全体表示

[ リスト ]

   
イメージ 1

<ストーリー>
1980年12月7日、ハワイ沖を航行していた空母ニミッツは、嵐に巻き込まれたあと、不可解な現象に見舞われる。状況を検討した結果、艦長(カーク・ダグラス)は、今いる時空が、1941年の日本軍による真珠湾攻撃直前であることを認識する・・・。

<感想>
これまた、32年前と、古い映画ですが、評判がいいので、見てみました。

出演者がカーク・ダグラスとマーティン・シーンですよ〜。
それぞれの子ども=マイケル・ダグラスとか、エミリオ・エステヴェス、チャーリー・シーンとかが、もう十分いい年なんですからね〜。時の流れを感じます。

映画の内容は、タイムスリップものなのですが、その映像は、今見ると、あまりにも、幼稚で笑えます。
う〜〜ん、あの渦巻きはーーー(^^;。
でも、当時としては、あれが映像技術の限界だったんでしょうかね〜。

しかしですね、思わぬ所で、感動してしまいました。
それは、空母の離発着のシーン。
滑走路の短い、艦上での離発着。
これはもう、見事の一言!
このシーンがたっぷりあるので、これを見ただけでも、この映画を見た価値があったと思えるほど、見応えあります。
32年前で、すでに、こんなに精巧で、システマティックな動きが確立していたのなら、今は、いったいどうなっちゃってるんでしょう!
まあ、私が、知らないだけで、きっともう、すごいことになってるんでしょうね〜。

ストーリーは、最新鋭の空母が、真珠湾攻撃の直前にタイムスリップしてしまう・・・というもの。
乗組員たちは、この後、どういうことが起こるのか知っているわけで、その葛藤は、相当なものだと思われました。

時代が時代だけに、日本人が、ひどい悪役として描かれるのでは?と、ちょっと身構えて見ましたが、そうでもなく、許容範囲でした。

もし、タイムスリップとかが、起こりえるのならば、きっと、現在の私たちが知らないパラレルワールドが、無数に存在するのかもしれないなぁなどと、未知の世界に思いを馳せました。(2012,02,04)

1980年 アメリカ (THE FINAL COUNTDOWN)
SF・戦争

<監督>ドン・テイラー
<キャスト> カーク・ダグラス, マーティン・シーン, キャサリン・ロス

 

閉じる コメント(12)

アバター

公開当時、劇場で観た作品です。懐かしいです。当時としては豪華なキャストだし、
日本の戦闘機が登場したり、日本人がアメリカ人に日本語で話したり、
最後に出てくる老夫婦など、タイムスリップものの面白さもあり。
軽快な音楽も気にいった作品でした♪。

2012/4/15(日) 午前 4:26 ffa**77 返信する

よりにもよって、凄い時にタイムスリップしちゃいましたね^^;
タイムスリップと言えば、思いっきり昔か思いっきり未来って言うイメージがありましたけど、こういう感じのタイムスリップは新鮮かも♪
戦争シーンとかもあるんでしょうか?

2012/4/15(日) 午前 11:47 れじみ 返信する

こりゃまた懐かしいですねぇ(^^)
この映画、劇場で観ました(*^^*)
半分、海軍の宣伝映画と言う事で空母ニミッツの凄さを全面に打ち出してましたね!艦載機の発艦シーンなど迫力満点!マニアにはたまらんでしょうね(*^^*)欲を言えば日本兵の役は日本人の役者にして欲しかったな!日系人の俳優はやっぱ日本語の発音が訛ってる(^^;;

2012/4/15(日) 午後 7:39 [ ヒロ軍曹 ] 返信する

顔アイコン

去年録画してるけどまだ見てないや。ゼロ戦vsF14の空中戦はあっと言う間に終わった。。。。

2012/4/16(月) 午前 7:35 [ esu**i123 ] 返信する

【ふぁろうさん】劇場で見たってすごいですね(^^)
古い映画なんだけど、面白かったです。
ただ、あの渦巻きが、安っぽくて、残念!(^^)

2012/4/16(月) 午後 6:17 kuu 返信する

【れじみさん】そうなんですよ。
自分たちは、これからどういうことが起きるのか分かっているわけで、どんな行動を取るべきかが、大きな葛藤となるわけです。
ほとんどが、戦艦内での話でしたよ。

2012/4/16(月) 午後 6:26 kuu 返信する

【ヒロ軍曹】本当に、空母を中心とした迫力満点の映像が、楽しめる映画でした。
もうそれだけ見てもいいぐらい(^^)
でも、タイムスリップ部分も、面白かったです。
日本人俳優は、この頃は、あまり使われなかったんでしょうね。

2012/4/16(月) 午後 6:29 kuu 返信する

【esupai123さん】相当昔とは言え、空母の離発着シーン、すごかったですよ〜〜(^^)
現代の空母も、どうなってるのか見てみたいな。

2012/4/16(月) 午後 6:31 kuu 返信する

顔アイコン

戦闘形態が変わったのでF14は退役し、同じニミッツ級でも排水量は大型した。
かなりカタパルトも原子炉も進化した。離発着はより高度になり迫力あるはず。
けれど今なら空母単体だと自衛隊のF2でも勝てる可能性は少しはあるかも・・・
問題は米空母の護衛のイージス艦や原潜だwF18をかわしてもこの護衛網はかいくぐれないwwww

2012/4/17(火) 午前 0:48 [ esu**i123 ] 返信する

とても気軽に見た記憶があります…(^^)当時としても、OKだった…。
http://www.youtube.com/watch?v=3hOB_kDXRIM&feature=related
National Geographic: INSIDE SUPER CARRIERという番組がありました。
英語版ですが、空母での発着シーンに感動したのなら、この映像を見ているだけでも楽しめると思います…(^^)

2012/4/17(火) 午前 7:41 NZ_RR 返信する

【esupai123さん】うわぁ!詳しい!!やっぱり、アメリカのは、最強なんでしょうね〜。なんだかんだ言っても、やっぱり日本は、アメリカが頼りなのだから、心強いです〜(^^)

2012/4/18(水) 午後 10:14 kuu 返信する

今見ても、この映画、結構楽しめました!(^^)
空母の離発着、本当に、かっこよかったわ〜。
ご紹介いただいた映像、見ましたよ。
やっぱり、かっこいい〜。
爆撃とか、戦争の映像は、好きじゃないんだけど、目的のことは考えずに見ると、萌えます(^^)

2012/4/18(水) 午後 10:24 kuu 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事