過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ヒアアフター

   
イメージ 1
 
<ストーリー>
パリのジャーナリスト、マリー(セシル・ドゥ・フランス)は、巨大津波に巻き込まれ、死の淵をさまよった時に見た光景を忘れられなくなっていた。アメリカに住むジョージ(マット・デイモン)は、霊能者だが、彼はその力をもてあましていた。ロンドンに住む双子の少年の弟(フランキー・マクラレン、ジョージ・マクラレン)は、兄を事故でなくしてしまう・・・。

<感想>
スティーブン・スピルバーグが製作総指揮で、監督が、クリント・イーストウッドです。
とっても豪華ですね〜。
しかも、それぞれの味を生かした映画になっているところが面白く、また、なんだかとっても癒されてしまいました。
イーストウッドの、音楽も、とても静かで、いいんですよね〜(^^)。

アメリカ、フランス、ロンドンに住む、年齢も性別も違う3人の物語が同時進行します。

最初は、つながりのない3人なのですが、それぞれが、全く違う事情で、死に深く関わる事になります。

中でも、冒頭の津波のシーンは、とってもインパクトがありました。
予告編でも流れているので、だいたい想像は付いていたのですが、
それでも、自然の力の大きさを改めて感ぜずにはいられませんでした。
数年前に起きた、実際の大津波の映像も、頭の中でリンクして、
さらに近くで体感しているような恐ろしさ。
人間が作ったものが、そして人間そのものが、あっけなく壊されていく悲しさに、
思わず、(こんなに早く!(^^;)涙がこぼれてしまいました。

そして、霊能力者であるジョージの苦悩・・・。
こんな力を与えられたら、普通の生活が出来なくて、さぞや辛いことと思います。
そういえば、「Xメン」にもいましたねぇ、こんな感じの人が・・・(^^)。

最後は、双子の兄を事故でなくしてしまう少年。
彼も、家庭環境のこともあって、過酷な道を歩みます。

3人を取り巻く死。
死者はどこへ行き、残された者は、どうしたらいいのか・・・?

死とは、どうしようもなく、悲しくて、辛くて、苦しいけれど、
死後の世界に向かった人との別れのあと、
生者は、静かにそれを受け入れ、
そして、受け入れることさえ出来れば、次の道が開けるのでしょう。

イーストウッドの、傷ついた人への優しいまなざしと、スピルバーグのスペクタクルがほどよく合体していて、最後まで映画に引き込まれました。
最後に流れる穏やかなピアノの旋律がこれまたいいんだわ〜〜(^^)。 (2011,02,19)


2010年 アメリカ(HEREAFTER)
ファンタジー   http://www.vets.ne.jp/~cinemac/sozai/b/link.gif

<監督>クリント・イーストウッド
<キャスト>マット・デイモン , セシル・ドゥ・フランス , ブライス・ダラス・ハワード , ミレーヌ・ジャンパノイ

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事