、残された者は、どうしたらいいのか・・・?

死とは、どうしようもなく、悲しくて、辛くて、苦しいけれど、
死後の世界に向かった人との別れのあと、
生者は、静かにそれを受け入れ、
そして、受け入れることさえ出来れば、次の道が開けるのでしょう。

イーストウッドの、傷ついた人への優しいまなざしと、スピルバーグのスペクタクルがほどよく合体していて、最後まで映画に引き込まれました。
最後に流れる穏やかなピアノの旋律がこれまたいいんだわ〜〜(^^)。 (2011,02,19)


2010年 アメリカ(HEREAFTER)
ファンタジー   http://www.vets.ne.jp/~cinemac/sozai/b/link.gif

<監督>クリント・イーストウッド
<キャスト>マット・デイモン , セシル・ドゥ・フランス , ブライス・ダラス・ハワード , ミレーヌ・ジャンパノイ

閉じる コメント(28)

【きゅさん】とても優しくて、悲しくて、力強い映画でしたよ〜。
イーストウッド監督の心を投影したような映画でした。

2011/2/21(月) 午前 11:04 kuu

【れじみさん】イーストウッドの映画に、スピルバーグを足したら、こんな映画になるのね〜って、よく分かる作品でしたよ(^^)

2011/2/21(月) 午前 11:06 kuu

【くるみさん】本当に、”円熟”って、言葉が似合いますね。
ラストに流れるピアノの旋律、癒されました〜。
みんなゆっくり聞いていけばいいのにーーー(^^;

2011/2/21(月) 午前 11:07 kuu

【じゅりさん】クリント・イーストウッド監督なら、安心して見ていられます(^^)
この映画も、良かったですよ。

2011/2/21(月) 午前 11:16 kuu

【もっさんさん】私も!
彼の優しいまなざしを感じますね〜。

2011/2/21(月) 午前 11:17 kuu

【yoshiさん】イーストウッドの優しい映画ですが、スピルバーグらしさもあって、面白かったですよ。

2011/2/21(月) 午前 11:21 kuu

【Tiffanyさん】そうそう、その通りでしたよ。
うまく二つの持ち味が、融合していて、メリハリがあり、面白く感じました。
マット・デイモンは、どんな役でも、すんなりなりきりますね〜。

2011/2/21(月) 午前 11:23 kuu

【いっちーさん】映画の流れに身を任せて見ていました。
答えのでない問題ですが、あまり深くは考えてません〜(^^)

2011/2/21(月) 午前 11:56 kuu

そうですね〜イーストウッド監督作品だけではない、スピルバーグの見事な手腕がプラスされて、これがはみ出ない、というか、より重みとか深みを出した作品のように感じられましたね〜
音楽がまた。。^^;
あの独特の「間」に、ついついうるうる来てしまいます。。
トラバさせて下さいませ。

2011/2/21(月) 午後 10:13 恋

いい映画でした!
大人の描写で ・・・ 凄く考えさせられるところは ・・・ 流石 ・・・ イーストウッド作品でした!

2011/2/22(火) 午前 1:57 TOSHIRO

顔アイコン

マット・デイモンがフランケン顔に見えない。どうしたんだろうwww

2011/2/22(火) 午後 11:32 [ esu**i123 ]

【恋さん】静かなシーンと、ダイナミックなところとがあって、見やすくできてましたね〜。
音楽・・・とっても良かった〜。

2011/2/24(木) 午後 2:46 kuu

【TOSHIROさん】最初のシーンからのめり込みました(^^)
そして、とても考えさせられました。
さすがですよね。

2011/2/24(木) 午後 2:52 kuu

【esupai123さん】フランケン顔・・・!?。見慣れたのかも・・・。

2011/2/24(木) 午後 2:55 kuu

顔アイコン

ほんとに音楽がすごく良かったですね。
とても印象的な映画でした。
もう一度みたいかも!

2011/2/25(金) 午前 1:40 takabu

音楽がいいと、映画のイメージも、さらに良くなりますね。
いい映画でした。イーストウッド、さすがです。

2011/2/25(金) 午後 4:27 kuu

震災の後だけに冒頭の津波のシーンは余計衝撃的でした…。
イーストウッドが担当した音楽は素敵ですね♪
静かな旋律に癒されました^^

TBお願いします!!

2011/5/25(水) 午前 5:45 れじみ

あの津波のシーン、震災前でしたが、涙が出てしまいました。
今見たら、なおさら痛ましい気持ちになるでしょうねーーー。
イーストウッドの音楽、本当に、癒されました(^^)

2011/5/26(木) 午後 9:29 kuu

やっと観ました。本当に心温まるゆったりとしたいい映画でした。
津波のシーンは心が苦しくなったけど「生きる」ことの大切さを
教えてくれました。
TBさせてくださいね。ポチ☆

2011/10/14(金) 午後 10:06 きゅ

優しさにあふれた映画でしたね〜。
映画を見たときは、震災の前だったのですが、今見ると、また違ったイメージで、見ることができるような気がします。

2011/10/16(日) 午前 0:05 kuu

開く トラックバック(6)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事