過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


イメージ 1
<ストーリー>
9.11アメリカ同時多発テロで、父親(トム・ハンクス)を失った少年、オスカー(トーマス・ホーン)は、ある日、父親の部屋で、一本の鍵を見つける。彼は、その鍵に合う鍵穴を見つけようと、あるヒントを元に、ニューヨーク中を、探し回るのだが・・・。

<感想>
この不思議な題名が、いったい何を表しているのか、ずっと気になっていて、早々に、映画館に行ってきました。

衝撃的だった、9.11アメリカ同時多発テロ事件。
全く関係のなかった私でも、このニュースを見て、何度、涙を流したことでしょう。

それが、もし、肉親に降りかかった悲劇だとしたら・・・。

父親を亡くしたオスカー少年は、とても聡明だけれど、人一倍、繊細で、神経質。
アスペルガー症の疑いもあったというのも、うなずけるような少年でした。
そのことを父親はよく分かっていたようで、彼に対して、その長所を伸ばすように、そして、短所を克服するように、それとなく仕向けているようでした。

そんな、自分のことをよく分かってくれていた父親のことが、大好きだったオスカー少年は、父の死を受け入れることがなかなか出来ないのです。
その気持ち、よく分かりました。
あの時、多くの人たちが、そうだったことでしょう。

しかも、この線の細そうな少年は、さらに、ある大きな秘密を抱えてしまうのです。
そのことを考えただけでも、私でさえ、胸が、キュッとなってしまいました。

この映画には、いくつかの謎がありました。
オスカーが、どうなってゆくのか見届けたいという思いと、謎の答えが知りたいという思いで、最後まで一気に見ることができました。

主演した、新人のトーマス・ホーン君は、ナチュラルな演技で、とてもよかったです。
青い大きな目も、印象的。
彼の両親を演じたトム・ハンクスとサンドラ・ブロックも、いい演技で、涙を誘われました。
そして、忘れちゃならないマックス・フォン・シドー。
いやぁ、よかったですね〜。さすがベテラン。
心に沁みました。

映画館では、周りに迷惑をかけないようにと、盛大に泣けないのですが、
たまに、どうしてもこらえきれないときがあります。
この映画は、まさに、それで、そういうときは、私は、しばしば呼吸困難状態に陥るのでした・・・。
あ〜、苦しくて、死ぬかと思った・・・(^^;。

ものすごくうるさい・・・オスカー少年にとってイヤなこと。特に、精神的にまいっているときには、イヤなことの音が、とても大きく聞こえたりしますよね。
ありえないほど近い・・・これは、やはり、母の愛、そして、立ち直るための鍵。
・・・そんな風に感じました、この題名・・・。(2012,02,18)
 
 

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事