過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

  
イメージ 1
<ストーリー>
実業家のグザヴィエ(アラン・ドロン)は、親友で代議士のフィリップ(モーリス・ロネ)に、早朝、突然の訪問を受け、同僚のセラノ議員を殺害してしまったことを告白される。セラノは、政界の闇を書き記した”セラノ文書”を持っていて、フィリップは、その文書も奪っていた・・・。

<感想>
親友のため、そして、途中からは、正義のために、アラン・ドロンが闘います!(^^)。

政界を揺るがすセラノ文書をめぐる、たくさんの人の思惑が、ドロンや、その周りの人間に、魔の手となって襲いかかってきます。
命の危険が迫る中、ドロンは、様々な人物に翻弄されながらも、黒幕の核心に迫るのでした・・・。

先日見た「危険なささやき」もそうでしたが、この映画も、
たくさんの登場人物が出てくるので、なかなか大変(^^;。

でも、ドロンが颯爽と、危機また危機をかいくぐりつつ、核心に迫っていく姿は、見応えありました。

後半には、ややこしい人たちと共に狩猟に行くシーンなんかがあり、
命を狙われているのに、狩猟?!と、びっくり(^^;。
事故を装って、殺されるんじゃないかと、ドキドキでした(^^)。

最近、ちょこちょこと、アラン・ドロンの映画を見るのですが、
彼のアクション映画には、必ず、カーチェイスと、銃が出てきます。
両方とも、アクション映画には、つきものなものですが、
ドロンの映画では、カーチェイスは、力業(ちからわざ)で、結構ムチャクチャなことになり、
銃は、冷酷にあっさりと発射されるような気がします。

映画の中で、ドロンの恋人役を演じていたのは、
当時の実際の恋人、ミレーヌ・ダルクだそうで、これは、ファンサービスなのかしらねぇ(^^)。
また、フィリップの愛人役を演じたオルネラ・ムーティが、とってもカワイイくて、輝いてました(^^)。

アラン・ドロンの渋い大人のかっこよさを見る事のできる映画でした(^^)。(2011,09,19)


1978年 フランス (MORT D'UN POURRI)
犯罪・スリラー

<監督>ジョルジュ・ロートネル
<キャスト> アラン・ドロン, モーリス・ロネ, ステファーヌ・オードラン

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事