過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

 
イメージ 1


<ストーリー>
スウェーデンの雑誌「ミレニアム」の記者、ミカエル(ダニエル・クレイグ)は、自分の書いた記事で、訴えられ、敗訴してしまう。そんなある日、傷心の彼に、大企業の元会長ヘンリック・ヴァンゲルから、40年前の少女失踪事件の再調査が舞い込むのだった・・・。

<感想>
スウェーデンのオリジナル作「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」を見たときは、人物相関が、難しくて、まいったなーーーという感じだったので、今回のハリウッドリメイク、楽しみにしていました。

意外だったのは、リメイク作といっても、ほぼオリジナルに忠実で、場所も、人名も、オリジナルそのまま。
それだけ原作を大切にしているということで、好感持てました。(原作未読だけど・・・(^^;)

私も、オリジナル以降、見るのは2度目なので、ストーリーも、すんなり頭に入って、余裕の鑑賞。
忘れているところもあって、おぉ!そうだったんだ〜と、面白くて、集中して見ることが出来ました。

とはいえ、やはり、暴力シーンや、むごいシーンもあるので、その辺り、苦手な方は、気をつけてください。
私は、終盤の、ミカエルが、・・・の所で、同じように、呼吸困難になりそうでしたーーー(T_T)。

キャスティングは、予告編では、ちょっと違和感があって、どうかな〜と思っていましたが、
本編が始まって、一瞬で(!)、なじむことが出来て、これも満足。

それに、なにより、最初のタイトルバックがとてもかっこよかったので、これが、これから始まる映画への期待を上げてくれました。
タイトルバックは、いつも、文字を追うことが多いのですが、今回は、映像が、綺麗・・・というか、不気味な美しさで、目を離すことが出来なかったです。

もちろん、こちらも、3部作になるんでしょうね?
うわ〜、とっても楽しみだわ〜(^^)。(2012,02,11)
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事